私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

逃亡者 (1964)

逃亡者(1964)THE FUGITIVE
リチャード・キンブル、職業・医師。
目的地・州刑務所の死刑執行室。
リチャード・キンブルは、無実であった。
だが彼は、自分の容疑を晴らすに足る事実を立証できなかった。
彼は妻の死体を発見する直前、片腕の男がうちから走り出すのを見たが
ついにその男は発見されなかった。
彼の眺める最後の世界は、暗く闇の中に沈んでいた。
しかし、その暗黒の中に、運命の計り知れぬ力が潜んでいたのだ。
孤独と絶望の逃亡生活が始まる。
髪の色を変え、重労働に耐えながら、犯行現場から走り去った、
片腕の男を捜し求める。
彼は逃げる。執拗な、ジェラード警部の追跡をかわしながら、
現在を、今夜を、そして明日を生きるために。
♪ ジャーン
THE FUGITIVE! a QM production
staring DAVID JANSEN as the fugitive


細かい部分は回数によって替わりますが、このナレーションと
タイトルコールが懐かしい方は多いと思われます。
まあ、話の内容は既に書いてしまったようなものですが(笑)、
本家アメリカではこうした巻き込まれ型サスペンスが、
巨匠・アルフレッド・ヒチコックの功績で大いにもて囃されてました。
無実の男がわけのわからぬうちに犯人や裏切り者扱いされ、
生命の危機にさらされる場から間一髪で脱出。
そこから始まる手に汗握る逃亡劇を幾多繰り広げ、
必死の反撃で相手を逆に追い詰めるという内容。
ヒチコックの映画では本当に多いし、ワタクシも大好きです。
ミステリーとアクションとトラベルと、心持ちのユーモア。
様々の要素がごく自然に配合されたこの種のジャンルは、
広大な土地と州制度のアメリカならではと言えるかもしれません。

あらすじを読んでお気付きの方もいるでしょう。
『快傑ズバット』は、きっとこの作品からヒントを得ていますね。
更に言えば、執拗なジェラード警部の追跡などは、
ルパン三世にも活かされているような気もします。
途中からカラーになりましたが、我々の世代って、白黒画面の方が
味わいや深みを感じていいという人、多いんじゃないでしょうか?
カラー画面しか知らない人達はね、カラーじゃないとなんか厭なのかな。
白黒画面というだけで、視聴率とか販売に影響するらしいですが…
奥さまは魔女も、全話カラーにデッチあげられてしまいましたしね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
「逃亡者」はアメリカで実際にあった殺人事件を元に考えられた話だとアメリカにいたときにニュースマガジンで知り、ちょっと驚きました。
原案者が新聞で読んだ記事と言うのがほとんどそのまま番組の発端のプロットになっています。
実際には殺人犯として容疑者の医師は妻殺しの罪で服役して獄死したような話でした。しかしその子供が父親の無実を示す証拠を発見したとかいう話です。
2007/06/09(土) 09:35:37 | URL | Marrrsan
へえ!それは初耳です。
しかし、なんともやりきれない話じゃないですか。
2007/06/09(土) 10:19:54 | URL | ごいんきょ
オープニング・ナレーション
逃亡者のオープニングは、初期のものより、途中からのもののほうが印象に残っています。やはり、モノクロからカラーと長期に渉って聞いたからかもしれません。
英語の「The Fugitive」の上に日本語の「逃亡者」という文字が出て、英語で「ザ・フュージティブ」と入った後に、画面には
目隠しをし、右手に剣を下げ、左手に持った天秤秤を掲げる司法の女神ユスティティアの像がうつり、後に「0011ナポレオオン・ソロ」の声優として人気が出る矢島正明のナレーションが入ります。
「リチャード・キンブル 職業医師。正しかるべき正義も時として盲しいることがある。彼は、身に覚えのない妻殺しの罪で死刑を宣告され、護送途中の列車事故にあって辛くも脱走した。孤独と絶望の逃亡生活が始まる。髪の色を変え、重労働に耐えながら、犯行現場から走り去った片腕の男を捜し求める。彼は逃げる。執拗なジェラード警部の追跡をかわしながら、現在を、今夜を、そして明日を、生きるために。」♪ターラッタ・ター♪
2008/03/18(火) 23:56:39 | URL | マンチュウ
ああ、そのバージョンですね。
フジテレビの懐かしもの番組で、楠田枝里子さんが
何かに乗り移られたかのように語っていたの(笑)。
2008/03/20(木) 18:31:53 | URL | ごいんきょ
最終回
最終回でリチャード・キンブルが片腕の男を追い詰める場面だけが記憶の端にずっとありました。
砂漠のような乾燥した広い土地で給水塔のような高い塔に男がよじ登って逃げて行き、リチャード・キンブルが追い詰めるというシーン。
ドキドキして観ました。

ところが今日、動画で最終回を観てみたら、場所が遊園地だったので驚きました。
子供の自分にはどのように観えていたのか、遊園地が何時砂漠になってしまったのか、不思議だけど面白いです。
2012/02/02(木) 20:26:30 | URL | モデラート
うーん、最終回の前にも、似たようなシーンが有ったという事かもしれないですね。
2013/02/06(水) 23:16:46 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。