私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

ロマン劇場 (1961)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、その後に昼メロで一世を風靡する「リバイバル路線」を振り返る、この番組です。






戦前に映画化済みのものなど、日本メロドラマ史に残るような名作を、
基本的には前後編で放送するとした枠で、30分ドラマが幅を利かせていた
当時としては、かなりドラマ性に力を入れていた枠でした。
しかも、一回の放送時間も当時としては長い45分枠。
裏番組はNHK『あなたは陪審員』、TBS『ワン・ツー・ソニー』、
フジ『スリラー劇場』NET『テレビ週刊誌ただいま発売』と、
木曜22時台前半は、各局なかなか力の入った激戦区でした。

けれども当時はきちんと棲み分けを考えていると言いますか、
これだけ番組が並んでも似たような物が無いんですね。
しかもドラマ以外の三番組は、今でも似たような番組の無い独自性が有りました。
対象としましては、NHKが万人向け、TBSが賞品狙いの主婦向け、
フジが男性向け、NETが週刊誌世代の若者向けという感じでしょうか。
中で日本テレビが後から始めたこの枠は、露骨に昔の主婦、
姑かせいぜいその夫の世代を対象とした感じですが、
全般的に女性層を狙ってはいたのでしょう。

なにしろ第一弾が、『月よりの使者』。
原作が久米正雄で、最初の映画化が昭和9年というのですから当時としても古く、
「今日、二度も求婚されましたの。可笑しいでしょう」等という台詞が浮いた感じに。
しかし、後にも昼ドラの名門となった『ライオン奥様劇場』『花王愛の劇場』の
双方でドラマ化されるなど、時代を超えたメロドラマの名作であります。
殊に奥様劇場の時には、かなりの話題となりました。
その後も、『三百六十五夜』『男の償い』『良人の貞操』『新妻鏡』等々、
以前またはその後に何度か映画化・テレビ化されたような名作を続々ドラマ化しました。

第二弾『誰か夢なき』では、宝塚の黛ひかるが杉村多喜役に。
『三百六十五夜』でも、宝塚で男役として名を馳せていた那智わたるが、
自称「初めて外に出て女役がやれて」、とても喜んでいたものでした。
昭和37年3月15・22両日は、詩人である西条八十が無名時代に書いた、
本人曰く「最初にして最後の小説」である『みちのくの恋』を放送。
松竹が映画化の交渉を失敗したと聞いた日本テレビの秋田英雄プロデューサーが
テレビ化を西条に交渉したら、簡単に承諾したという話が有ります。

そのように、必ずしも往年の名作偏重ではなくなりました。その理由としては、
この枠の評価もわりと好評で、軌道に乗っていたというのが有るでしょう。
往時、日本テレビのドラマの場合、非常に大きな関所が有りました。
プロ野球ナイターの季節ともなると、雨傘番組に成り下がるか、
多くの場合は取り敢えず打ち切られるという形が多かったのです。
しかしこの番組は、時間帯が遅くて当時はナイターの影響を受けづらかった事と、
好評のために、変わらず放送され続けたのでした。

技術的には、テレビでは非常に珍しい35mmカメラを使用し、
当時としては意欲的にロケを敢行して、場面構成を多様にしました。
ただ、ビデオでのスタジオ部分とロケでのフィルム部分の画質差は、如何ともし難いものが。
当時のビデオは編集できず、カットの繋ぎ合わせが出来なかったのは割と有名ですが、
『新妻鏡』後編の際、土屋嘉男と多摩桂子が和室で男女の絡みを演じる場面で、
リハーサルの時に食事に被せておいた紙を取るのをみんな忘れてしまい、
撮り終える頃になって気付いて、また撮り直しという事が有りました。

『遠い雲』では、元ミスユニバースで大映の近藤美恵子が主演という特別編。
この頃、テレビに対して非常に頑なだった大映も、あまりに急速な映画の衰退に、
テレビ映画制作という活路を模索していた時期だったのですね。
『人間の條件』がTBSで放送されたのも同時期ですし、
この作品は二度目となる、大映と日本テレビの共同制作で、
ほとんど全部の出演者が大映の所属でした。

『新説・山崎街道』は、初の時代劇となった作品。更にその次の
昭和37年12月6日放送からは、趣向が変わり、川口松太郎作品を扱う事に。
どうも、リバイバル路線もタネ切れとなってきていたようです。
提供は武田薬品工業で、「武田ロマン劇場」というのが正式な枠題でした。
その他の場合での映画化・ドラマ化では大当たりとなった作品も少なくないのに、
この枠があまり話題として残っていないのは、やはり裏の強力さも有るのでしょうか。
先に書いた番組は、どれも当時はそれなりに注目されているのですが、
視聴者が分散されたか、どれもテレビ史に残るとは言えない結果となっております。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。