私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

魔法のじゅうたん (1961)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、夕方が子供の時間帯だった頃を振り返る、この番組です。






水曜夕方6時からNHKで放送されていた30分番組でした。
昭和30年代、夕方5時6時は子供の時間といった風情で、
いろんな子供向け番組が毎日日替わりで放送されていたのですが、
今や、NHK総合ろほとんどの民放ではニュース枠。
教育テレビとテレビ東京だけが子供向けでやってますけど、
それも7大部分を占めているのがアニメで、実写ものは少ない。
今のテレビが茫漠たる荒野である事が、そんな短い時間表からも解ります。

この番組はその名の通り、魔法の絨毯を使って空を飛ぶ映像が売り物でした。
ただ、それだけで30分はキツイでしょうから、3つほどに分かれた内容で、
最初はココ、トト、ロロという3人の道化師、クラウンによる寸劇。
コマ落としを用いた滑稽な動きが人気だったようです。
次が、VTRの二重使用による、1人二役や手品ショー。
そのように、少し不思議な感じの映像を見せるのが全体の狙いだったのでしょう。

そして最後の部分が主食である、空からの学校訪問。
視聴者の子供たちが数人やってきて、アラビア姿の黒柳徹子が出迎える趣向。
少し話をした後に、徹子がおもむろに絨毯を敷き、
みんなでその上に乗るや、奇声一発、「アブラカダブラ~~~!」。
黒柳徹子の妙に気合いの入った一声で絨毯が浮かび始め、
NHKから学校までの空からの映像を眺めながら会話する、というものだったかと。

当時、昭和40年代までですか、空撮というのが持て囃されていたというか。
NETでも既述『東京の空の下』という空撮番組が有りましたし、
各学校でも、学校を俯瞰で捉えた航空写真とかよく写して配っていたかと思います。
校庭で人文字作ったりね(笑)。
あれって民間航空会社が営業していたんだろうか。
今でも普通にある行事なんですかね。

若き黒柳徹子は才気煥発というか、とても淡々とテキパキ番組進行(笑)。
当然、チャックと渾名づけられた早口も全盛期で(笑)、
あまり子供向けに相応しくないという厳しい意見も(笑)。
でも、その頃から子供好きと公言していた彼女の実生活での活動は、
今にまで連綿として一貫したものが有るわけですが。
魔法の絨毯は今、世界を飛び回っていますね。

この部分で使われていた技術は、クロマキーという初歩的なもの。
だからスタジオの子供達は、ただのスタジオ風景しか見えていないはずで、
声はおそらく後から入れていたのではないかと思うのですがね。
わりと高学年のお兄さんお姉さんが対象だったからいいけど、
幼児相手に幼稚園訪問とかやっていたら、きっとお子様方が収録中に、
「何も無いよ-」「何も見えない」と五月蠅かったろうと思うのです(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
人文字
じゅうたんに乗るのは高学年の男の子と女の子だった気がします。
ごいんきょさんの記事を読んで、黒柳さんが大人しい小学生を相手にテキパキと話を進めている感じを思い出しました。

本当に空を飛んでいると思っていたので、じゅうたんが傾くと滑り落ちそうでハラハラしました(笑)。
学校の上空に来ると校庭では人文字ができていてじゅうたんに向かって手を振ったような。

私の小学校でも人文字を作ったことがありますが、私はずっと空飛ぶじゅうたんがきたのだと思っていました。
家に帰って母に「今日空飛ぶじゅうたんが来たよ」と言ってしまったような気がします。
その時の母の反応は覚えていません。

今は近所の小学校も児童数が少ないですね、人文字も作れないかもしれません(笑)。
運動会の全校生徒の大玉送りもスタートしたら大玉があっという間に後ろまで送られていて、迫力なかったです(笑)。
2014/07/19(土) 10:20:02 | URL | モデラート
懐かし番組特集で見ました
黒柳さんの独演会状態でした。子供は(ビート)きよし師匠のようでした。
2014/07/19(土) 11:30:00 | URL | とらお
私はテレビ探偵団で
 渡辺正行さんがゲストの回で流れていました。
 とらおさんのコメントにあるように徹子さんが一人で喋っていた印象が強かったです。
 「アーブラカタブラー!!」の叫びにはちょっとたまげましたが。子供たちも引いていた?(^_^;)
 最後のじゅうたんから降りる場面での徹子さんがやけにドライというか、取り付く島もない(?)ような感じで子供たちと接していたのが印象的でした。
2014/07/19(土) 22:31:33 | URL | 北国の人
夢を壊す母の一言
見てました。スタジオに応募して選ばれた子供たちが来て、黒柳徹子と話をしたあと、「では行きましょう」となって、局ビルの屋上にいくんです。ここからが、特撮になって、広げた絨毯に乗って、空の旅へという流れでしたね。
私、絨毯に乗りたくって、これに応募するにはどうしたらいいのか、母親にしつこく尋ねたんですよ。そしたら母親が「これは、ほんとに飛んでるわけじゃないんだよ。フィルムの合成だよ」と言うではありませんか。「サンタクロースは、本当はいないんだ」と言われたのより、強い衝撃を受けた私は、友達にその真実を言ってまわったのでした。
2014/07/21(月) 16:27:51 | URL | みのモンタナ
三人のクラウンを演じていたのは、坂本新兵さん、高橋悦史さんらでした。


● モデラートさん
おそらく子供達には、余計な事は喋らないようにお達しが出てたんでしょう(笑)。
ああ、モデラートさんは純真なお子さんだったのですね。
出演校も人文字を作ってましたっけ。
人文字、今でも一(ひと)文字なら出来るんじゃないですか(笑)。


● とらおさん
うつみみどりさんのロンパールームも近い雰囲気ありました。


● 北国さん
結局、子供の自然な姿とをという番組ではないですからね。
進行を優先させると、ああなるのでしょう。


● みのモンタナさん
結構みなさん、本当に飛んでいると思っていた人が多そうですね。
初歩的なクロマキー映像でも、ずいぶん使える特撮画面が作れるわけです。
2014/07/27(日) 06:17:11 | URL | ごいんきょ
魔法のじゅうたん
 「魔法のじゅうたん」は夢のある番組でした。それにしても、三人の道化師の中に高橋悦史がいたとは、驚きです。別のコーナーに、ピッコロ博士という人物が出て来て、黒柳さんと楽しい会話をするってのがありました。ピッコロ博士は、ケペル先生と同様、等身大の人形で、背中から人間がもぐりこんで演じる仕掛けです。最終回は番組の特撮の種明かし特集でしたが、このピッコロ博士も最後にパーッと正体を明かしました。中に入って演技していたのは俳優の永山一夫。声も。
 何かの本で、わけ知り顔のエッセイストが、ピッコロ博士を演じていたのは若き日の米倉斉加年だと書いていましたが、それは誤りです。確かにお二人とも個性的なアゴの持ち主なので似ていますが。永山氏は「七人の刑事」の一エピソード「黙秘犯人」で一世一代の名演技をされた在日韓国人俳優です。朝鮮民主主義人民共和国へ帰ってから消息不明で、黒柳さんたちが連絡をとるべく活動していると聞きました。
2014/12/05(金) 19:17:22 | URL | キンちゃん
そうですね。高橋悦史さんについては、普通の資料で知る事は出来ません。
ですが坂本新兵さんの自伝に書いてある事ですので、確定情報と言えます。
写真も載ってます。
道化師の格好なのでわかりづらいですが、そのように見えます。

いまアカイさんノート見たら、高橋悦史さんの名前が載ってないですね。
一人が高見映さんになってるけど、新兵さんの本ではその名は無いんですよね。
途中で変わったのかもしれません。

ピッコロ博士については初耳でした。
時期によって多少内容に差が有りそうです。
引田天功さんが手品やっていたようですね。
2014/12/06(土) 06:57:11 | URL | ごいんきょ
地方にも来たんですね
親父兄弟の母校が創立○○周年の記念で出ました。首都圏最果ての県庁所在地ですがどういう選定基準だったんだろう?NHKに映像残ってないかな?
2016/06/20(月) 15:51:55 | URL | とらお
映像は例によって絶望的ですね。
おそらく地元のNHKの情報網で選定されたのだとは思いますが。
2016/07/17(日) 19:55:19 | URL | (ハンドル未記入)
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。