私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



太閤記 (1956)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、日本テレビの本格時代劇の夜明けを振り返る、この番組です。






テレビでは時代劇は無理と言われていた黎明期に、
果敢にそれに挑んで実現させたのが、TBS『江戸の影法師』でした。
元々がプロレスと読売球団の中継に、おんぶにだっこと決め込んだ日本テレビは、
あまりドラマには本気にならず、まして時代劇など考えてもなかったでしょう。
しかし、後発TBSが実現させたのに奮起したのか、翌年には参入します。
中でも特に力を入れていたと思われるのが、この『太閤記』でした。

『太閤記』は矢田挿雲によるものを原作とし、当初から一年は放送すると公言され、
その実、内々には三年は放送するつもりだったようで、実際にそうなります。
今日では絶対に不可能な、正に大河ドラマ。
当初の提供会社は既述『青春カレンダー』のシルバー携帯ラジオで、
昭和31年8月1日に、そのシルバー携帯ラジオが、主役募集の広告を出します。
「日吉丸 TVスター募集」と打って、7日締め切りで8~11才の男児を募集。

そして13日には、小学六年生の児童が選ばれたと発表。
劇団こまどりに所属し、既に二回ほどテレビ出演も有った彼は、
素直な点が買われての起用だという説明でした。
服部良一の倅や、子役の日吉としやすなども応募していたといいます。
放送開始は20日から。一週間前。昭和30年代中頃まで、
こうした主役の一般募集、しかも放送直前に決定という流れは珍しいものではありません。
どうせ生放送だから残らないし、放送してしまえば勝ちってとこも有ったでしょう(苦笑)。

この少年、当時の児童劇団に所属しているだけに、なかなか可愛い顔立ち。
15日に原作者の矢田挿雲が、太閤記テレビ放送に向けて一筆書いておりますが、
終始顔の話で(笑)、やはりコザルと呼ばれた藤吉郎とは違う
という事が言いたかったようですが、既に映画化でその辺は経験済みなため、
最終的には楽しみだと半ば無理矢理に締め括っておりました(笑)。
そして愈20日より、『太閤記』日吉丸時代が始まるのです。

日吉丸編だけで約一年も放送し、続く木下藤吉郎編では、
主役が大川太郎へと受け継がれました。
大川太郎は、七曜会、作品座といった新劇を歩んできた人物でした。
提供会社の方は、わりとすぐにハウスカレーへと替わり、
更に木下藤吉郎編の頃には、興服産業になっておりました。
聞いた事の無い会社だなと思ったら、後の興和なんですね。
コルゲンコーワの、興和。

都合三年ほども放送された、言ってみれば日本テレビ入魂とも言えた時代劇だけに、
「日本テレビ太閤記の会」という、有志の集まりが出来ていたようです。
昭和32年12月、この飲み会?(笑)の中で、放送70回記念という名目で、
舞台化しようという話も出たのでした。
のべ140人が参加しようという一大舞台で、出演者は皆、テレビと同人同役。
日吉丸編、信長編、藤吉郎編の三部から成り、日吉丸編では
テレビ版の子役が久しぶりに活躍するというものでした。

12月17日と18日の2日間の舞台だったようで、
18日の方は昼2時10分から、日本テレビで中継放送もされました。
テレビ版の出演者がこれだけ揃って舞台版を演じるというのは、
これが初めての事ではないかと思われます。
日吉丸の子役も、17日午前でちょうど試験が終わるという事でしたが、
試験勉強と台詞覚えと両立できたのでしょうか(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
今とちがう社名
今では有名になっている社名でも、合併や、主力商品の変遷、創業者との関係、表記が時代に合わなくなったなどの理由で、昔は想像もつかないような社名だったというのはいろいろありますね。

シルバー携帯ラジオという会社は、今でも残っているのでしょうか。また、あるとしたら、今ではなんという社名なんでしょうか。
2014/08/03(日) 10:33:21 | URL | 10000k
ほんの少しだけ調べたのですが、後継会社が見当たらないので、
消滅した会社じゃないでしょうか。
ラジオ時代もすぐに終わりましたし、ソニーのトランジスタラジオが強かったですから。
2014/08/03(日) 11:31:20 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ