私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



木曜プレゼント (1960)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回はスペシャル番組枠の元祖を振り返る、この番組です。






その昔、東京12チャンネルでやっていた『金曜スペシャル』を扱った際に、
それがおそらくテレビ初の、週替わり企画によるスペシャル枠だと紹介しました。
その後すぐに後を追うように日本テレビの『木曜スペシャル』が始まり、
以後は日曜特バン!だの火曜ワイドスペシャルだの水曜スペシャルだのと、
ほとんど全ての曜日でどこかの局がそうした枠をやる爛熟期に入りますが。
やや変則的ですが、NHK特集なども、この手の番種に含む事が出来るでしょう。
ワタクシの稿の後に出た12チャンネル関係者による本でも、
『金曜スペシャル』がその手の番組の最初かという記述をしておりました。
しかし、今回の企画で昭和30年代を洗い直してみたところ、
その認識を改めるべき番組を再発見し、今回ご紹介しようという次第です。

なんと、元祖はやはり日本テレビの木曜日だったのでした。
木曜スペシャル? いやいや、昭和30年代にそのような番組は有りません。
その名も鐘淵紡績提供、『カネボウ木曜プレゼント』。
時間帯は夜9時15分からの30分番組でした。
時間帯こそ違え、後にスペシャル枠を木曜に持ってきたのは、
当時の日テレ関係者がこの番組の事を覚えていたのでしょうか。
ウチこそ先駆者と悪びれる事無く金曜スペシャルの曜日だけ替えた題名で(笑)、
1時間半という、そちらもテレビ初となる長時間特番枠として木曜スペシャル再興。
それらの原点とも言えるこの木曜プレゼントの、
贖罪の意も含めて、その全内容をご紹介しようと思います。

昭和35年10月6日放送開始の第一回は、「かぐや姫と月ロケット」。
以後は全放送リストを下記しますので、そちらをお読み下さい。
それにしても内容を読まれればわかるかと思いますが、
なんと豊富な題材を扱い、しかも、どれも文化的視点に立脚したものであるか。
カネボウは後にも、これも日本テレビでしたか、
ドラマスペシャルで医療もので話題を呼びました。
昭和三十年代、テレビの可能性に飽くなき追求をしていた作り手たちは、
手術の模様もしばしば放送していたのでした。
もう一種、音楽面でも民放がこれだけの放送を「普通に」していたのです。
とくとご覧あれ。
それにしても、裸族だ手術だと、金曜スペシャル路線でも日テレが先駆者だったとは。



10 6 かぐや姫と月ロケット
三津田健主演の劇だったようで、天文学者・村山定男も出演しました。
13 ガン
胃癌手術中継。脳や心臓手術の中継は有ったが、胃癌手術中継は初。
20 アフチャモア・バイオリン独奏会
ソ連の女流バイオリニスト。特別出演・辻久子
27 空を歩く男たち
自衛隊発足十周年でレインジャー部隊を特集。パラシュート降下カメラ。
11 3 ウイーン・コンツェルトハウス弦楽四重奏団演奏会

10 時速二百キロに挑む
「夢の超特急」東海道新幹線を紹介。
17 幸せをすべての子の上に
ノーベル文学賞のパール・バックと、サンダースホームの沢田美喜が出演。
24 実験動物
宇宙科学や医学などで礎となる動物実験の模様を紹介。
12 1 ボードビル・イン・トーキョウ (司会)EHエリック
ヘレン・メリル、コベルト・シスターズら、滞日中の外国芸能人が一挙に集った。
すべての母のために
この頃、小児麻痺が多発しており、関連番組も多かった。権藤正利投手出演。
15 即席時代来る?
インスタント食品が出始めた頃で、様々な即席技術を紹介。やなせたかし出演。
22 二人で今宵を
ジャズのペギー葉山とクラッシックの五十嵐喜芳による歌。初の二重唱も。
29 バトン・タッチ
ダムに姿を消す白川郷、草軽電鉄、氷川丸など、消えゆくものを年末に偲ぶ。
1 5 流行今昔
流行について。出演、徳川夢声、山野愛子、若山彰、田谷力三。
12 テレビの魔術(カラー) 作:やなせたかし
三木のり平、久保菜穂子、スリー・グレイセスがクロマキーで様々に仕掛ける。
19 大阪の泣き笑い
大阪人の喜怒哀楽を多角的に捉える。出演:秋田実、中村鴈治郎、浪花千栄子。
26 アール・グラント・ショー
黒人歌手アール・グラントとヒル・グラントが出演。
2 2 雪まつり
雪の研究第一人者である中谷宇吉郎や旭川のアイヌが出演。
デルタリズムボーイズショー (司会)江利チエミ
黒人ボーカル。彼らはお返しにチエミ主演『ホップステップお嬢さん』に出演。
16 あなたは美人です
出演:有吉佐和子、羽仁進
23 ロス・トロパドレス・デイ・メヒコ・ショー
メキシコから来日した三人組歌手によるショー。
3 2 鍵盤の巨匠マルクジンスキー(カラー)
名ピアニストの演奏。リストのピアノ協奏曲など。
うたって踊って
出演:ジミー・ウイリアムス、I・フェーゲン
16 私は訴える 聞き手:金原二郎
ある事故の被害者、加害者、雇用主、取調官に取材し、交通事故を考える。
23 トシコ・マリアーノ演奏会(カラー)
Monday満ちるの母としても知られる女性ジャズ・ピアニストの草分け。秋吉敏子。
30 ジャック・カーナーとドイツ・モダン・ダンス

4 6 紅しだれ幻想曲
日本舞踊の川口秀子と、源氏物語研究の村山リウが出演。
13 自然の神秘「ノミは何故はねるか」 (司会)金原二郎
ノミの行動を捉えた記録映画を一部紹介。出演:山本嘉次郎、三遊亭金馬ら。
20 アイザック・スターン演奏会
バイオリンの巨匠、アイザック・スターンの演奏会。
27 ローヤル・バレーの夕べ「ダンス・コンセルタント」
東京世界音楽祭のため来日中の、イギリス・ローヤル・バレーが登場。
5 4 オモチャの世界(カラー)
三百点もの玩具を集めたバラエティーで、キノトールのガン・コレクションも披露。
11 モントリオール・バッハ合唱団演奏会
大阪国際フェスティバルのため来日中だった、34名の合唱団。
18 実験劇場「声」 越路吹雪
ジャン・コクトーによる電話劇を、越路吹雪がただ一人でこなす。
25 ファハルドとエストレージャス・ショー (司会)高橋忠雄
キューバからやって来た楽団。
6 1 オホーツクの詩
冬を中心的にオホーツクの四季を捉えるフィルム。飯島耕一の詩を伊藤武雄が朗読。
京響コンサート チェリウスさんを送る
京都市交響楽団の育ての親、カール・チェリウスの送別演奏会。
15 秘境ニューギニアを訪ねて(カラー)
副題が(人喰の裸族)。ニューギニアのバリューム族の生態に迫る。
22 南米からのお客さま トリオ・ロス・パラガヨス
パラグアイから文化使節として来ていた面々。
29 ピアノコンチェルトの夕べ (指揮)小澤征爾
イヨルク・デームスのピアノに日本フィルの演奏。
7 6 ガラスは生きている(カラー) 出演:三遊亭金馬ほか
防弾硝子、コンタクトレンズ、コップでの演奏等々、ガラスのあれこれ。
13 新進演奏家の夕べ(カラー)
テノール歌手・布勢隆治、ピアニスト・江戸京子、バイオリニスト・潮田益子。
20 涼風に歌のせて
琵琶湖・はり丸船上より。出演:旗照夫、フォー・コインズ、南かほる他。
27 クマの歌の学校
(ナレーション)熊倉一雄
8 3 ハンス・カーン演奏会(カラー)
小澤征爾指揮でシューマンのピアノ協奏曲を奏でる。
10 魅惑のしらべ
出演:ノダ・ケイとケイ・ストリングス、朝丘雪路
17 光みちる山々 (語り)玉川伊佐男
立山連峰・一の越にカメラ二台を据え、夜明けから夕暮れまでを映す。
24 白蓮記(カラー)
宝塚の白井鉄造初のTVミュージカル演出。深雪(飛鳥妙子)と新三郎の悲恋。
31 肺ガンへの挑戦(カラー)
反響を呼んだ第二回に続き、今度はカラーで肺ガン手術の模様を18分ほど紹介。
9 7 チェロの夕べ(カラー)
チェリスト・平井丈一朗の独奏を、小澤征爾の指揮で。
14 ロシア民謡の夕べ(カラー)
来日中のソビエト歌手を数組招き、ダーク・ダックスも加わっての歌と演奏。
21 野生馬デゴロー
日本に於ける馬の原産地とも言える高鍋・宮崎県で、野生馬とその飼い主を取材。
28 越路吹雪テレビ・リサイタル
越路吹雪が新しい日本の歌をと、四季を題材に著名詩人・若手作曲家の新作を歌う。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ