総計
昨日  本日


Web全体から検索  当ブログ内 検索


YouTube版にて
『テレビ子供向番組史』動画公開中

テレビ子供向番組史を見る
(Watch "Japanese Children's TV History")

 世間一般で子供向けテレビ番組の記述は他番種に比べてズバ抜けて多いものの、これまで意外に無かった、縦軸で流れを追っていく企画です。鉄腕アトム、ウルトラマン、仮面ライダー、ドラえもん、ドラゴンボール、聖闘士星矢はおろか、月光仮面の登場すらも、まだまだ先の話ですが(笑)。

 第一回はテレビ誕生の年(昭和28年)の様子を、第二回はテレビ黎明期にテレビ側が重用していた意外な人材群について解説しています。
 日英の字幕を見る事も出来ますので、聞き取りづらい時などにご活用下さい。


"Japanese Children's TV History" video on YouTube
Although the descriptions of children's TV in general are more numerous than others in Japan, which have never been done so far, this is a plan to follow the flow on the vertical axis. Astro Boy, Ultraman, Kamen Rider, Draemon, Dragon Ball, Saint Seiya and even Moonlight Mask appearance is still a long way to go. lol
The first talks about the state of Japanese television birth year (Showa 28, 1953), and the second talks about a group of unexpected human resources heavily used by television officials during the early days of television in Japan.
You can also view Japanese or English subtitles, so please use them when you have difficulty listening.

・YouTubeチャンネル (YouTube channel)
私的 昭和テレビ大全集 YouTube版
・上記チャンネル登録 (Subscribe)
チャンネル登録
・ツイッター (Twitter)
当ブログ & (主副)YouTubeチャンネル総合ツイッター


【どこまで音消し無しで行けるか!?】元ソノラマと元コロムビアで対談したら危ない話が続出した(1)
 https://www.youtube.com/watch?v=xd2jjEkD9xM


「ピッカピカの一年生」「やめられないとまらない」の制作者にインタビュー
 https://www.youtube.com/watch?v=Le4r7CMhZzE


 今後も続々と公開予定です。
 チャンネル登録して戴きますと、通知が来たりして最新情報を得やすくなります。
 また、登録者が増えてチャンネルに力が付けば、更にゲストを呼びやすくなります。
 是非チャンネル登録して、高年者向け動画を育てて下さい。


水道完備ガス見込 (1960)

2014年08月11日00:00  コメディードラマ 写真あり

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、昼帯ドラマの元祖を振り返る、この番組です。






♪ 水道完備 ガス見込 私の町です若い町
  雑木林を切り開き どろんこ道もアスファルト
  買いもの奥さんペダルを踏めば
  緑のそよ風サッと吹く
  
  水道完備 ガス見込 私の町です夢の町
  松の根っこを片付けて バスも止まるよ神社前
  父さん見送るポストの影で
  可愛い坊やがグッドバイ


こんな光景、今でも日本中のあちこちで繰り広げられてますがね。
さすがに水道完備じゃない所は無いでしょうが(笑)、
雑木林を切り開き、更地にして住宅街にするというのは、
東京近県では日常的な光景。樹木の大量殺戮にも見えますが、
そうやって人間は居住区域を広げてきた訳で、
そこだけ切り取って感傷的にがなり立てるのも卑怯なんでしょうけど。
東京都下は、オリンピック前がこんな感じだったのでしょう。

そんなご時世に出来た新興住宅地が舞台で、水道が完備され、
都市ガスも入る予定が有るというのは、当時としてみれば憧れの文化生活。
田舎ではその頃まだまだ井戸も有って、西瓜を冷やすのに使ったり、
ガスは今でも地方などではプロパンが主流だったりしますしね。
釣瓶井戸は危険なので消えましたが、井戸水を使っている所は、
今でも農家の一部などで有ったりします。
が、当時は東京でもそれなりに珍しくはなかったのでしょう。

多分、これが昼帯番組の元祖で、コメディードラマでした。
ガス見込というのは、いつまで経っても見込のままという事で、
そんな新興の町に集まった数世帯の繋がりを描いておりました。
土曜まで含めて毎日の、おそらく生放送による昼12時45分から1時までの15分。
昭和35年5月2日(月)に始まり、丸々3年も続いていたのですから、
けっこう人気も有ったのでしょう。開局したての教育局で、
ドラマは滅法弱かったNET(テレビ朝日)では、
健闘していたと言える国産ドラマでありましょう。

昭和36年10月30日からは、島津貴子さんご夫婦をモデルにしたと思わしき、
やんごとなき夫妻というのが加わりました。
皇太子ご成婚に続き、清宮内親王の結婚・皇籍離脱もかなり話題を呼び、
時の人という感じでしたし、島津貴子となってからはテレビにも出演されました。
ドラマでは平尾桂子という新人女優が演じ、お姫様の生活は解らないという彼女に、
吉武ディレクターは、「うち(NET)の『皇室アルバム』を見て勉強して下さい」
と、よく出来た言葉を贈りました(笑)。

昭和36年3月15日放送では、トースターをつけっ放しで外出したため、
火事になりそうになったのを近所の三人の主婦が見つける騒動。
昭和37年11月23日放送「ママのいぬ間」では、
今日は帰りが早いと問いかけられた小学生が、先生がお休みだからと応えましたが、
既にそういう時は他の先生によって適切に対処され、
児童を早く帰宅させるなど有り得ない世になっていたので、
ホームドラマとは言え現実に則していないと指摘されました(笑)。
帯番組ではありましたが、その後の昼ドラ同様、一週間で1話構成だったようです。

冒頭の主題歌は、音盤化されたものは東芝お抱えのシンギング・エンジェルスという
児童合唱団が歌ったものしか現存していないようですが、
テレビでは女子大生カオル役で出演していた、新草恵子が歌っておりました。
宝塚音楽学校出身の新草は、NET開局とほぼ同時にNET専属となり上京。
その芸能活動の殆どがNETドラマの出演で、昭和40年代まで大いに活動してますね。
彼女の歌唱による主題歌は、どこにも残っていなそうなのが非常に残念です。
彼女が町を歩くと、「♪ 水道完備、ガス自殺」と囃した糞お子様たちがいたとか(笑)。
提供は、雪印乳業と、バターリンのリボン食品が隔日交互にやっていたようです。
関連記事
トラックバックURL

http://showatv.fc2.net/tb.php/1106-359d40f8

前の記事 次の記事
ブログパーツ