私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



サンデー志ん朝 (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、サラリーマンもの全盛期のドラマを振り返る、この番組です。






「サンデー志ん朝は、これから放送です」

「週刊新潮は、今日発売されます」というコマーシャルをパロった始まりでした。
時代は週刊誌ブームの様相で、番組題もそこいらから志ん朝と新潮を重ね、
なおかつ放送日の日曜日と合わせてサンデー毎日も重ねているという次第でした。
そういう題ですから内容もそれに合わせて、週刊誌を多少意識した作りだったようです。
有名人株式市況という部分が有って、その週その週の時の人を取り上げて、
誰それ何円高とやっていたようですが。
スピード時代と言いますか、時事を早く取り入れる動きが目立ち始めた頃でしょう。

冒頭の声を担当したのが、熊倉一雄。
彼は番組の中でも様々な役割をしていて、中でも藤村俊二と組んだ一文オペラは好評でした。
多芸な藤村俊二はここではパントマイムを披露し、この番組から世に出る事となります。
谷幹一も大事な役どころで、志ん朝とはしばらくコンビのようになります。
ムーランルージュから大映、日劇ミュージックホールと渡り歩いた
宮地晴子も固定出演者で、ここではマドンナ的存在でした。

志ん朝は、昭和37年の3月頃に異例の大出世で真打ち昇進。
それからわずか4ヶ月での冠番組でした。
何度か書いておりますが、この当時に冠番組を持てる人間は非常に限られておりました。
少し名前が売れればすぐそんな番組が取り敢えずは出来る現今とは、価値が全く違います。
親父・志ん生の威光も確かに大きいでしょうが、彼自身の人気も凄いものでした。
真打ち昇進後は更に拍車が掛かり、しばらくテレビで見ない日は無いかの如くに。
しかし、芸熱心な彼は当時からその事を気にしており、
そのうち本業の落語ですらも、テレビでは殆ど見られなくなってしまうのですが。

志ん朝の冠番組こそ、おそらくこれが最初だったかと思いますが、
人気者でしたから、固定出演の番組はそれ以前から多かった。
前年の昭和36年には、あの物量番組NHK『若い季節』にも出演。
この『サンデー志ん朝』の前番組である『モダン寄席』にも固定で出ていたようです。
『モダン寄席』では奇抜な演し物もやっていたようで、
クレージー・キャッツの谷啓と持ち場を交換した事も有るのですね。
即ち、谷が落語を披露し、志ん朝が谷のトロンボーンに合わせてドラムを叩くという趣向。

昭和37年7月29日放送開始のこの番組は、時事を扱うという事も有って生放送。
しばらくサスプロ放送だったようですが、1年半も経った頃に漸く提供会社が付きました。
当時のアナウンサーがブログ記事を書いておりますが、
それによると、三基とありますね。三基産業でしょうか。
昼1時からの15分番組の最後に、1分の生CMが有ったようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/toruiwa2006/26758647.html
初期には12時半からの『スパーク・ショー』に続く番組だったのを記憶している人も多いのでは。
本番組終了後しばらくして、『まんがシンチョー』という類似番組が
夜7時台で始まりましたが、そちらは成功しなかったようです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
マルチタレント落語家の走り志ん朝師匠
今にして思えば志ん朝師匠こそマルチタレント落語家の走りでは無いかと思います。
ほぼ同時期の三平師匠や円鏡師匠等の八面六臂の活躍振りも凄まじいものがありましたけど、基本線は落語やその余技の範疇に留まっているって印象だったのに対して、志ん朝師匠の場合はお笑い要素が皆無の役者活動まで行なっていましたからねえ。
間違いなく志ん朝師匠のマルチな活躍が、長い低迷からようやく脱しようとしていた上方落語界の若手落語家達にとっても大いに刺激となったであろう事は間違いないかと思います。
一方それだけの売れっ子でありながら、テレビタレントとしての人気に浮つく事なく、本業の落語でも自身が模範とすべきスタイルは父親である志ん生では無く、父親の最大のライバル桂文楽であると冷静に自身の資質を見定め(「親父の落語はこれはもう天才としか言い様が無いスタイルで、とても自分のような凡人には出来るもんじゃないと思い、緻密に作り込んだ落語を演っていた文楽師匠をお手本にしたんですよ」みたいなコメントを度々聞いた事がありますね。)、ひたすら研鑽に励んだ姿もやはり当時の若手上方落語家にも多大な影響を与えていると思います。


マルチな活躍の落語家としては先んじた存在として桂小金治師匠もいらっしゃいますけど、彼の場合は映画俳優に転身する際に、ケジメを付ける意味で師匠に小金治の名を返上しようとした位で、師匠から「名を返すなんて・・・、お前何時からそんなに偉くなったんだ?名は返さないで良いから今後も頑張りや。」と許しを得た事で小金治の名は使い続けたものの、寄席落語とはスッパリ縁を切り、役者・司会者としての活動に長年専念していたという経歴なので、志ん生師匠とはやや色合いが違うかと思いますね。
勿論、小金治師匠のそんな姿が、志ん生師匠等や引いては「今後は落語家もどんどんテレビとかに出なきゃダメだ。」として「金曜夜席(後の笑点)」等を自ら企画した談志師匠にまで大きく影響を与えたという面はあろうかと思いますけど。

それにしても、なるだけ昭和30年代当時の視聴者からの書き込みがしやすいようにと私も極力書き込みは避けていたのですけど、中々思うように書き込みが増えないですね・・・・・・・・。
私の場合、どうしても「昭和40年代以降のテレビに与えた影響」という観点からしか語れないですし。
その観点から例えばピンクムードショーとかについて書きたい事が山ほどあるのに(笑)。
2014/08/10(日) 12:01:19 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
単にテレビの司会や俳優として活躍した落語家という事なら、
歌奴のちの円歌さんとか三平さんの方が少し早いですけどね。
志ん朝さんが当時の若手落語家に発奮させたというのは有るでしょう。
そして談志さんとか円楽さんも人気が出てくるんですね。
談志・円楽・志ん朝に共通しているのは、
活動も幅広いが古典落語も上手かったという事ですか。
こういう人がなぜ出なくなったのでしょう。
せいぜい志の輔さんあたりまでですか。

小金治さんはマルチと言うより、落語は諦めたって感じですかねえ。
そう言えば小金治さんがどうして人気が出たかというのは、検証されてない気が。

当時視聴者のコメントも、少しずつですがお寄せ頂いてます。
やはりどうしても小さかった時分の話となりましょうし、
話せる番組の数も多くないでしょうからね。
特に期限は無いので、ボチボチでも集まればと思ってます。
2014/08/15(金) 06:15:26 | URL | ごいんきょ
志ん朝師匠の弟子たち
この古今亭志ん朝師匠の弟子はテレビ番組で単独出演していることが大当たりして、その後出世したといううわさが都市伝説になって居るんですよね~


古今亭志ん駒師匠は『大江戸捜査網』の瓦版金太が当たり役になり、志ん駒師匠の弟弟子の志ん輔師匠は『おかあさんといっしょ』に出演して幼稚園児~小学校低学年のファン層が増えたと言うことがありますからね。


兄弟子の志ん駒師匠はごいんきょさんも御存知でしょうが、弟弟子の志ん輔師匠の方はごいんきょさんは御存知かどうかなんですよね?


僕が小学校に入る前後に志ん輔師匠は『おかあさんといっしょ』で活躍していましたもん!
2015/02/09(月) 05:18:33 | URL | 強竜再燃
百聞一見
 志ん馬の百聞一見というのも地味ながら面白かったように思います。二三回しか見ていませんが。
2015/02/12(木) 17:35:48 | URL | あぶもんもん
● 強竜再燃さん
落語家さんの活躍も減りました。
志ん朝師匠なんか、神風タレントでしたからね。


● あぶさん
題名はなんとなく聞いた事あります。
2015/05/06(水) 11:10:27 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ