私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



美しい灯に (1958)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回はテレビに映画の大スターが出た当初を振り返る、この番組です。






テレビ黎明期に出演した映画スターは、ゼロでは有りませんでしたが、
決してその数は多くなく、出ていた人々も、多くはとうに盛りを過ぎた者か新人。
そんな中、テレビ放送開始から5年も経たぬ黎明期から関わりを持った、
いわゆる映画の大スターとして、鶴田浩二の名は特筆されるべきでしょう。
その初出演は、おそらくTBS月曜のナショナル劇場。
昭和32年7月8日に、ナショナル劇場第一作『てんてん娘』の後番組となる、
『ナショナルTVホール』の第一作に出演したのでした。

この第一作、題名を「サンドイッチマン物語『銀座の灯』」といい、
1日と8日に前後編で放送されたのですが、その後編だけに出演した感じです。
ヒロインは左幸子で、二人でお金を置いたテーブルで話をしている写真が残っています。
鶴田浩二の大ヒット曲『街のサンドイッチマン』を意識したドラマだったのでしょう。
街のお道化者サンドイッチマンも、とんと見なくなった気がしますね。
鶴田は劇中でも歌ったのでしょうか。

その翌年、昭和33年3月13日(木)夜8時30分より、
鶴田浩二の連続テレビドラマ初出演、そして主演となる『美しい灯に』放送開始。
鶴田が演じる森田金吾は、高校三年生の弟・次郎とただ二人だけの生活。
誠実ながらも学歴の無いため辛酸を舐めながら、弟は大学にやるべく、
自らの生活を切り詰めたりもするも、それが負担となる弟とは時に諍いも。
大都会でつましく生きる清純な兄弟を描いた、青春メロドラマと紹介されました。

あの鶴田浩二が、まだ三十代の頃の作品だけに、メロドラマ。
出てくる女性が次々と金吾にゾッコン(昭和語)となっていたようです。
中で最も重要な相手が麻里子で、宝塚を3月1日に出たばかりの鳳八千代が演じました。
金吾を慕うもう一人の女性に、兄弟の下宿先の娘がおりまして、
これを劇団民芸の吉行和子が演じました。
当時の連続テレビドラマとしては、破格の顔触れと言って良いでしょう。

その頃、鶴田浩二は流石に人気も翳りが生じていたとは言え、
ほんの数年前までは、押しも押されもせぬ映画、いや、それに止まらず歌もヒットさせていた、
文字通りの大スターだったわけで、彼がテレビに本格的に出演したのは、
特にテレビ関係者からすれば一つの事件でありました。
「よく、あれだけの大スターがテレビに出るな」と思ったテレビ制作者もいたほどに。
この後も鶴田は日本テレビで数作をこなした後、
開局したてのフジテレビに舞台を移して『鶴田浩二シリーズ』に出演。
昭和三十年代前半、普及期に差し掛かったテレビに色を添える重鎮の一人として活躍しました。

『美しい灯に』の同名主題歌は、勿論というか鶴田が歌い、
当時としてはそれほど多くはないレコード化もされました。
提供は日産自動車で、自動車会社がテレビ番組を提供し始めた、
その本当に最初の頃、もしかしたら日産提供第一作の可能性も有ります。
テレビすらようやく普及し始めという当時、自動車を買える層など非常に限られ、
だからかCMもガツガツとしたものではなく、劇中でさりげなくされていたのでした。
まだ、芥川也寸志による名曲「世界の恋人」など出来るはるか前の話ですね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ