私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



アタックNo.1 (1969)

アタックNo.1(1969)
テレビ朝日で実写ドラマ化されるということで、これです。

小鳩くるみですよね、小鳩くるみ。アタックNo.1と言えば小鳩くるみ。
主役の鮎原こずえの声でしたけど、元々は童謡歌手として結構有名でした。
由紀さおりよりははるかに有名でしたよね。当時から名前は知られていました。
で、このアニメの主題歌ももちろん歌っていたのですが、
なぜだかいつの間にやら大杉久美子が歌うバージョンになったんですよね。
本当にいつの間にかって感じで、そのうち小鳩くるみ版の存在を忘れたほど(笑)。

初の本格スポーツアニメ・巨人の星が前年に放送開始され、2ヶ月前には
初の格闘技アニメ・タイガーマスクも始まり、世はいわゆるスポ根ブームに突入。
巨人の星で浪花節、根性モノが人気となったのを喜んだ大塚グループが、
もう一つの大塚枠・日曜7時フジテレビに投入したこの作品は、
長年裏で君臨してきた製薬会社のライバル・武田薬品工業提供の
TBSタケダアワーに、とうとう念願の一矢報いる契機となりました。
ちなみに、毎日放送・NET系ではロート製薬提供アップダウンクイズが
これまた長年堅実な人気を誇っており、この頃の日曜7時は、
製薬3社による熾烈な視聴率バトルが繰り広げられておりました。
ワタクシは通常、親の選択もあってアップダウンクイズを見てましたけどね。
でも、アタックNo.1だけは結構見ていた。
何しろ当時は、今では想像できないほどバレーボールが人気ありましたからね。
男子でも女子でも強かったんで結構試合中継もゴールデンでありましたし、
当時の名選手の名前は、当時の人間なら大抵言えると思いますね。
ウチもだからバレーの試合は結構見ていたし、その流れで、
このアニメも、見る時もそこそこありましたです。

最初の頃はいかにもの少女漫画でしたね。
大きなお目目にお星様キラキラ。展開もご都合主義で、予定調和。
しかし、回が進むに連れどんどん本格化し、試合内容も面白くなります。
それがもっとも楽しめたのが、寺堂院高校・八木沢三姉妹のあたりでしょう。
三位一体攻撃。もう、最高でした。3人が同時にジャンプして
手が6本になり、どの手がアタックするかわからない。
アニメならではの描写で、ワタクシにとってのアタックNo.1は、これ。
その後も世界大会とかでどんどん面白くなっていきました。
あの強力なライバル達が味方になって、それでも勝つのが難しいソ連。
ボルチンスカヤの殺人スパイク!(笑)

当時はボンカレーの「3分間待つのだぞ」ってCMが印象的ですね。
あとはやっぱり、オロナミンC。
卵を入れてオロナミンシェーキっての、みんなあこがれましたね(笑)。
オロナミンは内容量が少なく、当時としては大贅沢飲料でした。
だから、卵をいれるなんて大冒険なワケですが、とうとう誘惑に負け、
小遣いをはたいてオロナミンを購入。
一大決意で卵を混ぜて試してみました。
結果は…………………………………………
ああ。オロナミン単独で飲めば美味いんだよ。
それは確実なんだから、それで我慢しておけばいいのに。
なけなしの小遣いはたいて、ただでさえ憧れのオロナミン買って、
一口で捨ててしまうその虚しさと言ったら!
ワタクシが哲学的思索にふけった最初だったかもしれません(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
涙が出ちゃう…だって女の子だもん
表題の文句は「アタックNo.1」でしたか?
私的には「サインはV」とこんがらがっていまth。
「サインはV」は実写版でしたが。

> 当時の名選手の名前は、当時の人間なら大抵言えると思いますね。

生沼スミエ選手、きれいだったなあ…。
2005/04/16(土) 11:21:08 | URL | 飲酒リン男。
セリフ入りの歌
既に当ブログでも指摘済みですが、加山雄三の『君といつまでも』が空前のヒットとなった事により、
以後しばらく、セリフ入りの歌がやたらとこれでもかと出てきましたね。
アニメソングでも、この作品とか、魔法のマコちゃんとかね。

あの「だって、涙が出ちゃう。女の子だモン」ってセリフの部分が
聞いててなんだかこっ恥ずかしくって、その部分だけチャンネル替えてました(苦笑)。
2005/04/16(土) 23:32:38 | URL | ごいんきょ
鉄人を抜いた!
記事アクセスランキングで「鉄人」を抜いて今1位なんですね。
多分タイトル名をキーワードにぶち込んだ
上戸彩ファンのなせる業でしょう。
大好きな「鉄人」の1位復活キボンヌ。
2005/04/27(水) 18:10:10 | URL | 飲酒リン男。
アクセス数はただの目安ですからね。
検索エンジンの都合で結構いい加減に増えますし。
アタックNo.1はアクセス数増えるのを織り込み済みですし、
同じ理由で、もうすぐ『赤い疑惑』をやる予定です(笑)。
2005/04/27(水) 23:59:54 | URL | ごいんきょ
大杉久美子
こんばんみー

確か小鳩くるみが主題歌を歌った回があったはずですが?

極最近、BSで、大杉久美子の歌う『アタックNo.1』を聴きました。
かなり驚きましたねー。
『エースをねらえ』もこの人が歌ってたんですねー。


2005/05/25(水) 23:09:14 | URL | きの字
アニメ主題歌大全集
こんばんもー。
って、これを書いている今は朝ですが。

小鳩くるみバージョンは、最初のほんの数回ですね。
やはり大杉さんの溌剌と弾んだ歌声の方がワタクシは好きですが…
BSで先日、アニメ主題歌大全集をやりましたね。
ハッキリ言って、不満が多かったですけど。
ああいう企画は、ヲタクの意見を採り入れないとあきまへん。
あれだけの顔触れ集めてあんな出来かよと。
でも、一般人にはそれなりには楽しめたんでしょうけど(笑)。

驚いたというか、やっぱりーねー…という感じでした。
少し前の『うたえもん』では口パクばかりだったんで、
今は歌に自信が無いんだろうなとは思ってましたからね。

大杉さんは名作劇場でいっぱい歌ってましたね。
『フランダースの犬』『母をたずねて三千里』『あらいぐまラスカル』『ペリーヌ物語』
他にも『ピコリーノの冒険』『ポールのミラクル大作戦』『ドン・チャック物語』などあります。
どれも好きな歌ではありますが、大杉さんの歌声に拠る部分もかなり大きいですね。
2005/05/26(木) 07:03:50 | URL | ごいんきょ
八木沢三姉妹の大ファン
鮎原こずえよりも八木沢三姉妹の方が印象に残っています。大好きです。アニメの方がずっと美人で大人ですよね。余命いくばくもないお母様との会話も涙涙だったことをよく覚えています。よかったらお返事ください。
2006/02/03(金) 23:04:22 | URL | 結衣子
三位一体
そうですよ。なんと言っても八木沢三姉妹でした。
三位一体という言葉も、この番組で覚えましたからね。
あの攻撃は現実には不可能なんですかね。

こずえちゃんのお母さんって番組中で亡くなったんですっけ?
ツトムくんが死んだのは覚えてますが、当時の作品はわりと安易に登場人物を殺して
お手軽にお涙頂戴シーンを作るパターンが多かったんです。
ワタクシはあまり好きではないんですけど。
架空の作品とは言え、人物は大切に扱ってもらいたいなあと。
2006/02/06(月) 07:09:27 | URL | ごいんきょ
俺っちはセブンと怪奇の方見ていたので
これは再放送からの者かな
ホントいうと初めは梶原作品だと確信していたっけかな(^^;)
それはそうと日曜七時のフジ系のアニメというと続くマジンガーシリーズやおじゃまんがタッチキテレツこち亀今のワンピとなりその間大塚製薬やはごろもの缶詰とかが支えていたわけだが確かキテレツの頃に大塚が撤退していてはごろもはそのまんまと記憶していたし後元祖ウルトラマンの裏としてのマッハGOGOGOには果たして就いていたかと気になるのだが

ちなみにこの作品は再放送でもカレーはボンカレーだとのたまっていたと記憶している
2006/07/24(月) 22:33:17 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
バイブルは
巨人の星だった、ということは
有名ですね。
似たようなエピソードも
満載ですし。

八木沢三姉妹の、父と子と精霊の
三位一体の攻撃は、素晴らしかった
です。
六つの手が交錯するシーンは、
恍惚のブルースでした。

あの大阪の高校のモデルになった
高校は実在するんですね。
差しさわりがあると
いけませんので、
これ以上の記述は控えますが。

オロナミンシェーキは、
私はこわくてチャレンジ
できませんでした。
修行が足りないお子様でした。

ボルチンスカヤという名前は、
多くの男のお子様に
受けていたような。
2006/07/24(月) 23:01:38 | URL | 藤四郎
はごろも缶詰
● ガッツさん
マッハGOGOGOのスポンサーは調べてもなかなかわからなかったんですが、
はごろも缶詰でしたっけか!
うーん、言われればそんな気もする。
大塚は、マジンガーの途中でもう撤退してませんか?
グレンダイザーとかでも提供してたんですか。
話の中で、「わあ、ボンカレー」とか喜ぶのは有名なネタですね(笑)。
NHKでやった時は当然カットしたけど。

● 藤四郎さん
寺堂院高校ってありそうな名前ですしね。
名称のモデルくらいはあるだろうと思ってました。
まさか三姉妹の強豪アタッカーがいたわけではないでしょ?(笑)

オロナミンシェーキは、画面で観ると美味そうだったんだよなあ、なんとなく(苦笑)。
2006/07/24(月) 23:33:21 | URL | ごいんきょ
ボンカレーの謎
>当時はボンカレーの「3分間待つのだぞ」ってCMが印象的ですね。

この文章で、長年の胸のつかえがとれた気分です。

実は、関東圏での繰り返される再放送により、この番組のファンになった私は、お小遣いが比較的自由になる高校生になってから、原作のコミックスを全巻そろえました。
読み進むと、夏の合宿のシーンだったか、食事係の女の子たちが、エプロンをして「今日のご飯は、ボンカレーよ!」というのです。
んん?
大人数の食事に、レトルトカレーというのはおかしいじゃないか、と。普通、ルーカレーを大鍋で作るだろう、と。

ボンカレー、提供だったんですね。納得です。
原作が、TVアニメと並行して進んでいて、この台詞、ということだったのしょうか。その辺の時間差は、よくわかりませんが。

あれから、月日は流れて。
まさか、今になって、あの謎が解けるとは。
ごいんきょさん、ありがとう。
2007/05/14(月) 15:57:12 | URL | 秋桜
ボンカレー
秋桜さん。私もそういえば、いつの頃からか、秋桜さんと同じ疑問を持ってました。大人数でちっちゃいレトルトパウチを大量にってのもねぇ。・・・いや、大鍋に大量にレトルトパウチを入れたのかもしれませんが。

ちなみに「3分間待つのだぞ」は当時の大ヒットドラマ「子連れ狼」のパロディですね。幼い私はごっちゃになってましたが。後に学習机メーカーが「♪くるくるぴったんくるぴったん、くーるーぴったん」とまたパロディにしてましたが。そうそう、子連れ狼ネタは同じドラマで局の違う(NTV)「西遊記」にまでパクられてました。時は流れて、かつて「子連れ狼」を作ったフジテレビが「西遊記」をパクり返したわけで・・・。因果って本当にめぐるんですね。
2007/05/15(火) 01:23:53 | URL | かじか
● 秋桜さん
そう言えばサインはVの原作は読んだけど、この原作本はまだ読んでなかった。
アニメの方では何度か登場人物がボンカレーという言葉を口にするのですが、
まさか漫画の方でもやっているとはねえ。
まあ、それだけインパクト有る商品でもありましたしね、あれは。
アニメでも合宿の食事にカレーが出て、「わあボンカレーだ」とか言ってたかと。
たしかに考えてみたら物凄い不経済ですよね(笑)。


● かじかさん
3分間待つのだぞは、パロディというよりも、
その子連れ狼の中で流されていたCMだったのですよ。
2007/05/15(火) 06:33:53 | URL | ごいんきょ
バン・ボ・ボン
>秋桜さん。私もそういえば、いつの頃からか、秋桜さんと同じ疑問を持ってました。大人数でちっちゃいレトルトパウチを大量にってのもねぇ。・・・いや、大鍋に大量にレトルトパウチを入れたのかもしれませんが。

かじかさんも、同じ疑問をお持ちだったんですか!
大鍋にたくさんのパウチ、私も考えました。
ああ。なんだか嬉しい。
こんな風に、似たような事を考えて、それを交流出来て。
お仲間がいるって、素敵ですねぇ。


>やはり大杉さんの溌剌と弾んだ歌声の方がワタクシは好きですが…

ごいんきょさん、そう、弾んでますよねー、歌声。

♪あっおいっ あおいそっらっにー バンッ ボンッ ボボンッ
はーぁずンむー ぼーぉるっがー ゆっめーをっ えっがーっくー♪

思い出した歌声を字で表したら、
ちっちゃい「っ」でいっぱいになっちゃいました。
2007/05/15(火) 09:39:27 | URL | 秋桜
…訂正…
あーぁ。先に調べれば良かったんですが…。

エンディングテーマを歌っていたのは、違う方だったんですね。

伊集加代子さん。だそうです。

ごめんなさい。
2007/05/15(火) 10:00:28 | URL | 秋桜
11PMも
秋桜さん、こんにちは。
伊集さんはアルプスの少女ハイジで有名ですよね。あと11PMのサバダバも歌ってたってかなりあとに知りました。

76年に朝7時くらいから再放送してました。うちのクラスが合唱コンクールに選ばれて、朝練があるので途中からみられなかったんです。ある朝、ある男子が遅刻。理由が『アタックNO1みてました』っていうんで、担任にえらく怒られてました。みんなだって見たいのに!

三姉妹って、かおり、かつら、しずかでしたっけ?
2007/05/15(火) 19:40:49 | URL | くりお
● 秋桜さん
エンディングが伊集さんだったというのは再発見でした。
まったく考えた事なかったです。
伊集さんはスキャットの女王で、ネスカフェのダバダ~とかもそうですね。
山下毅雄さん繋がりの仕事も多くて、タイムショックが一番有名かな。


● くりおさん
ハイジとかアニメソングは本当に嫌いみたいです。
スキャットの女王としてのプライドがね。

授業中の水の件と言い、当時としては珍しい学級崩壊してたように感じますが(苦笑)。
八木沢三姉妹としか覚えてないですね。
2007/05/16(水) 02:49:32 | URL | ごいんきょ
学年
水事件は4年生、合唱は6年だったので、クラス替えはあったんですけどねえー。はっ!!しかし両事件は同一人物だったかも!!岡野クン!
引っ越してないなら、同じ市内にいるのかーーー。

その後の再放送としては、テレビさいたまで午後6時巨人の星、6時30分アタック・・・とすごい番組が組まれてました。しかも平日毎日。99年頃かな。おかげさまで両番組とも堪能できたんですが・・・。しかし、初回から数回、みはぐったので、みどりのワルが見られなかったのは残念。

おかあさんが死んだのは全然記憶にないので、どうなんでしょうか?



2007/05/16(水) 22:20:08 | URL | くりお
ボンカレーの語源
美味いという意味のフランス語のボノからだと公式サイトでは書かれているものの確かイタリア語でも美味いはボノだと記憶しているのでそこんところはどうなのかな

ちなみにこの作品ではボンカレーとオロナミンで巨人の星がオロナミンと劇中でなく公の広告で飛雄馬や親父がハイアースとかの殺虫剤の宣伝にかりだされていたと記憶している
2007/05/16(水) 22:46:00 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
● くりおさん
早川みどりの登場、そして呆気ないほどの心の入れ替えは、
正に昭和40年代までの作りですね(笑)。
お母さん死んだんでしたっけ?
ツトム君が配達中に転落死したのは覚えてますけど。


● ガッツさん
ボンカレーの語源ってそう言えば考えた事なかったな。
大塚は提供番組と連動した宣伝よくやってましたね。
子連れ狼では番組中のCMでパロディやってましたけど、
巨人の星でも登場人物のCMやってましたっけ?
それは覚えてないですね。
2007/05/17(木) 03:00:55 | URL | ごいんきょ
伊集さん
☆くりおさん

こんばんは。
伊集さんのこと、教えてくださりありがとうございます。

>伊集さんはアルプスの少女ハイジで有名ですよね。あと11PMのサバダバも歌ってたってかなりあとに知りました。

うわぁ。超すっごいお方だったのですね。
11PMかぁ。こどもの時に、ドキドキこっそり見たくらいで、大人になって堂々と観られるようになってからも、ちゃんと観たことがありませんでした。でも、もちろんあの音楽は、しっかり覚えています。

>三姉妹って、かおり、かつら、しずかでしたっけ?

はい。香、桂、静、ですね。

お母さんが亡くなったことは、私も全然覚えていません。
実家にコミックスはおいて来ちゃったので、
確認出来ず、すみません。


☆ごいんきょさん

>伊集さんはスキャットの女王で、ネスカフェのダバダ~とかもそうですね。
山下毅雄さん繋がりの仕事も多くて、タイムショックが一番有名かな。

タイムショックの、緊迫感のあるあの歌声も、そうなのですか。
あれは、なんて言っているんでしょう。ダダッダッダー、かな。パヤッパッパー、かな。
検索したら、関わった作品は数千にもなるとか。
日本人なら、ゼッタイに耳にしたことがある声ですね。
日本のブロッサム・ディアリー、という記述もあったということは、
ひょっとしてジャズも歌っていたのでしょうか。
2007/05/17(木) 09:40:47 | URL | 秋桜
記憶にないんですが

この上のごいんきょさんの三位一体の文章の中に出てきてましたので、
あれーそうだっけ?と思ったんです。もう一年以上も前の発言みたいですのでネ。(おいらなんかいっつもこどもに、こーいったのに、あーいったのに、って怒られてるし!)
つとむくんの場面は有名ですよね。試合中にこずえの靴紐が切れるっていう・・・。わたくしの父親(当時はワタクシはアパートに住んでたので別居)がなくなったときは、わたくしは居合わせてなくて死に目に会えませんでしたが、叔母の車のダッシュボードになぜか我が家(アパート)の電話番号のメモがはってあったとか。前日まではなかったそうです。

死んでから、仏壇のチーンがひとりでになるのは何回か聞いてますがね。

秋桜さん、こんにちは。
三姉妹が幼少の頃、おかあさんといっしょにバレーの練習をやる姿かわいかったですね。桂が末っ子でしたっけ?まだ赤ちゃんでボールと遊んでました。年子で三姉妹って貴重ですよね。まわりにはいません。
しかし、香(長女)の声ってドスすぎてませんか?いなかっぺ大将の声と同じでしたっけ?
桂は確かかわいい声で、幼児番組なんかよく出てたかと思います。






2007/05/17(木) 13:05:29 | URL | くりお
こんばんは。
くりおさん、こんばんは。
今は本当に「こんばんは」ですが、
今朝は、昨晩書き途中だった文章をそのまま送ってしまったため、
朝なのに夜のご挨拶をしてしまい、失礼しました。

>年子で三姉妹って貴重ですよね。まわりにはいません。

本当!3姉妹ってだけなら、結構いますけどね。年子はね。


アニメも原作も、何度も観ているのにもかかわらず、
あまり詳細を覚えていないのですが、
毎回感じたことは、外国の選手たち、日本語がうまいんですよね。
原作では、吹き出しの中が
「アユハラサーン、ワタシタチハ…」なんて、全部カタカナで、読みにくくて。
音にすると、ボビー・オロゴンさんのような感じでしたね。
2007/05/17(木) 20:03:27 | URL | 秋桜
● 秋桜さん
スキャットというのはなんて言ってるかわからないものなんでしょうね。
あと山下さん繋がりでは、ルパン三世の峰不二子のテーマが印象強いです。
当時の漫画は外人も日本語ペラペーラでしたね(笑)。


● くりおさん
ワタクシはお母さんが死んだかどうか覚えてないとコメントしてますよ。
結衣子さんが余命幾ばくも無かったとコメントしているのですが、
そう言えばなんか病弱だったのは思い出しました。
そうそう。こずえが転校してきたのもそこいらが理由じゃなかったかな。
2007/05/18(金) 00:54:47 | URL | ごいんきょ
そうですね
ごいんきょさん、こんにちは。


こずえちゃんのお母さんって番組中で亡くなったんですっけ?

っていうごいんきょさんの質問に、どなたも明確な答えを出してないようなので、なんかひっかかってしまって・・・。

というか、結衣子さんは、三姉妹のおかあさんのことをいっているんではないか?と読み返して思いました。

うーん、確かに病弱だったようなきもしますね。こずえちゃんのうち、素敵な家だったような。(まあ、うちの実家からみたら他の家はどれも素敵だったですが笑)

秋桜さん
大丈夫ですよ。
割と一日中ネットを使える環境にあるので、こんばんはもこんにちはもないです。
2007/05/18(金) 08:14:06 | URL | くりお
くりおさん、こんにちは。
って、これを書いている今は深夜ですが。

そう言やそうですね。
なんで勝手にこずえの母の話にしてるんだろう?(苦笑)
そっか、八木沢三姉妹のお母さんは病弱だったんだっけ。
それと、こずえ自身がたしか病弱だったのかな、当初は。
それで静養のために富士見に転校してきたような。
でも、物語が始まってすぐに、全快のお墨付きを貰ってたと。
まあ、これもアテになりませんけど。
2007/05/19(土) 03:07:31 | URL | ごいんきょ
テレビサイズ
えーと、まだ出てきてない話だと思うんですが。

超有名フレーズになってしまった「だって、涙が出ちゃう。女の子だもん」というセリフですが(都合のいいときだけ女を使うな、と思いますけど)、このセリフって、もともとはあくまでもテレビサイズ用だったんですよね。
 たぶん、当時レコードを買った人は、このセリフが入ってなくてガッカリしただろうと思いますが。

 テレ朝がドラマ化した際の主題歌には当たり前のように入ってましたね。でも、言い方が弱音というよりは明るく言い切ってしまってる感じになってて、「その調子は違うんじゃないの?」といいたくなりました。
2007/05/19(土) 10:28:53 | URL | かじか
原作
「アタックNo1」は原作漫画確か12巻だったと思いますが
漫画では八木沢三姉妹のお母さんは亡くなったと思いますがテレビではそこまでやってたか記憶にありません。
一ノ瀬努君もテレビでは、実家のお店の配達途中(高校生で車?と思うのは花形みつると同じなのですが)崖から落ちてなくなるんですよね。
こずえが試合中だったと思います。
でもドラマでは自殺しようとした人を助けようと踏み切りに入って身代わりになったような??(違っていたらごめんなさい)
原作もとっておけばと今になって後悔してしています。
自分のおこずかいで買った1巻をぼろぼろになるほど読み返してました。
それをかわいそうに思った叔父が集英社に勤めていたので見本本を全巻プレゼントしてくれました。
「サインはV」と同様稲妻落とし、三位一体とできもしないのに友達とまねをしていたものです。
原作の内容の濃さに比べ近年のドラマは軽すぎた気がします。
2007/05/19(土) 11:03:44 | URL | もも
● かじかさん
レコード版に入ってなかったでしたっけ?
あのセリフ、なんか気恥ずかしかったです、当時は。


● ももさん
うーん、改名希望は聞き入れて貰えないですか。
まあ、初代ももさんはリタイアっぽいんで、
代目替わりという事ですね(笑)。

八木沢三姉妹のお母さん、亡くなったような気もしますね。
ツトムくんの最後はその通りで、唐突でした。
みなしごハッチ以来の悪い風潮で、安易に登場人物を殺して
安易な涙を誘うという、安易な物語作りです。
ドラマとは近年のやつですかね。
ワタクシは最近はテレビ見ないし、リメイク物も嫌いなのでわかりません。

しかし本当にいろんな人が来るブログだ(笑)。
集英社に親戚ですか。見本全巻プレゼントなんて羨まし過ぎです(笑)。
2007/05/20(日) 00:11:31 | URL | ごいんきょ
↑初代ももですが・・・(笑)
ごいんきょさましばらく書き込みしていませんでしたが・・
いきさつがよくわかりませんが
ほかにもももさんがいらしたのでしょうか?
でしたらHNmomoに変えさせて頂きます。
これからもよろしくお願いします。
2007/05/20(日) 08:52:56 | URL | もも
三姉妹
にこだわってしまいますが、
コーチだったおかあさんが危篤?とかいうことで、試合中の静か桂かが試合に集中できず、こずえらが集中攻撃をして試合に負けてしまうっていうストーリーはアニメでみました。危篤ではなくて、そのときは亡くなっていたのかもしれませんが。

柿ノ内さんの九州弁(九州の型、アバウトですみません)も耳に残ってますね。体育館の太陽の反射を利用して柿ノ内さんがまぶしがったすきに点をとってしまうという場面は何回か出てきました。

ケニアの選手でマヌンバ(?)も印象的でした。ヌチェートケニアでしたっけ。

そうそう、こずえちゃんのおかあさんは、そのオリンピックの試合を自宅で石松たちとみていたっていう記憶があるので、おそらく亡くなってはいないかと思いますね。
2007/05/20(日) 23:26:27 | URL | くりお
● ももさん
ええ。他にももももさんがいらしてね。
アレ? もが多いかな?(笑)
二代目ももさんこそリタイアっぽいですが、
この分だとまた他の人が来るかもしれないんで(笑)、
改名してくださって助かりました。
でもmomoさんって名前もよそでもよく見るから危ないんだよな(笑)。
まあ、その時はまたその時で。


● くりおさん
ああ、そんな感じだったかな。
かきのうちさんっていましたね(笑)。
そうそう。太陽光を利用する話も有りました。
マヌンバってのもいたなあ。
しかしなんと言っても、シェレーニナでしょう。
こずえの母は病気でもなんでもないですね(笑)。
たしか、こずえ自身が病気療養で転校してきたんだと思います。
2007/05/21(月) 07:27:33 | URL | ごいんきょ
鷲津なつえ?
小鳩くるみと同一人物で、どっちかが声優の時の名前でもう一方は歌を歌ってる時の名前じゃなかったかと思います。でもどっちがどっちだったかは忘れました。
2007/05/26(土) 00:49:05 | URL | espoir
そうなんですか? それは初耳ですね。
アタックNo.1では小鳩くるみ名義で両方やってますね。
2007/05/26(土) 07:15:32 | URL | ごいんきょ
鷲津先生は
小鳩くるみさんの本名で、現在の本業である大学の教員でのお名前です。

八木沢三姉妹のお母さんは、コーチだったけれど途中で亡くなってますね。
で、三姉妹のうちの1人は、こずえとの試合がもとでバレーができない身体に。
三姉妹の長女は、卒業後も母校コーチになって、こずえとともに全日本の代表になったと思います。
2007/05/26(土) 22:42:25 | URL | 桃
桃さん、フォローありがとうございます!これで長年の疑問(?)が解けました。
2007/05/26(土) 23:10:34 | URL | espoir
「バン・ボ・ボン」の歌詞の続き
秋桜さんの書いて下さった歌詞の続きを思い出してたんですけれど、一部どうしても思い出せないところがあるんです。

♪○○○○~、○~○○○、バン・ボ・ボン!
サーブ!レシーブ!トス!
ジャンプ、スパイク、アタック!(スパイクとアタック、逆かも?)
むっつぅ~のぉ~、ハァ~ト~が~~、
一つにぃ~、もぉ~えぇえ~るぅ~。

この「○○○○、○~○○○」が、「あしたのぉ~、たぁ~いよぉ~」だったような気もするし、違うような気もするし……。

でも、「明日の太陽」って詞だと文脈からして意味が通じませんしね、何か違うんじゃないかって気がするんですが……。

それとスパイクとアタックっておんなじじゃないでしょうかねえ……。

あと、この「バン・ボ・ボン」の「ボン」はスポンサーの「ボンカレー」から取ったものなんでしょうか?どなたかが書かれてましたけれど、“bon”はイタリア語以外でもフランス語でも「よい」っていう意味です。“Bonjour”=「よい日」=「こんにちは」です。もっともロマンス諸語(イタリア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など)ではみんな“bon”は「よい」って意味ですけれど。

2007/05/26(土) 23:30:45 | URL | espoir
横から
すみません。
espoir さん、こんにちは。

はずむボールが夢をえがく
あしたの太陽・・・

あしたの太陽を夢みるのだから、
オッケーだと思いますよ!
(いい加減な解説・・・)

確かにスパイクとアタックは
同じようですよね。
こずえちゃんはいつも
『アタック!』と言いながら
スパイク(?)してましたけど。
みどりはいつも
『こずえーー』と叫んでましたネ。
順番的に、
敵がサーブ→味方レシーブ、トス、
そして、ジャンプしてスパイク
なので、順番はあってると思います。
攻撃の名前は忘れちゃいましたが、
みどりが直接こずえに横方面に
スパイクをして、威力全開に
なったボールをこずえが敵に
アタックするってのが
あったかと・・・。
そうすると辻褄があうのでは??

ワタクシはバレーボールは知らない
ですし、推測ですので。
もしかして、スパイクとアタックの
違いがあるのかもしれませんね。


2007/05/26(土) 23:52:54 | URL | くりお
あってましたか!
くりおさん、こんばんは。

そっか~、あってましたか!何かスッキリしましたよ!ありがとうございます!

私は中学時代バレー部でしたが、時に区別してなかったんです。ただ、弱小チームでしたから、ちゃんとした知識をお持ちの方に伺ってみたかったんです。

もしかして、スパイクはジャンプしてボールを打つことで、それは決まっても決まらなくてもいいことで、アタックはそれでサーブ権が取れたり(当時のルールです、今と違います)、サーブ権があればポイントになったりすることのことでしょうか?

「スパイク練習」とは言っても「アタック練習」とは絶対言いませんでしたけれど、「エースアタッカー」と言っても「エーススパイカー」とは絶対言いませんしねえ……。Uum...
2007/05/27(日) 00:02:43 | URL | espoir
お持ちでないですーーー
ちゃんとした知識をお持ちの方に伺ってみたかったんです。

すみません!ワタクシは、ちゃんとした知識は持ってませんので、
持っている方の証言を待ってみてくださいペコリ。
2007/05/27(日) 00:11:21 | URL | くりお
私もお持ちではありませんが(笑)
espoirさま、くりおさま、こんばんは。
こんなサイトがありますので、ご参考にされてはいかがでしょうか?
「アニメソングの歌詞ならここにおまかせ?」
http://www.jtw.zaq.ne.jp/animesong/index.html

2007/05/27(日) 01:13:58 | URL | オンデン1970
● 桃さん
この桃さんはももさんからmomoさんに改名したmomoさんとは別の桃さんです。
八木沢三姉妹ってそんな扱いされてたんですか(苦笑)。
三人ともプレイさせたままだと全日本メンバーの顔ぶれが少なくなるという、
非常にいやらしい制作都合が偲ばれます(苦笑)。


● espoirさん
ワタクシは、バン・ボ・ボンというのは弾む音だと解釈してました。
でも、たしかにボンカレーともかけている可能性高いです。
これは新発見でしたね。
明日の太陽は疑問に思った事ありませんでしたが、
あらためて歌詞を考察するに、太陽をボールに見立ててるんでしょう。
夢を描いて、明日の太陽をバンボボンとスパイクしよう、
空駆ける希望を持とうという感じですかね。
スパイクというのはバレーボール用語で、普通にスパイクですよね。
アタックは攻撃の意の一般語ですから、特にスパイクの場合に限らないと思います。
作中では、たしかにスパイクの時に「アタ~ック!」って言ってましたけどね。


● くりおさん
たしかに、こずえはいつも「アタ~ック!」と言いながらスパイクしてました。
でも、「みどり~」ってかけ声も普通にかけてましたよね。
その攻撃はダブルスパイクって言うんでしたっけ?
なかなか面白いワザが多かったです。
サインはVよりはるかに好きでした。


● オンデンさん
フォローどうもです。
アニソンは歌詞本も多く出てますし、調べようはいくらでも有るので、
有名作品の歌詞については各自で調べるようにして戴きたいです。
オークションで歌詞本もけっこう安く入手できます。
昨今、著作権問題もシビアになってきておりますのでね。
2007/05/27(日) 03:00:45 | URL | ごいんきょ
ナイスな解説
ごいんきょさん、あしたの太陽の解説すばらしいです!

歌詞調べの件、わたくしも肝にめいじます。でも、ついつい、どうだったかなーと聞いちゃうんですよね。ここにいらっしゃる方はお詳しい方が多いので・・・。

で、まだ出てきていない印象に残る相手チームは、コンピュータを使ってこずえたちの攻撃を読んで、そのコンピュータがはじき出した位置にすばやく移動して対策するって攻撃でした。試合の途中で、白玉か黒玉のコンピュータ画面がヒューヒューと動く画面が頻繁にうつってました。結局、通常こずえやみどりがスパイクするのが常道ですが、石松たちらバックが攻撃するっていう方法で、コンピュータの予想を裏切るっていう作戦で、人間のほうが勝つっていう結末だったと思います。

ものすごい大げさなコンピュータ室があった高校でした。まあ昔はあれが普通だったんですけどね。

今はどうなんでしょうね。試合にコンピュータ使ってます???せいぜい、相手チームの個々の部員のデータくらいだと思いますが。
2007/05/27(日) 21:05:39 | URL | くりお
コンピューター
この時期のレトロなコンピューターの描き方はその前のタツノコだがマッハにもあった

恐らく裏の元祖ウルトラマンに対抗しての事として三船剛への妨害としては大々的な手としてエジプトのファラオがモチーフの巨大ロボが立ちはだかり一寸法師のように内部へともぐりこみ退治したとのあらすじなれどその内部の描き方がこの作品のそれよりも原始的で何と打ち明けはコンピューター操作とされる作業をしている操者で埋め尽くされていたものであった
意図的な関連性はゼロであろうが裏が強いのでそれはもしかしてとも思う
後早合点して一喝したかも知れずゴメン
2007/05/27(日) 22:37:38 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
全日本の大沼キャプテン
コンピュータでこずえ達の動きを全部インプットして分析するの、私も覚えてます。しかしその続きがどうなったかまでは忘れました。

たしか一目につかないぼろっちい建物の2階に当時最新鋭のコンピュータがあったところまでは覚えてます。

くりおさん、凄い記憶力ですね。まさにコンピュータ並!

ところでまだ出てきてないキャラでこずえが入った時の全日本のキャプテンは大沼さん(下の名前忘れました)でしたよね。猪熊監督ほど強烈なキャラじゃなかったんですけれど、その美貌は個人的に好きでしたね。

こずえは富士見高校では背番号1でしたけれど、たしか全日本ではこの人が1番で、こずえは2番じゃなかったでしょうか?

あと、今にして思えばこの大沼キャプテンのモデルは、ひょっとして東洋の魔女の生沼スミエさんだったのではないかという疑問がふと浮かびました。もっとも私は実際の東洋の魔女を観た記憶が全然ないので、よく分かりませんが……。
2007/05/28(月) 00:08:15 | URL | espoir
● くりおさん
あ。キマリました?
じゃあもう一度。

空駆ける希望を持とうという感じですかね。

しつこいか(笑)。
歌詞については、記憶で適当に書くのは良いと思うんですよ。
でも、それに対して調べて正確な全歌詞を教える人が出てくると、
ワタクシの規範でもちょいとかすってきちゃいますね。

コンピューターチームって有ったかな。
ワタクシはその話で、野球漫画キャプテンの金成中学を思い出しましたが(笑)。
石松ってのもいたなあ、そう言えば。親分親分こずえを呼んでた。
あの時代のコンピューターはデカイですよ。
ルパンにも、更に前のピュンピュン丸にも出てきます。
バレーはどうか知りませんが、野球ではコンピューター凄いですよ。
でも、実技するのはあくまで人間ですからね。


● ガッツさん
マッハGoでも出てましたか。
たしかサイボーグ009とかレインボー戦隊ロビンにも出てたような。
けっこう昔からコンピューターの描写は有りますね。
一喝というのはハッチスレね。たしかに早合点と言うか勘違いでしたね(笑)。


● espoirさん
大沼さんって言ったんでしたっけ?
さすがにそこまでは覚えてませんが、いました。
名前だけは生沼さんから取ったのかもしれないですね。
2007/05/28(月) 05:15:41 | URL | ごいんきょ
↑ワタクシの文中で
『ものすごい大げさなコンピュータ室があった高校でした。まあ昔はあれが普通だったんですけどね』

というのがありますが、どこの高校にもコンピュータ室があるのが普通だったという意味ではありませんネ・念のため・・・。

オイラは数年前にテレビさいたまで再放送したのをちょこちょこみてましたので、それの記憶がかなりです。それにしちゃあんまし覚えてないってのが正解ですね。

で、確か、石松とおさげの子がスパイにいって、結局見つかって、そのコンピュータ室に『見たければ見るがよい』と案内されて、『親分、とんでもない相手だ!』と報告したんだと思います。

ああーーこう書いていると、もう一回みたいですねーー。

大沼キャプテンの下の名前はみゆきです。顔はあんまり覚えてないですが、声はおんぶおばけのおんぶうや、みなしごハッチのハッチでおなじみ(?)栗葉子さんでした。
美人度ではやはり三条みちるといい勝負??

アタックNO1の紙芝居、こどもの頃、近所の子にもらったのですが、猪熊コーチがひげを落としてグラサンを取った姿を、みどりが『コーチ、まんざらでもないわね』とたたえてました。まんざら、という響きがこども心に残ってます。
(レコードもついていて、声優はテレビと一緒)男性イケメンは本郷コーチより猪熊コーチ??
2007/05/28(月) 14:43:16 | URL | くりお
ゴーゴーで不良!?
大沼みゆき!くりおさん、凄いです!

へぇ~、猪熊コーチ、トレードマークの髭とグラサン取っちゃったことあるんですか!?そりゃ素顔見てみたな~。

アタックNO1の紙芝居、私の妹が買ってもらったのを一緒に見てました(ちなみに私のはウルトラマン)。その中にたしか鮎原こずえがゴーゴー(ディスコじゃありませんぜ、へっへっ)に行ったのがバレて「中学生のくせにゴーゴーを踊りに行くなんて不良よ」なんて同級生から言われるシーンがありましたっけ。

当時はゴーゴー行ったりエレキギター持ってただけで不良って言われた時代ですからね。時代感じますね、やっぱ。


2007/05/28(月) 23:20:32 | URL | espoir
● くりおさん
ああ、スパイに行って案内されてましたね。
猪熊コーチって髭を落とした事ないですよね?
紙芝居オリジナル?
だとしたら現存すればかなりのお宝モノですな。

>みどりが『コーチ、まんざらでもないわね』
言いそう(笑)。


● espoirさん
あら。ここにも紙芝居をご覧の方が。
その話は多分、最初の頃の話ですね。
中学生女子がゴーゴー喫茶に行けば不良でしょう(笑)。
2007/05/29(火) 05:07:32 | URL | ごいんきょ
今なら第一回から
ここで話してしまっていいかなあ。

ごいんきょさん趣旨に合わなかったら、消してください。

ひさしぶりにGYAOみてみたら
今なら初回からやってますよ。
コンピュータチームや八木沢三姉妹
キャプテン大沼さんもこれからです。

OPはこのころは歌い方違いますね。

2008/03/06(木) 11:01:25 | URL | くりお
何を遠慮しているのかサッパリわかりませんが(笑)、
どうせ削除覚悟で書くならもう少し詳しく書いて欲しかったです。
GyaoというからCSなら見られると喜んだんですが、どうも違うようですね。
ネットですか?
それじゃ保存もできないからワタクシは興味ないです(笑)。
見たい方のために閲覧方法を書いて欲しいですね。
2008/03/06(木) 18:25:45 | URL | ごいんきょ
いやすみません・・・
昭和の思い出っていうことで、
いまさら新規にみてどうするの?とか思われるかななど、
余計なこと考えてしまいました。

で、URL載せますので、ここから
昭和テレビだったかな?
とにかく昭和ってところをクリックすると、
下のほうにいろいろアニメやドラマや音楽がでてきます。
そこにアタックNO1の絵もありますので、
そこをクリックすると無料でみられます。

最初に、メルアドや名前など登録しなくちゃならないですが、
そんな難しくありません。

企業CMも入るので全部無料です。
(宣伝じゃないですけどね)

今第4回までみられるかな。
1.2回は8日までみたいですので、
みたいかたはどうぞ。

って、こんなふうでよろしいでしょうか、ごいんきょさんm(__)m
2008/03/06(木) 20:03:34 | URL | くりお
ちなみに他に
今同時にやっているのは
月光仮面
怪傑ハリマオ
光速エスパー
新造人間キャシャーン
などです。

時間は24時間みたいときにみられます。
録画は・・・ワタクシの技術ではできないし、
できないようになってるんじゃないでしょうか?
詳しくないんでわかりませんが。
2008/03/06(木) 20:15:22 | URL | くりお
なるほどぉ、これが噂のGYAOですか。
アドレスはこちらを紹介した方がここ向きですね。
http://www.gyao.jp/showa/

ギャオ昭和TV。
ここのパクリみたいな名前。
って、普通の感覚でダブるっつーねん(笑)。
企業CMをつけた無料ネット放送がついに実現してますか。
まだ試行段階でしょうけどね。
それにしてもワタクシは光で見ておりますが、
それでもバッファリングでけっこう中断してしまいますね。
光なんて名前だけは物凄いですけど、速度は過大に期待するとハズレます。
それでもこれだけの大画面動画を当たり前に見られる時代がこれほど早く来るとは、
ほんの7,8年前には想像してませんでしたね。
お金持ちだけが味わう特権だとばかり想像してましたが、
かく言うワタクシはちっとも金持ちになってないし(苦笑)。

サントリー。
このブログでもしばしば名前を出している企業で、
昭和TVのスポンサーにふさわしいと思いますが、
もう数社のCMが入れ替わりで流されないと、
逆効果になってしまう懸念も有りますね。
なんとか次の段階へ進んで欲しい形態です。
2008/03/07(金) 00:36:20 | URL | ごいんきょ
コンピュータ対決
ごいんきょさん、こんにちは。
半年ぶり以上の登場です。
↑このコンピュータ東南学園の話、
まさに今週GYAOでやってます。
仕事で忙しいとたまに2話くらい抜けてしまって
いたのですが、欠かさずみるようにしてました。
石松らが偵察にいく場面はなかったか、
見逃していたか、まだやってないのかな。
こずえが拉致されたらしいですが、
それは見逃したのでもうやってしまったかも
しれません。
八木沢姉妹のかおりに案内されて、
体育館のような秘密の練習場所に
こずえだけ行ってました。
天井にミラーボールのようなものが
釣り下がっていて、そこから矢印や
○、×が床に映し出されて、
そのとおりにメンバーが動くというものでした。
見たい方は来週水曜までやってます(宣伝じゃないですが)


レビューをみるとやはりオイラと同類の男性が多くいろんなツッコミを
いれてるようなので、
それも興味深いですが、リアルタイムで
みてた人は半分くらいでしょうか。
あとははじめてみたとかいう・・・
ありえねえー話とか言ってますが、
あんたそりゃ40年も前の話、今
通用するほうがおかしいしねえ・・・。
大体マンガなんだし。

それにしても、アタック・・にでてくる
女性は美人が多すぎ!石松でさえかわいく
みえちゃうワタシっておかしいか!?

2008/11/20(木) 23:25:04 | URL | くりお
わしづなつえ
不覚にもこの記事をまだ読んでおりませんでした。そして開けてびっくり、小鳩くるみの名前が書かれていました! アタックNo.1 は本放送の初めの数回を見ただけで、鮎原こずえの声が小鳩くるみだったことも今日まで知らずにいました。

小鳩くるみこと鷲津なつえは、今までずっと「おかあさんといっしょ」の「うたのおねえさん」だと思っていたんですが、WIKI によると昭和48年から49年の一年間。私は中学生でしたから「おかあさんといっしょ」を夢中になって見ていたとも思えません。もっと昔、昭和40年代の初めごろに「鷲津なつえ」の名で、NHKの子ども向け番組(タイトルはわかりませんが)で歌っていたような気がするんですが、その辺は WIKI にも出ていません。
毎回、「鷲津」に「わしづ」とルビが振ってありました。
私の頭の中では、まず「鷲津なつえ」があり(歌声が大好きでした)、その後「小鳩くるみ」になったら TV で見かけなくなり残念、そういう感じでした。

私はてっきり、子ども向け童謡歌手の頃は「鷲津なつえ」だったのが、幅広い活動を始めるに当たり、字面と響き・イメージを考えて「小鳩くるみ」に変えた、とばかり、今日まで思いこんでいました。
「鷲」を「小鳩」に変えて、「なつえ」→「ナッツ」→「くるみ」に変えたのではないかと想像しています。
2008/11/22(土) 02:58:15 | URL | あぶもんもん
● くりおさん
半年ぶりですか。
ワタクシ自身が数ヶ月ほっぽらかしてたので、そんな感じがしませんね(笑)。
話を聞いてるだけで面白そうですね。
漫画にありえねーとか言ってもはじまらないと思います。
ドラえもんなんか存在価値なくなるでしょ(苦笑)。
まあ、ありえねーというツッコミで楽しんでるんでしょう。


● あぶさん
NHK時代も小鳩くるみ名義での活動だったと思うんですがねえ?
ウィキペディアによれば、わしづなつえ名義でアフタヌーンショーもやっていたようですが。
NHK時代、おかあさんといっしょとか、他の知育番組でよく歌ってましたよね。
昭和48年より前からおかあさんといっしょに出ていたと思います。
小鳩くるみ名義だったと思いますよ。
2008/11/22(土) 07:14:06 | URL | ごいんきょ
記憶違いの虞れ大いにありで、それにまたしつこいようですが、就学前か小学校低学年の私は、なんか近所にもいそうな親しみの持てる名前の「わしづなつえ」おねえさんが好きでした。その後、母が「わしづなつえちゃん、最近『小鳩くるみ』に名前を変えて出てるんだって」と言うのを聞き、なんだかスターみたいな名前だなあ、と思った覚えがあります。
歌うときの笑顔と、張りのある明るい声が好きでした。「インディアンが通る」とか「ねーこの目、ねーこの目、ねーこの目、三つ」とか。「ビビディ・バビディ・ブー」も今頭に浮かんだんですが、版権もの(^^)は歌ってなかったかしら。
2008/12/06(土) 01:42:13 | URL | あぶもんもん
紙芝居
アタックNO1、リアル世代ですね。
よくビーチボールでシェレーミナや八木沢三姉妹ごっこしましたよ。
うなみもおかぁはんにクリスマスに買ってもらって繰り返しソノシートをかけながらみましたよ。印象的な台詞はバレーボールの練習でくたくたになったこずえが授業中居眠りをしてかみなり先生に怒られたにも関わらず中間テストで1位を取る件のナカがいった「いねむりしてても100点取れるなんて天才ね」と言う言葉。子供心にすご~いと尊敬しました。
あと、アニメの何話かに破傷風の血清を取りに行く話ってありませんでしたっけ。ずーっと気になっているのですよ。
2008/12/06(土) 23:45:35 | URL | 南 うなみ
それは今やってます
南 うなみさんこんにちは。
その話は多分今現在GYAOで放映中です。
マイティなんとかって族が山の中を
走って危機一髪間に合うとか。
みれる環境ならご覧になってください。
(実はおいらもまだみてませんが)
水曜日くらいまでやってると思います。

シェレーミナ?はシェレーニナじゃなかったでしょうか??
おいらの聞き違い???
2008/12/07(日) 20:06:44 | URL | くりお
聞き違い
30年以上ずーっとシェレーミナやとおもてました。
破傷風のくだりやっぱりあったんや。GYAOは見られる環境ではないので確認はできませんが…残念
2008/12/07(日) 21:42:31 | URL | 南 うなみ
マイティシックス
まだおいらもみてないのではっきりは言えませんが・・・

マイティシックスっていう族(レディース?)とバレーの試合をしたり、
破傷風にかかった原因はわかりませんが、
そのマイティのマヤって娘が
嵐の中?をバイクでとばして
血清をとりにいくっていう話だったと
思います。
巨人の星にもそんなのがあったかな。
あれはマヤじゃなくてミナさん?
破傷風は当時のはやり?
思えば白血病もかなりドラマ、マンガの世界でおみかけしました。
近頃では金八先生の息子も(もちろんドラマの息子)かかってました。

きょうサザエさんを何気なくみてて、
八木沢三姉妹のカオリ(長女)の声って
もしかして花沢さんの声?
なぜかカツラとシズカの声はかわいいのに、
カオリはちょっと・・・とずっと
思ってました(失礼!)
2008/12/08(月) 00:03:50 | URL | くりお
● あぶさん
ああ、小鳩くるみ名義の前にわしづなつえ名義でNHKに出てたんですね。
小鳩くるみ名義で出ていたのは資料で確認しているのですが。

● うなみさん
カミナリ先生ってのも懐かしいフレーズだなあ(笑)。
昭和漫画によく使われたキャラですね。
そして血清の話(笑)。
これまた、本当は歩けるのに歩こうとしない子供の話と共に、
昭和時代に何度も何度も使い回されていたシチュエーションでした。
アールエッチマイナス(笑)。

● くりおさん
GYAOには期待していたし、株価も爆下げ中だったので買ったんですよ、たった100株ですが。
なんか無料配信で身銭切らせてるようなのも気が引けたし。
そしたらUSENの野郎、GYAOを完全別会社にしてしまいにおなりやがった。
まあ、パチンコですったと思える程度の金で済んで良かったですが。

そうそう。
ワタクシも巨人の星でも有った気がしたんですが、
どうも同じ東京ムービーの絵なんで、記憶の混同かもしれないです。
2008/12/08(月) 00:33:50 | URL | ごいんきょ
八木沢三姉妹
本放送も再放送もずっと見てました。そして何度目かの再放送は娘と一緒に見てました。そしてこの娘もやっぱり鮎原こずえのとりこになりました。特に気に入ったのは八木沢三姉妹の末っ子さんです。やっぱり再起不能になるシチュエーションに同情しちゃったんでしょうね。それとやっぱりシェレーニナ。十字トスは良かった。
2008/12/30(火) 19:01:44 | URL | 心は少年
十次トスも懐かしいなあ(笑)。
意味無くマネしたくなりますよね(笑)。
親子二代で楽しめるというのは素敵です。
2008/12/31(水) 13:23:18 | URL | ごいんきょ
ルール無用のスポ根マンガ
はまって見てました。後に大学時代、コンパのたびに「懐漫(なつまん)」と称して、昔のテレビ主題歌を歌い続けるのですが、「アタックNO1」はあのセリフが入るので、歌うのがこっぱずかしかったですね。
さて、戻って、このマンガがオンエアされていたころ私は、男子バレー部に所属していたので、喜んでみていた番組でしたが、「???」をよく感じていました。
「十字トス、ドリブルだよな」
「サーブ打った奴が、なんでアタック、打ってんだよ(当時、まだバックアタックは開発されてなかったため)」
「セッター誰よ?(こずえが上げたり、みどりが上げたり、めちゃくちゃ)」などなど。
「巨人の星」も野球の常識が通じませんでしたが、当時のスポ根は大なり小なり、似たところがありました。それからすると「ミュンヘンへの道」は画期的なアニメでしたね。
マンガ版は確か、こずえが全日本に入るんですけど、子宮がんになって、比較的早期で、命は助かるですけど、子宮全摘で、子供を産めない身体になっちゃうんですよね。で、父さん、母さん、影で涙するんですけど、でも、こずえは病魔に打ち勝ち、バレーボールにその後も打ちこむんですよね。確か。
2014/07/13(日) 20:38:10 | URL | みのモンタナ
十次トスがドリブルかというと、審判の判定次第というか、
やり方が本当に上手ければ成り立つかと思うのですが。
戦略的な事もね、敵の裏をかいていると解釈すれば付いていけます(笑)。

ミュンヘンへの道はドキュメンタリーで、実在の選手達を描いてましたからね。

少女漫画も非常に安っぽい泣かせ要素が嫌いです。
べつに産めない体にする必然性無いじゃないですか。
バレーボールに対する偏見すら生むし。
最低です。
2014/07/26(土) 06:57:31 | URL | ごいんきょ
激しく同意
ほんと、そうですよね。
マンガで、こずえが子供産めない話になったとき、「えっ、えっ、えっ」と思いましたし、病室のベッドの上で気丈にふるまう姿を見て、なんか違うなって思ってたんですよ。
テレビがそんな話にならなかったんでよかったんですけど。
2014/07/30(水) 23:27:09 | URL | みのモンタナ
東洋の魔女が回転レシーブとか編み出した時、子供を産めない体になるって批判、懸念があったかと思います。
おそらく、その頃の偏見が根強かったのでしょうけど。
激しい運動をすると、子供を産めなくなる確率が上がるんでしょうか。
それならば、どんどん啓蒙すべきと思いますけど。
青春期に運動ばかりしていると、結婚できなくなる可能性は高まるのかな。
べつに三屋さんとか大林さんがどうこうではなく(笑)。

根本は、さしてそのスポーツを好きでもない人が描いてるからのような気がします。
スポ根ブームって、そういう意味では弊害もかなり多かったと思いますね。
野球で言えば、ワタクシは水島新司さんの「野球狂の詩(初期)」とか、ちばあきおさんとかが出てきて、
かなりホッとしましたもの。
あの人たちは本当に野球を好きな人たちだったから、
野球を楽しくないものとは絶対に描いてませんね。
2014/08/03(日) 10:26:29 | URL | ごいんきょ
またまた同意
おっしゃるとおりですね。「漫画家がそのスポーツ」をよく知らないで描いている」これにつきるんですね。三位一体攻撃だって、バックアタックのない時代ですから、三姉妹がそろって前衛になるのは1ポジションだけなわけで。勝つこと考えたら、当然、対角とライトにいれるべきですからね。
これは、「サインはV」のX攻撃にも言えることですね。ユミとジュンは当然エース対角におくのが常道です。
「スマッシュを決めろ」(テレビでは「コートにかける青春」)も今考えると、ローリングフラッシュとか、むちゃくちゃでしたね。「巨人の星」もひどかったけど、魔球にはすべて(強引とも思える)論理性があり、本当にできるんじゃないかと思わせるところがあったので、少しレベルが高い漫画といえるか? でも、そのスポーツを知らずに描いてたんでしょうね。
その対局をなすのが「エースをねらえ」ですね。まったく荒唐無稽SF要素を完全に廃したすばらしい等身大の漫画でしたね。これは、後の「キャプテン」「プレイボール」にも言えることですね。描き手がそのスポーツを愛しているんですね。
だから、「野球狂の詩」(コミック3巻あたりから11巻位まで、水原が登場する前まで)は私にとって最高の野球漫画です。まさに珠玉の名作とはこの漫画を形容するするための言葉ではないかと思ってます。「アタックNO1」からみごとにそれました。
2014/08/24(日) 10:54:15 | URL | みのモンタナ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
上戸彩主演「エースをねらえ!」に続く“スポ根アニメ”のドラマ化第2弾『アタックNo.1 』関連トラックバック受付チュー♪4月始まり 新ドラマ コレが見たい!! 人気 投票 ランキングも開催中!
2005/03/26(土) 01:55:57 | トラックバック☆パラダイス
adidasのボール! タイ製 やってますね、アタックNo.1。鮎原こずえ役の上戸彩はヘアスタイルを忠実に再現するあまりおデコ全開(byドリカム)です。早川みどり役の酒井彩名はヘアスタイルも含めアニメのイメージに近いですね。遠野凪子もおいしい役どころ。「エース
2005/06/07(火) 18:02:51 | ★ママさんバレー★コーチの戦術的独り言
アタックno.1 dvd 富士見中学での鮎原こずえのあらすじ 東京の名門中学から転校してきた鮎原こずえは、劣等生ばかりで即席バレー部を作り、レギュラーチームを負かしてしまった。 こずえはキャプテンに推薦され、劣等生グループも正式に入部した。 しかし、その後
2006/11/03(金) 23:12:19 | アタックno.1のdvdはここが安い、アタック no.1をdvdで見よう。
フジテレビ系列 1969年12月7日~1971年11月28日 全104話姉と従姉が見ていた関係で、おぃちゃんも強制的に見させられていました。従姉はこれと『サインはV』の影響で小学生から高校まで...
2007/02/15(木) 02:58:05 | のすたるじっく動画館
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ