私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



てんてん娘 (1956)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、今は亡きナショナル、松下電器を振り返る、この番組です。






♪ 明るいナショナル 明るいナショナル
  うち中みんな電気で動く
  明るいナショナル 明るいナショナル
  ラジオ テレビ なんでもナショナル


松下電器宣伝部に入社した逸見稔が、初めて任された仕事が、
この企業ソングを制作する事だったといいます。
なんという初仕事。
逸見はそのまま松下電器側から提供番組に介入する、
企業側プロデューサーとして辣腕を振るい、TBSナショナル劇場、
NETナショナルゴールデン劇場などで、記憶に残る番組を多数制作しました。
提供会社の存在感が尋常ではなかった当時、しかも、超特大企業の松下だから
というのは有ったとしても、それでも他にあまり例を聞かない存在でした。

そのナショナル劇場第一作が、宮城まり子主演の『てんてん娘』でした。
ナショナル坊やが活躍する「明るいナショナル」のアニメCMが終わると、
着物姿の宮城まり子が暖簾から顔を出し、主題歌を歌う。
  てんてん天気は日本晴れ あの山越えて里越えて
  春ははるばる田舎から 上るお江戸は日本橋
  てんてん娘はてんころり アラ真っ赤っか
  転んでべそかきゃ昼の月
  てんつくすってん すってんてん

原作は『あんみつ姫』の倉金章介による漫画で、小川虎之助の演じる口入れ屋が、
てんてん娘に奉公先を世話するも、持ち前の正義感で悪人を懲らしめる。
けれども、その騒動のために追い出されてしまい、奉公先を転々とするという話でした。
だから「てんてん娘」なのですね。
固定出演は宮城と小川だけで、あとは奉公先によって出演者が替わるもの。
淡路恵子が出演した時には、まだ狭かったテレビ欄に淡路の名前だけが記名されており、
宮城まり子という存在が、まだまだ小さかった事が窺えます。
ヒット曲も有ったものの、彼女を育てたのは、間違い無くテレビでありました。
この番組の同名主題歌も、当時としてはヒット曲と言えるものでした。

昭和31年4月2日に放送開始の番組でしたが、8月20日には制作陣が替わったとあります。
これが逸見稔の介入によるTBS側の事情なのか、
それとも菊田一夫が監修に加わった事なのか、詳しい事は判りません。
宮城は宝塚劇場の方で菊田に良い役を要求しだし、良い役はフィナーレまでおらねばならず、
そのため、この番組への出演が慌ただしいものとなっておりました。
或る時など、主題歌が流れている間に到着したという程。生放送時代ならではです。
その辺から菊田に宮城まり子の扱いを巡って逸見への誤解が生じ、
衝突寸前まで行っていたようですが和解し、その後は菊田と松下電器との関係も深まり、
この番組でも「監修」として収まる事になりました。

逸見稔のプロデューサーとしての初仕事であり、ナショナル劇場第一作であるこの番組は、
三木鶏郎が初めて本格的にテレビ番組と関わったと言っても良い番組でもあります。
「明るいナショナル」を依頼した流れでしょう、この番組でも音楽を担当し、
主題歌以外にも劇中の歌をたくさん作曲しました。
宮城主演だけに、ミュージカル調の作りでもあったのでしょう。
三木鶏郎はNHK『日曜娯楽版』などで戦後ラジオ娯楽の野を一人猛進。
民間放送が始まってからはCM音楽の開祖として、これまた無人の野を行く快進撃。
黎明期のラジオ・テレビの喜劇人、放送音楽家のほとんどが、
三木鶏郎門下を出発点としていたと言っても過言では無い巨人、大巨人でした。
今年は1914年生まれという三木鶏郎の生誕百年でもあります。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
もしやこの作品は
行く先々で権威こそ無いものの不条理な者を懲らしめるという王道は後の水戸黄門へと思いが行かざるを得ないのかも
これで脇役に食いしん坊でもいたら余計にそうなるし
2014/07/20(日) 21:45:21 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
権威が無いという点で、水戸黄門とは決定的に違いますけど、
まあ似たような系統ではあるのかな。
ただ、これはあくまでもコメディー調だったと思うんですよね。
時代劇の番組中でナショナル製品をてんてん娘が使って田と言いますし(笑)。
2014/07/27(日) 07:52:14 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ