私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



歌のグランドショー (1964)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、NHKの公開歌謡ショーを振り返る、この番組です。






既にNHKもかなりのカラー番組を手掛けており、
この番組も第一回からカラー放送でした。
が、おそらくカラーで見ていた家庭は少なかったと思います。
毎週日曜夜7時台という、超特別激戦区の番組。
それはこの番組開始当時でもそうで、日本テレビ「3ばか大将」、
TBS「ポパイ」、フジテレビ「ジェミーの冒険旅行」、
NET「歌のタイトルマッチ」と、フジがやや弱い以外、
どれもテレビ史に残る人気番組でありました。

これを向こうに回しても、当時のNHKブランドは絶大的で、
開始当初こそ視聴率15%前後だったものの、
わりとすぐに30%当たり前という人気番組となりました。
NHKホールで水曜日に公開収録しておりましたが、
この入場申し込みの倍率は5倍以上と、当時のNHKでも最高人気。
遠方からも希望が来た夏休みには、競争率は10倍になったといいます。
当初の固定出演者は、倍賞千恵子に金井克子、アントニオ古賀でした。
毎週の出演者は主としてその時々の人気歌手でしたが、
しばらくすると懐メロブームの影響も有ってか、往年の人気歌手も出演。

カラー放送の黎明期とも言える頃のショー番組とあって、
制作の舞台裏はなかなか大変な事情。
月曜日から丸々三日間の仕込みを必要としておりました。
歌に踊りにと絢爛豪華なショー番組でしたので、
大阪の西野バレエ団から一番弟子という触れ込みで、金井克子が抜擢されました。
同時期、日本テレビ『11PM』でも同団所属の由美かおるが話題に。
更に原田糸子らも輩出し、しばらくこの団が注目されてました。

大変な人気番組でしたが、超特級激戦区だけに民放側も全力で来ていて、
昭和40年代に入るとTBSで不二家・藤子のフジフジ路線が始まったり、
NETでは『歌のタイトルマッチ』が『スターものまね大合戦』となり、
これまた地道な人気を博したりと、この番組も苦戦するようになっていたのでしょう。
特に『オバケのQ太郎』を始めとした不二家枠は、視聴率30%を超える大人気でしたから。
また、歌に踊りにという大人数を動員した大掛かりな作り方が、
長期化されてくるといろいろとやり辛くなっていた面も有るんでしょう。
更に、『若い季節』終了による二階建て効果が無くなったのも大きいでしょう。

丸4年というのは音楽番組としては長い方と言えますが、
初期の人気を考えると意外に早く終わっているなという感じもします。
末期の昭和42年にもなると、漫才師を招いたりと様々な趣向を凝らしており、
やや焦りが有ったようにも感じられます。番組の雰囲気に合っていたかどうか。
最末期の昭和43年3月前後には、次の固定出演者をダーク・ダックスと伊東ゆかりにして、
番組の雰囲気をアット・ホームなものに変えると一部で報道されました。
結局、これは次番組『歌の祭典』として実現するわけですが、
本当にギリギリまで、この番組を終わらせるかどうかの逡巡が有ったのでしょう。
放送番組向上委員会という訳の分からない所が選んだ推奨番組にも入った、
いかにもNHKならではの良質音楽ショーは、こうして終わったのでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
実はこの番組にも地味な前身があるんですよね。
「こよい歌えば」という、やはり日曜の19時台に放送されていたオードソックスな歌謡ショー番組でして、放送期間は昭和37年〜39年まで。「歌の広場」や「花の星座」の後継扱いとして、初年度は伊東正和、2年目は宮田輝を司会に立てて放送されていたみたいです。

なぜ、「歌のグランドショー」に39年春改編というタイミングで衣替えされたのか、と考えて見ますと、やはり、この年秋に控えていた東京五輪中継を見据えた改編だったのではないか?という気もしなくはないんですよね。

もっともこの番組は、五輪中継の拠点として竣工された渋谷の放送センターからではなく、旧来の内幸町の放送会館からの公開放送という形でしたが、五輪を機に”カラーテレビ時代”が本格化することが誰の眼にも明らかになっていた中でもあったので、恐らくは、カラー化時代に見合った豪華絢爛のレビューショーを・・・・という考えがきっとあったはずで、それがこの番組の誕生の端緒だったのではないかと。
アナウンサーではなく歌手にホスト・ホステス役を任せたというのもその一環なんでしょうね。
2014/08/01(金) 00:04:58 | URL | (ハンドル未記入)
『歌の広場』『花の星座』も、きっといつかは扱うと思いますけどね。

司会者としてアナウンサーが出てたのですか?
それはNHK年鑑にも載ってないです。

オリンピックに合わせてアメリカに負けない豪華なショー番組を、
というのは、きっと有ったでしょうね。
そんな番組が40%超の視聴率を獲得していたのだから、テレビも正に黄金期でした。
2014/08/03(日) 11:00:57 | URL | ごいんきょ
アナウンサーはこの番組では司会に起用されてないですね。

確か「歌のグランドステージ」(昭和46年〜47年)まではこの系統の番組はアナウンサーではなくタレント(主に歌手)司会が続いていましたよね。
「歌の祭典」は伊東ゆかり・ダークの後は谷啓・森山良子、「歌のグランドステージ」は菅原洋一・由紀さおりのコンビで繋いだ後、火曜20時の枠へ移動して、山川アナ司会の「歌謡グランドショー」に改編された・・・という流れでしたっけ。

由紀さおりさんは相当早い段階から紅白の紅組司会者の有力候補に挙がっていたという話は合田さんの著書でも確認済みですが、確かに46年辺りから司会者・タレントとしての活躍が顕著になってきてますね。民放でも47年頃から「ゴールデン歌謡速報」なんていう番組の司会を小林大輔さんや井上順ちゃんとやってたし、「サウンド・イン・S」も短期リリーフですが彼女がメインホステスの時代があったようですし。
2014/08/06(水) 03:50:20 | URL | (ハンドル未記入)
ああ、「こよい歌えば」に関してでしたね。
読み違いました。

NHKの歌番組も結構あるなあ。
しかも、あまり区別が付かない(笑)。
2014/08/07(木) 20:42:25 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ