私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



三つの歌 (1953)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、政治家のバラエティ番組初出演を振り返る、この番組です。






♪ 三つの歌です 君も僕も
  あなたも私も朗らかに
  忘れた歌なら思い出しましょ
  みんな見事に歌いましょう

「みんなに親しまれた古い歌。誰でも知っている新しい歌」という
宮田輝の名調子で始まっていたNHKの長寿番組。
元々は、昭和26年11月2日から毎週月曜夜7時半に、
NHK第一で放送されていたラジオ番組でした。
NHKがテレビを開局したのは、昭和28年2月1日。
その日の夜7時半に、ワタクシが日本初の定時番組と規定した、
『今週の明星』がラジオ・テレビ同時放送されております。
まだまだ色々な力量が不足していたテレビにとって、
ラジオの資産を流用するというのは、当然の選択肢でした。

そして2月3日の夜7時半、この『3つの歌』がテレビで初めて放送されたのです。
勿論、ラジオとの同時中継… ではなかったのです、こちらは。
なんと、前日の2日は月曜日で、普通にいつも通りのラジオ放送が有り、
その翌日の3日には、テレビだけでのこの番組が放送されていたのです。
細かい事情はわかりませんが、『今週の明星』はプロの歌手を招く番組だけに、
別々に放送しては費用が勿体ないけれども、『三つの歌』は視聴者参加なので、
費用も高が知れているからテレビ独自で放送しようという事だったのでしょう。
そして何よりも、ラジオで人気首位のこの番組の特別版という売りだったのだろうと思います。
わざわざ帝劇からの中継放送でした。

内容としては、ピアノの伴奏に合わせて、3曲の歌を歌っていくという単純なもの。
歌声喫茶などが流行するほど、娯楽の少なかった時代、歌を歌う事が娯楽の一つだったわけです。
のど自慢ではないので、歌の優劣はまったく問われない。
1番の歌詞を間違えずに歌えば良いというもので、一曲歌う毎に賞金が増えたようです。
昭和30年代中頃まで、NHKも視聴者に賞金をくれてました。
ただ、この曲目の幅がけっこう広いので、きっと前もって指定されていたのでしょう。
ピアノ伴奏は、主題歌からずっと、天地真佐雄が担当。
のど自慢等でNHKではお馴染みだった天地真佐雄の三女は、天地総子です。
昭和30年1月3日には、正月版として「親子三代三つの歌」をラジオと同時放送。

NHKアーカイブという御本家のサイトで、テレビ放送は昭和30年3月19日まで
となっておりますが、これは言わば第一期とも呼ぶべきもの。
昭和31年11月頃から、木曜に時間を移して、またしばらく放送されております。
黎明期のテレビ番組は、少し間を開けたり、時間帯や曜日をコロコロ替えたりしているので、
調査が非常に煩雑なのですが、御本家までがこれでは本当に調べるのが大変です(笑)。
この時も、ラジオとの同時放送ではありませんで、テレビ版と呼ぶべき内容でした。
とにかくラジオでの人気は絶大なもので、しばらく聴取率一位の座が揺るぎませんでしたし、
この番組が流れている時間は、民放ラジオ局「魔の時間帯」とされておりました。
テレビの普及はまったく進んでいなかった頃というのも有り、またラジオの印象も強くて、
テレビでこの番組をやっていた事を知る人は殆どいないでしょう。

ラジオでは昭和四十年代中頃まで放送されたという、超長寿人気番組でしたが、
昭和32年8月26日に放送300回を迎えた際、異色の特別出演者が登場しました。
7月に39歳という若さで郵政大臣に就き、一躍世間の注目を浴びた田中角栄。
彼は放送局の生殺与奪の権限を持つその立場を最大限以上に利用するだけでなく、
そうした事が恨みを呼ばぬようする演出術にも長けておりました。
ラジオだけで放送された(テレビはまだ普及していないので無視できた)この番組で、
得意の浪花節をあのダミ声で披露したと言います。
NHK初の大臣バラエティ番組出演で庶民に溶け込む掌握術と、
電波媒体を利用するという先見性は、流石に史上屈指のやり手青年政治家でした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
たかちゃん
主題歌、今でも歌えます。たぶん、ラジオを聞いていた時代が長かったんでしょうね。TVを観ていた記憶はないのです。
2014/08/01(金) 08:41:09 | URL | (ハンドル未記入)
ラジオの人気は物凄いものが有りましたからね。
テレビで見ていた人は、おそらくここには出て来ないでしょう(笑)。
2014/08/03(日) 11:04:23 | URL | ごいんきょ
主題歌です。(うろ覚えながら)
ラジオから番組冒頭の主題歌。
歌詞うろ覚えながら記します。
三つの歌です
君も僕も
あなたも私もほがらかに
忘れた歌なら思い出しましょう
みんな楽しく歌いましょう

2017/01/04(水) 14:01:23 | URL | えいたん
やはりラジオでの聴取ですよね。
楽しい、朗らかな主題歌です。
一家揃ってラジオを聞いていた時代に相応しい歌ですね。
2017/01/05(木) 20:34:58 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ