私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



NTV劇場 (1953)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、民放初のテレビドラマを振り返る、この番組です。






日本初の民間テレビ放送局である日本テレビで初めて制作された、
記念すべきドラマ枠でありました。
毎週毎週、基本30分の単発ドラマを放送する試み。
NHKの方でもそうでしたが、なぜ連続ドラマより単発枠が普及したかと言えば、
ひとえに初期テレビの人材難が理由でありましょう。
ただでさえ出演してくれる俳優を探すのが難儀な中、
過酷だった生ドラマ時代のテレビに出演しようなどというのは、
新人か大部屋の食い詰め俳優か、本当に酔狂な人間くらいだったでしょう。

そんな酔狂だった一人に、轟夕起子がおりました。
既に『ママのお荷物』の稿でテレビとの関わりを書いておりますが、
そこでも少し触れたように、彼女が民放初のドラマ主演女優の栄誉に浴するわけです。
NTV劇場第一回「私は約束を守った」は、内村直也作・演出で彼女の主演。
上野駅を人生の乗り換え場所に選んだ、一組の男女を描いたドラマでした。
時に日本テレビ開局4日目の、昭和28年8月31日。
TBSによる民放テレビ時代劇の誕生に影から寄与した名匠・マキノ雅弘、
その元妻である轟が、こちら日本テレビ初のドラマで主演というのも因縁でしょうか。

9月7日の第2回は、中江良夫作「即時追立申し候」。
シミキンこと清水金一、キドシンこと木戸新太郎、藤原釜足という、
三大喜劇俳優が主演でしたが、新聞テレビ欄での彼らの名前が、
キドシンとかで通っていたのが可笑しいです。
欄もまだ小さかったですが、当時の彼らは、それで大いに通じていたんですね。
この時は、横の構図よりも深みの有る縦の構図を狙った演出で放送されました。

第5回「生と死の十五分」は、森繁久彌を主演に招いての異色劇。
デパートの屋上から投身しようとする男が救出されるまでの15分を、
放送時間15分で描くという、テレビならではの共時性を早くも追求しておりました。
この時は、後半15分を「テレビドラマについて」という座談会で構成。
第一回を演出した内村直也、この回の演出家・飯沢匡、
更にこの回で森繁以外の出演者を出した劇団東童の主催者・宮津博らが出席しました。
昭和も三十年代に入るとスポーツ中継によって堕落する日テレドラマ制作も、
発足当時にはやはり、揚揚たる気概が溢れていた事が垣間見えたこの日でした。

第8回は田中千禾夫作「花子」。
菅井きん、下村節子といった俳優座で披露された舞台そのままの配役で、
しかもテレビならではの、一段と具象化された演出が野心的だとされました。
続く「山椒大夫」は、初めて2回連続で放送されたもの。
この時、作家・永井龍男が見学でしきりにモニターに見入って、
ぜひ新しい現代物を書いてみたいと漏らして、局の人間を歓喜させました。
さすがに、これは実現しなかった感じですが。

「山椒大夫」では大江左衛門の役で納谷悟朗が出演。
彼が矢に当たって倒れる場面では、カメラを極力後方に移して距離感を工夫したり、
とにかくまだ様々な状況が整備されておらず、
テレビドラマの現状は、技術的・物質的に非常に厳しいものが有りました。
特に演出の宮津博が痛感したのは、切り出しとか平物とか呼ばれる大道具類だと、
カメラをろくに動かせないという、言ってみれば当たり前の事で、
丸物、すなわち立体的な樹木とかの大道具を揃える必要性に迫られました。
まだまだ、テレビドラマはそんな次元だったのです。

昭和29年1月12日「思い出を売る男」は、12月22日に自死したばかりの
加藤道夫作品を扱ったもので、文学座が出演しました。
思い出を売る男=近藤準、広告屋=加藤武、街の女=新村礼子、GI=神山繁。
2月8日「わらの中の七面鳥」では、日本テレビの自慢だった
スクリーン・プロセスを利用し、数寄屋橋の写真を映して、
その前に道具の手すりを置き、橋の上の芝居を実現。
更には、ファッションモデルに憧れて上京した田舎娘(岩間啓子)の
幻想を映しだして効果を出したりと、ここでも内村直也の演出が冴えました。

3月16日「オリの中の人類」は、中江良夫作・演出。
あらゆる珍獣を網羅したのが自慢の動物園に、ただ一つ無かった人類。
そこに、悩み多き社会から逃避してきた人間たちの安息所として、
日本産人類の檻が出来るという風刺劇でした。
努力も要らず生息できるそこは、本当に彼らの楽天地だったのか、
という事を描いた意欲作で、なんだか今こそ再ドラマ化すべきような題材ですね。
最初の頃はなんとか、ほぼ毎週放送できていた枠でしたが、
内容が意欲的というか、実験的なものも多いからか、
この頃にはかなり不定期な放送となっているようで、
終了時期が現在よくわかっておりません。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ