私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



パック町を行く (1953)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、民放初の連続ドラマと児童劇団の元祖を振り返る、この番組です。






児童演劇の開拓者である劇団東童と、その主宰者であった宮津博も、
草創期のテレビと深く関わった存在でありました。
度々申しますように、初期のテレビは玄人からは敬遠されていた。
基本的に映画にも舞台にも敵である上に、金も安く、経費は掛けず、
見ている人間もほとんどおらず、おまけに映りも悪くて顔が歪むと思われていた。
これだけ揃えば名の有る人間は出たがらなくて当然ですし、
映画側はほとんど完全無視、劇団もよほど条件に納得しなければ関わりませんでした。

しかし、児童劇団であった東童は別だったようで、
お金の掛かるスターはいるはずの無い道理ですから、
テレビ側としても交渉はし易かったのでしょう。
また、初期のテレビは今よりも更にコネの世界でしたから、
上層部の誰かがコネを持っていたのかもしれません。
初期のテレビには、映画や演劇、音楽に詳しい人間が優先的に掻き集められましたから、
そうした方面に知り合いがいる人間も多かった訳です。

初期の日本テレビと関わった東童は、既述『さつきさん』など、
ドラマの「その他大勢」の子役を担当していたようです。
当時から子供でも童謡歌手等でスタアはおりまして、
そもそも子供が主役のドラマというのは少ないわけですが、
仮にそうしたものが制作された場合、主役はやはりスタア級の子供でした。
童謡歌手の近藤圭子とか小鳩くるみ、映画にも出た松島トモ子などですね。

そういう訳で縁の下の力持ちのような東童でしたが、ごくごく最初期の、
と言うよりも日本テレビ初の連続ドラマとなった本番組、
『パック町を行く』では、中心的な役割を担っており、ユニット出演。
パックというのは、シェイクスピア喜劇「真夏の夜の夢」に出てくる妖精から取って、
銀座を舞台に、生活に飢えた人々に妖精が奇跡を起こすという内容だったようです。
敗戦からまだ8年、街にはまだまだ、貧しい人々が溢れていたでしょう。

パックを演じたのは角田富江で、映画にも出演歴が有ったようですが、
民放初の連続ドラマ主演女優という栄誉を勝ち取ったわけです。
当時のテレビ演出は、機器や装置の未熟さから、映せる範囲が非常に狭く、
その中で動き回るには一歩一歩の計算が難しいと語っておりました。
この番組は、テレビ初の特撮番組と判断できる可能性が高く、
少なくとも民放初の特撮番組とは分類できるのではないかと思われます。
ま、「特撮」という言葉の定義も難しいのでしょうが。

特殊逆レンズといった物を利用するなどして、花束が光を放ったり、
酒ビンが水ビンに変わったりという映像に成功していたようですので、
これは特撮と言って良いのではないかと思うのですが。
第四回ではパックがガード下の靴磨きを連れて、
日比谷公園で集会を開き、かがり火をたく場面が有りましたが、
これもスタジオでかがり火は無理なので、効果を工夫していたようです。

とは言え、分類としてはホーム・ドラマとされておりました。
ラジオドラマは既に全盛でしたし、当時からホーム・ドラマという和製語は有りました。
演出はもちろん宮津博で、彼はその他にも、日テレ初期ドラマの数々を演出しました。
数年経ってテレビ局の人材が育ってくると、お役御免と言いますか、
あまり呼ばれなくなってしまったようで、本当に初期の数年だけの関わりのようです。
以後は児童演劇に専念していたようですが、それも昭和30年代までだったようですね。
昭和3年からという由緒ある児童劇団の東童も、そうして静かに消えたようです。
初井言栄、納谷悟朗らが東童の出身だというのですから、その歴史の古さも判るでしょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ