私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



ミステリーベスト21 (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回はミステリー中興時代を振り返る、この番組です。






当時の現代推理作家とされた21人が、それぞれ自薦した作品をドラマ化するという、
後のサスペンス劇場の前身とも言えるドラマ枠でした。提供は松下電器。
昭和37年8月10日(金)夜10時からの第一回は、菊村到原作の「事件の成立」。
主人公の新聞記者・冬木を南宏が演じ、喫茶店の女給(昭和語)常子の行方を探る。
常子は一見、清楚な感じで、冬木も少しばかり関心を持っていたものの、
連絡がつかなくなったと、彼女の母親が調べて欲しいと冬木に依頼するという話でした。
結局、冬子は不動産取引に巻き込まれ、良からぬ男たちに殺害されており、
その死体が発見されて事件が成立するまでを描いたものでした。

10月5日から時間が中途半端に繰り上がって、9時15分からの1時間となっております。
10月19日放映「カードは一度戻ってくる」は、梶山季之の原作を松木ひろしが脚色したもの。
ホーム・コメディの巨匠となる松木ひろしも、初期にはこんな番組もやってました。
内容は、省庁のオールドミスが中谷一郎の演じる上役に誘惑され、
ついには結婚を唆される仲にまでなる。
ところが仕事の出来る彼女は、偽造カードでの不正輸入取引を見つけてしまい、
それをその上司に報告すると、意外や、その男はそれを見逃す事で金を受け取っていると告白。
当初は必死になって改心を訴えていた女も、結婚資金と言われると心が揺らぎ、
終いにはなるべく多くの金を稼ごうとまでなってしまうという。

ところがその上役は局長の娘との縁談に傾き、女に別れを迫るという流れ。
女は不正取引の秘密をぶちまけると息巻いていたものの、何者かに殺害されてしまうのです。
当然情夫が疑われるわけですが、女性の体内に残された体液と血液型が違い、
最後の最後に、彼に不正取引を見逃してもらっていた男のアリバイが崩れ、
その男が事件の発覚を怖れて殺害したものと判明するというものでした。
最初に紹介された時は全21本とされておりましたが、
年を越してからも4本の延長となったようで、結局25本制作されております。
最後に、その全てを列記しておきます。

9月7日放送「落日の群像」は、東映の石井輝男とNETの広渡一郎の共同演出。
この番組は基本フィルムドラマですが、その回はVTRでのスタジオドラマでした。
昭和37年末までで全21本となるので、当初は年内で終わらせる予定だったと思うのですね。
実際、延長になった4本は、どれも既に扱っている作家のものですし。
たとえ4本とは言え延長になるという事は、視聴率も悪くはなかったのでしょう。
フジテレビで真裏に放送されていた『スリラー劇場』は、更に長く続いた堅実人気。
『日真名氏飛び出す』の昔から人気の有ったスリラー・サスペンス・ミステリー物も、
この頃には殺人描写もエッチ方面も、更に刺激的な表現が広がり始めており、
昭和35年頃に暴力表現規制が叫ばれ、その手の表現が温くなった反動も有ったのでしょう、
この手のドラマが大いに持て囃されておりました。



8 10 菊村到 事件の成立
17 樹下太郎 期待と名づける
24 有馬頼義 現行犯
31 水上勉 銀の川
9 7 黒岩重吾 落日の群像
14 佐野洋 人脳培養事件 同意で助手の脳を人工培養していたという医師は無罪か
21 飛鳥高 細い赤い糸
28 戸坂康二 いえの芸
10 5 笹沢佐保 結婚って何さ
12 梶山季之 カードは一度戻ってくる
19 石原慎太郎 闇から来る
26 鮎川哲也 人それを情死と呼ぶ
11 2 曾野綾子 能面の家
9 島田一男 作並
16 高木彬光 これが法律だ
23 横溝正史 白と黒
30 多岐川恭 二夜の女
12 7 結城昌治 長い長い眠り
14 新田次郎 チンネの裁き
21 江戸川乱歩 屋根裏の散歩者
28 松本清張 濁った陽
1 4 有馬頼義 謀殺のカルテ
11 笹沢佐保 反復
18 多岐川恭 二階の他人
25 樹下太郎 心中未遂 脚色・橋田壽賀子
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ