私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



魔法のけん銃 (1963)

該当番組画像募集FOUR FEATHER FALLS


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、珍しい人形西部劇を振り返る、この番組です。






ウエスタン・マリオネットという触れ込みで登場した人形劇でした。
『サンダーバード』で有名なジェリー・アンダーソンの作品であるにも関わらず、
日本での放送がわずか13回だった上に再放送もほとんど無く、
しかも昭和40年代以降は再放送すらされていない感じのため、
知っている人間すら非常に少なく、顧みられる事がまず有りません。
けれども、その映像技術、美術創作の出来は今見ても古さを感じさせぬ質の高さ。
当時見ていた人がいたなら、きっと記憶に残っているはずなのですが。

既に日本でのジェリー物は、日本テレビの『スーパーカー』を皮切りに、
フジテレビで『宇宙船XL-5 → 谷啓の宇宙冒険』などが放送済みでした。
この『魔法のけん銃』は、TBS初のアンダーソン作品となるわけで、
日本での順番は先の二作の後になってしまいましたが、
本国イギリスではそれらよりも先の、本当にごく初期に作られた作品となります。
土曜夜7時からの30分で、元は15分物なのを2回ずつ放映。
続く19時半からは、あの『名犬ラッシー』でした。

主人公のテックス・タッカーが馬で砂漠を歩いているとインディアンの少年がおり、
彼を救って父親である酋長の所へ届けてあげるというのが事の発端。
この酋長、魔術師の如く不思議な能力を用い、テックスが水を欲すると
たちまち雷を起こして山脈に滝の如く水を迸らせる。
その不思議な羽の力を使い、テックスの愛犬ダスティと、
愛馬ロッキーも人語を話せるようになって、道中が賑やかになるのでした。
更に、腰の二丁拳銃も魔法の力を得て、手も触れずに撃てるように。

テックスが悪人に言われ両手を挙げていても、
腰の拳銃が勝手に動いて上向き、相手の帽子を吹き飛ばしたりするのです。
但し、子供向け番組を意識したのか、相手の命は絶対に奪わないのですが。
日本版での話題は、声の出演を中村メイコが完全に一人で請け負うという事でした。
「七色の声」と謳われた彼女にして、その数を上回る9人もの声も担当。
主役、犬、馬、インディアン、悪人、町の人、更にはナレーションまで。
とうとう声も出尽くして、しまいには鼻をつまんだり頬を抑えたりと、
物理的な工夫まで施しての熱演でありました。

更に更にそれだけに止まらず、日本語主題歌も担当。
勿論、この日本版主題歌の作曲は、夫君の神津善行でした。
当時はもうアフレコだったと思うので、このメイコの熱演や
日本版主題歌なども残っていてもおかしくはないのですが、
現在の所、絶望的な話しか聞こえてきません。
歌詞もまったく扱われてきてませんね。
どなたか、ご記憶の方はいらっしゃいませんか。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
七色の声
チャンネルを回して、たまたま観た番組でしたが、一緒にいた姉が「この声は全部中村メイコさんだよ」と言うので、そんなはずはないと言い返すと、じゃあ最後の声の出演を確認しようということになり(笑)、内容を楽しむより、どきどきしてエンディングを待ちました。
テックスや馬たちが映ったエンディング画面に、声の出演は中村メイコさんのお名前だけでした。
勿論姉は鼻高々でしたが、その後二人で、何種類の声を出せるかを数え合いました(笑)。
2014/07/26(土) 13:23:54 | URL | モデラート
お姉さんはなんで知ったんでしょうね。
新聞記事かな。
しかし、聞いていて判らないほど見事なものだったのですね。
伊達に七色の声と称されなかった訳です。
モデラートさん達は何色出せたのでしょう(笑)。
2014/07/27(日) 08:13:12 | URL | ごいんきょ
忘却の彼方から
この町を守るのはテックスタッカー保安官・・・・・・お伴のダスティ慌て者鳴き声間違えてニヤー・・
・・・・魔法の拳銃だ。。。だったかなー 3.11生きてました、避難しました。
2014/08/17(日) 00:24:34 | URL | 武内文平
お。主題歌歌詞の一部でしょうか。
ダスティは喋れるようになって、ニャーとか言ってたことも有るんですね。

鉄道公安36号の鉄人さんですよね。
東北の方だったのでしょうか。
ご無事で何よりです。
こんな場所にまた参加して下さったのが本当に嬉しいです。
2014/08/19(火) 23:08:57 | URL | ごいんきょ
主題歌
一部覚えています

この町を守るのはテックスタッカー保安官
その腰にゃいつの日も魔法のけん銃さ
お伴のダスティ慌て者鳴き声間違えニヤンニャン
違うぞダスティ犬ならば上手に鳴くんだワンワン
(ここまであとは覚えていない)
2015/08/17(月) 21:00:27 | URL | さざんくろす
お。
これは貴重な歌詞をありがとうございます。
音盤化されたり楽譜になっているものは、
著作権の問題もあって、あまり歌詞全編を書いてほしくないものですが、
このような、見ていた人の記憶だけが頼りのものは、大いに書き残していただきたいです。
2015/08/24(月) 03:59:45 | URL | ごいんきょ
これだ!
https://www.youtube.com/watch?v=Xbfd5uvxZvQ

https://www.youtube.com/watch?v=uViYAk92GBw

https://www.youtube.com/watch?v=UjHCk7ZD9TA

英語版ですが曲は同じですね。
とすると神津善行氏は作曲ではなく日本語版の作詞でしょうか・・・
2017/01/05(木) 12:52:35 | URL | どんぐり
武内さんやさざんくろすさんが覚えている歌詞の歌も、
これと同じ旋律だったんでしょうか?

日本版はまったく違う歌を作る場合が昔は多かったですが、
どんぐりさんの記憶では、旋律が同じという事ですか?
もしそうだとすれば、神津さんは編曲という事になると思います。
2017/01/05(木) 20:46:17 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ