私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



柳生旅日記 独眼竜参上! (1960)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、テレビ黎明期の貴重な時代劇俳優を振り返る、この番組です。






TBS初期の人気時代劇『鞍馬天狗』主演で名を売った、文化座の外山高士。
その後すぐ日本テレビの『快傑黒頭巾』に主演し、こちらも一年半に渡り人気を博しました。
そちらは、外山が主演となったのは番組後半からのようですが、
当時の人気子役・松島トモ子も出演し、好視聴率を稼いでおりました。
その二人がそのまま主演となって昭和35年4月11日から始まったのが、
この『独眼竜参上』で、『柳生旅日記』という前置題が有りました。

徳川三代将軍・家光の時代、取り敢えず政情は安定しつつあったものの、
豊臣残党やキリシタン等、徳川治世に不満を抱く者も少なくなかった。そこで家光は、
将軍家剣術指南である柳生十兵衛に、各地の様子を探らせることにしたのです。
十兵衛は武者修行と称して諸国を歩き、東海道を行くという話でした。
柳生十兵衛は、将軍家指南の家に生まれながらも、堅苦しい家が嫌で、
自由気ままにしたいというところが有りましたので、この様なお役は打って付けでした。

隻眼、アイパッチ姿ながら剣の達人である十兵衛に魅せられ、
勝乃という御転婆娘が、弟子にしてくれと五月蠅く後を追ってくるのですが、
これが既述『悦ちゃん』でテレビでも人気子役となっていた松島トモ子。
もう、うら若き乙女を演じてもおかしくない、高校生くらいの年頃となっておりました。
当時ですから一回30分で放送されましたが、話は前後編のため、二話完結。
ただ、この後編の頭に前回・前編の終わり部分を流して話を繋げていたのですが、
その後編冒頭部分があまりに長くて、実質時間が短いという苦情が有りました。

当時、ビデオの編集はかなり難しい話ですから、これはフィルム撮りだったのでしょうか。
ま、時代的に俳優が新たに前回最後の部分を一から演じていた可能性も有りますがね。
更にはコマーシャルも、一社提供当時としては多めだった感じで、
番組の頭と終わりの他に、中間でもやっていた感じです。
その提供は大日本紡績、二チボーでした。
二チボー、後にユニチカと言えば、どんな商品が有るかは知りませんが(笑)、
少し後からバレーボールでその名を轟かせることになるのですね。

文化座の外山高士は、これもいつかは扱う『ロビンフッドの冒険』で、
日本初の本格アテレコ主演としてテレビと関わりだした、
いわばテレビ生え抜きのテレビ俳優で、すぐに『鞍馬天狗』『快傑黒頭巾』、
更にこの番組など、数少なかった初期テレビ時代劇俳優として活躍しました。
しかし当初は時代劇未経験だったため、テレビを見ていたという
映画監督の内田叶夢に「こんなに下手な立ち回りは見た事が無い」と評され、発奮。
殺陣師・大内竜生の道場に通い、技術を習得したのでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
はじめまして
時折楽しく拝見しています。
生まれる前の番組なので全く知らないのですが、レギュラー出演していた小沢寿美恵(当時小沢咲子)さんとお付き合いがあり、お話を伺いました。
それによると週のうち3日は伊豆の山中や海岸でロケをして、2日は日テレでのスタジオ収録だったそうです。ほとんど休みがなく、1年半ほどこの番組に掛かりきりだったとか。
2016/09/15(木) 17:28:27 | URL | 高校教師
いやあ、まさかこの番組で内容の返信が来るとは思ってませんでした。
ロケが有ったという事は、フィルム収録だったんですかね。
すると、映像が現存している可能性も有りますね。

結構な人気番組だったようですが、やはり再放送がまったく無いために、今では誰も知らない番組となってしまってますよねえ。
松島トモ子さんら、出演者の方も知っている事をどこかで残していて欲しいです。
2016/09/18(日) 08:25:29 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ