私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



忍びの者 (1964)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、忍者ブームの一つの完成型を振り返る、この番組です。






昭和37年に大映が山本薩夫監督で映画化し、忍者映画としては非常に珍しく大当たり。
市川雷蔵が石川五右衛門を演じ、その後も何本か制作される事となります。
テレビ版が始まったのは、その雷蔵による石川五右衛門を主役とした系統が一段落後、
昭和39年になってでありました。
制作は、東映京都。山城新伍、里見浩太朗、高田浩吉、東千代之介といった、
東映としてみればスタア級の役者を次々と投入したのには、
映画側がテレビを目の仇にしてきたのは誤りだったという認識が、遂に出てきた事に拠ります。
大映のテレビ室の方が『人間の条件』『図々しい奴』『赤いダイヤ』と、
それまでの弱小会社が作ってきたものから数段格上のテレビ映画制作でヒットを連発した事が、
局側にも映画会社側にも、大きな意識変革をもたらしました。

また、テレビという媒体の力が急速に映画を凌駕しつつある事を、
誰人も否定する事が出来なくなってきてもおりました。
プロデューサー上月信二、監督河野寿一、脚本結束信二という、
その後NET系でヒットを連発させる黄金トリオがここに揃い、
東映京都のテレビ時代劇での進撃が始まるのです。
NET・東映京都ですぐ後に時代劇俳優として成功する、
栗塚旭や左右田一平なども、この番組から始まっております。
肝心要の主役は、品川隆二。
これまたすぐ後に『素浪人月影兵庫』で焼津の半次役も大当たりした彼の、
最初の成功作と言って良いでしょう。

月影兵庫での剽軽な感じとは正反対の、非常に本格的というか、
写実的な雰囲気を持った作品世界に於いて、品川は石川五右衛門役を好演。
当初は一部13回二部13回の都合26回放送予定でしたが、
非常に好評だったために丸一年、52回の放送となりました。
伝承の一つである、五右衛門は百地三太夫の下での伊賀忍者を出自とする見方を元にし、
下忍として織田信長の行動監視で岐阜城に忍び込むところから描写。
第三回から豪商・今井宗久に扮して高田浩吉がテレビ映画初出演を果たしました。
五右衛門がそうした堺の豪商たちを探っている間に、火薬師である彼の父、
六無斎が爆死してしまい、五右衛門はその死に些かの疑問を抱いたのでした。

そうして、史実通りに釜茹でにされるまで、石川五右衛門の生涯を描きました。
その描かれ方は、しばしば批判を向けられるほど、当時としては扇情的。
内容から殺しの場面は非常に多いのですが、その内容が残虐として、
また、どこまで映していたか、今の眼では大した事はないのでしょうが、
女性が裸になったりと、そちら方面でも。
子供も見られるまだ夜の8時台の番組というのも、そうした批判を加熱させました。
そのように、忍者ものではあっても決してお子様向けではなく、
写実的な雰囲気を持たせた作りで、新しい感覚である事は誰もが認めておりました。
テレビでは『隠密剣士』に始まっていた一大忍者ブームは、
この写実的『忍びの者』の終了をもって、一つの区切りとなったと言えましょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
忍びの者
 はじめまして。昭和30年生まれの男性です。「忍びの者」は、忍者ブームまっただ中に放送された番組で、老舗の東映京都が製作。本格的な作品とあって、小学生だった私はその第一回を期待を込めて見たものです。ところが、なんたることか、第一話は、私にどえらいトラウマを与えてくれたのです。曽根晴美さん演じる五右衛門の仲間が、天井裏で負傷して動けなくなる。もはやこれまで、といった感じで曽根さんは持っていた手裏剣で自分の顔を切り刻むのです。その演出がまあすごいのなんの。血まみれの顔を苦痛にゆがめる迫真の演技がエンエンと続くのであります。忍者は捕えられた場合、自害するのですが、その際、顔を分からないようにつぶさねばならないという厳しい掟があるのでしょうね。ことほどさように、リアルな時代劇でした。もっと評価されてもよいと思いますが。
2014/08/26(火) 14:39:43 | URL | キンちゃん
はじめまして。
よく配役までご記憶で。
忍者が自害する時に顔を切り刻むという表現はその後もよく使われましたが、
元祖はこの番組なんですかねー。
たしかに、当時のテレビではかなり刺激が強かったと思うんですよね。

『忍びの者』は、当時の人気の割りに何故かまったく振り返られませんね。
東映チャンネルで早く放送して欲しいです。
2014/08/30(土) 06:14:38 | URL | ごいんきょ
TV版 忍びの者
小生、還暦を遙かに過ぎた時代劇オタクです。リアルタイムでTV版「忍びの者」を視聴していました。品川隆二のシリアスな演技にのめりこみました。確か百地三太夫と、藤林長門守の同一人物役は、原健策(映画では伊藤雄之助)でした。また、服部半蔵役で東千代之介が扮していました。
石川五右衛門の身代わりで釜茹での刑で処刑される場面は圧巻でした。(配役は確か飯沼慧)
今後は、こんな時代劇は制作されないでしょうね。
2014/11/19(水) 22:54:33 | URL | ピノキオ
おお、これは心強い証言者が。
時代劇もいっぱいスレ有りますので、そちらも宜しくお願いします(笑)。

半蔵はさすがに大物を宛がいましたね。
最後は品川さんの五右衛門も釜茹でにされるのではないですか。
2014/11/20(木) 07:23:15 | URL | ごいんきょ
忍びの者TV
TV版忍びの者名作ですね
再放送または見れる手段を
教えていただけたら

銭形平次ー大川橋蔵版も同様です
2015/04/01(水) 18:25:32 | URL | 百竹潔志
TV版 忍びの者
いやー!!僕だけでは無かったのですね。品川隆二さんの忍びの者に思い入れの有る方は!!
栗塚旭さんの一連の作品(大好きです)はCS放送で時々観る事が出来ますが、テレビ版 忍びの者に関してはコメントすら目にする事が有りません。
三匹の侍も再放送が開始されています。忍びの者の再放送を心から願っている26年生まれのじいさんです。
2015/05/31(日) 16:51:50 | URL | ROCK親父
● 百竹潔志さん
東映チャンネルが発掘するのを待つしか無いでしょう。


● ROCK親父さん
三匹の侍も、肝心の初期・丹波哲郎版が残ってないのですが。
ま、加藤剛版だけでも残っているのは凄いですが。
2015/06/01(月) 06:49:10 | URL | ごいんきょ
TV版 忍びの者
「忍びの者」は第1回目放送分しかテープが残っておらず、第2回目以降は保存して無いそうです。本来DVDとかに保存するのですがやってなかったそうです。
東映チャンネルでリクエストが多ければ放送するかもしれませんね。
2015/12/25(金) 22:33:50 | URL | トトロ
この頃までの忍者時代劇が…
「隠密剣士」以前から忍者が登場するチャンバラ物は好きで視ていましたが、このテレビ時代劇は“影の歴史”を担って来た「忍び」にスポットを当てて描かれた作品として印象に残っています。コレ以後にはテレビでも映画でも男性は完全武装の黒装束が大半ながら、視覚に訴える意味からか(?)女性のくノ一はミニスカートで脚線美やバストの量感をアッピールするような露出度の大きい、云わば現実性の薄い装束で登場する作品が大多数になって行ったように思う。まぁソレの方が男性客の目を楽しませるのだろうが、あのようなエロチックな服装の女忍者は、時代考証課の目にどの様に映って居るのだろうか??
ただ露出度の高い装束でならば色仕掛けで敵を陥落させるには効果大だとは考えられるけれど…。
2016/01/03(日) 12:13:11 | URL | 建半
テレビばん忍の者、第一回分しか残っていないと、はじめて知りました。どうして?
それでもいいです。見たいです。
2016/01/09(土) 13:28:27 | URL | チュンチョン
● トトロさん
よくそう言われる作品が有るのですが、放送用プリントの話だと思うのですよね。
保存用のネガはきちんと有ると思うのですが。


● チュンチョンさん
おそらく放送用プリントの話で、放送が済んだら廃棄していたんだと思います。
2016/02/15(月) 01:58:40 | URL | ごいんきょ
● 建半さん
ミニスカくノ一なんて有りましたっけ。
肌の色が闇に目立つな(笑)。
2016/02/15(月) 02:13:57 | URL | ごいんきょ
悪役戸上城太郎さんが大好き
忍びとは刃の下に心と・・うろ覚えですがナレーションがあって五右衛門が城の石垣を這うオープニングだったと記憶してます。戸上さん扮するとびかとうとの対決をドキドキしながら視てました。ちなみに私は28年生まれです。
2016/04/30(土) 19:56:24 | URL | えいくん
とび加藤も出てたんですか。
慶次でしか知らなかった(笑)。

オープニングはシート収録されたものは有るんですよね、多分。
持ってはいるのですがまだ聞いた事が無いので、連休ででも初めて聞いてみよう。
2016/05/02(月) 06:53:33 | URL | ごいんきょ
放送ライブラリーで観ました
昨年、横浜の放送ライブラリーで「忍びの者」と「風小僧」を観ました。
東映でプリントがない件につきましては、私もネガは残ってると思うんですよ。
私のこだわりは、あの頃の30分時代劇です。
2016/07/26(火) 08:36:42 | URL | ユウキ信号
え。忍びの者を見られるのですか。
次に行ったら見よう。
風小僧は、どうせ映画版だろうからなー。
2016/08/03(水) 23:36:52 | URL | ごいんきょ
TV版忍びの者
教えて頂いた「放送ライブラリー」行って「忍びの者第1回分」「シャボン玉ホリデー」無料で見てきました。横浜スタジアムの近くでした。
やはり第2回分以降はありませんでした。
2016/08/08(月) 11:39:12 | URL | トトロ
最初はランドマークタワーの所に有ったのですがね。
一回だけでも見たいな。あと佐藤慶版「白い巨塔」も。
2016/08/10(水) 00:01:42 | URL | ごいんきょ
トトロ
私にとっては佐藤慶でなく佐藤充「遊撃戦」が懐かしいです。
2016/08/29(月) 22:02:40 | URL | (ハンドル未記入)
遊撃戦というのは、どんなドラマでしたかね。
2016/09/04(日) 21:15:49 | URL | ごいんきょ
日本軍から分離した遊撃隊6人が桂林飛行場爆破を目指し中国大陸を突き進む戦争アクションドラマです。
「恐怖のミイラ」も面白かったです。怖かったくせになぜか毎週見てました。夜一人でトイレに行けなくなってしまいました。
2016/09/04(日) 21:35:22 | URL | トトロ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ