私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



格言社長と実行社員 (1964)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、サラリーマンもの全盛期のドラマを振り返る、この番組です。






映画にドラマに、サラリーマンものが闊歩していた時代でした。
「サラリーマン」という言葉も、ひょっとすると昭和語になってますかね?
これは、宇佐見淳也が演じる貿易会社社長と、天田俊明の演じる新入社員を中心としたお話。
どうせなら4月から放送すれば良いのにと思うのですが、
この頃はTBSも、楽して儲かりそうなプロ野球中継に結構入れ込み始めていて、
4月からはプロ野球中継が入ってしまうのですね。
おそらくそんな事情も有っての、9月16日放送開始でした。

その少し前に、やはりサラリーマンを題材としたコメディで、
『サラリーマン出世作戦』という番組を、TBSは水曜夜9時からやっておりました。
提供は、カゴメケチャップ。
その枠で一年後の同じ時期から始まったこの番組も、カゴメ提供。
おそらくカゴメの社長さんが社員思いだったんでしょうね(笑)。
この当時カゴメの売り物は、ケチャップと、一般的なソースくらいでした。

中堅貿易会社社長の中山金造は、社員手帳に一日一言を印刷させ、
折に触れてそれを引用して説教する明治男。
普通なら些か辟易するところを、素直な新入社員である新保大一郎は、
現代まで残る格言なら信じるに値すると、これを肝に銘じて仕事に打ち込むという、
まあ糞真面目な人間の可笑しさと、猛烈サラリーマン物を併せた感じなんでしょうか。
売り物は、毎回毎回繰り出される、格言の数々でした。

しかしそれも、回を追う毎に種切れしてきたのか(笑)、
回によってはそう数多く出されなくなったりもしたようですが。
そう指摘されたからか、今度はやたらと乱発するようになり、
格言で会話するような件まで出てきたりして、それを咎められたり。
作っている方とすれば、どっちにしたらいいんだよ!と言いたくもなるでしょうが(笑)、
ほどほどが良かったのでしょうけどね。

出てくる格言に関しては細かくは判りませんが、副題も毎回それっぽいものでした。
最後に全副題を列記しておきます。
そこそこ人気は有ったようで、通常の26回を過ぎても続行され、
プロ野球の時期にかかってしまいました。
そうなると雨傘番組に成り下がってしまい、ほとんど放送されない事に。
中で一回、野球が雨で中止になったため放送された回が有るはずなんですよね。
そこはさすがに副題不明なので、?印にしておきました。

「」の中は、本来の諺です。
諺、慣用句とゴッチャになっている感も有りますが、
全部の意味が判る方がいたなら、なかなか大したものだと思います。
六字七字なんて、調べても簡単に判らないですね。
野球の季節になると手抜き感が出ておりますし(笑)、
「ゴルフはハンディ18」とか、ほとんど雨傘用のやっつけだろうと(笑)。



カンナン汝をの巻 「艱難汝を玉にす」
嘘も方便の巻 「嘘も方便」
義を見てせざるはの巻 「義を見てせざるは勇無き也」
将を射んと欲する者は…の巻 「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」
旧きをたずねて…の巻 「故きを温ねて新しきを知る」
出る釘は打たれるの巻 「出る杭は打たれる」
若い時の苦労は買ってもせよの巻 「若い時の苦労は買ってでもせよ」
正直は最善の政策なりの巻 「正直は最善の策」
過ぎたるは及ばざるがごとしの巻 「過ぎたるは及ばざるが如し」
二兎を追う者はの巻 「二兎を追う者は一兎をも得ず」
遠くて近きはの巻 「遠くて近きは男女の仲」
念には念を入れよの巻 「念には念を入れよ」
初心忘るべからずの巻 「初心忘るべからず」
鳴かぬならの巻 「鳴かずとも鳴かせてみしょう時鳥」
窮すれば通ずの巻 「窮すれば通ず」
歳月は人を待たずの巻 「歳月人を待たず」
聞くは一時の恥の巻 「聞くは一時の恥 聞かぬは末代の恥」
急がば回れの巻 「急がば回れ」
竜頭蛇尾の巻 「竜頭蛇尾」
六字七字の教えの巻 「六字七字」
木を見て林を見ずの巻 「木を見て森を見ず」
急がず休まずの巻 「急がず休まず」
餅は粉で取れの巻 「餅は粉で取れ」
目をむくより口を向けよの巻 「目を剥くより口を向けよ」
柳は緑、花は紅の巻 「柳は緑 花は紅」
迷わぬ者に悟りなしの巻 「迷わぬ者に悟り無し」
糟糠の妻は堂より下さずの巻 「糟糠の妻は堂より下さず」
牡丹餅は棚にありの巻 「牡丹餅は棚にあり」
李下に冠を整さずの巻 「李下に冠を整さず」
玉磨かざれば光なしの巻 「玉磨かざれば光無し」

ゴルフはハンディ18の巻
情けは人のためならずの巻 「情けは人の為ならず」
辛抱する木に金がなる 「辛抱する木に金がなる」
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ