私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



鞍馬天狗 (1956)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、幻のテレビ時代劇スタアを振り返る、この番組です。






大佛次郎による大人気撃剣大衆小説として、日本人ならその名を知らぬ者はいなかった鞍馬天狗。
小説は勿論、映画も嵐寛寿郎による覆面物として特大人気を博し、
戦前・戦後を通じて昭和時代の人々の喝采を浴びた作品であります。
その人気ぶりは電波媒体が登場してからも同様で、
日曜夕方の明治製菓提供『子供のための鞍馬天狗』が人気を呼び、
しばらくして夜の8時という時間に昇格し、「子供のための」という部分が取れて、
一般ラジオドラマとしてまた人気を呼ぶに至ります。

これだけ長期間、全ての媒体で人気を呼んでいる作品だけに、
テレビへの登場も非常に早いものでしたし、映画同様に、
長期間に渡って様々な役者によって何度も何度もテレビ化されてきました。
当ブログでは、そのうち昭和42年開始の大瀬康一版について既述です。
今回は、鞍馬天狗の初テレビ化を扱ってみようという次第です。
主演は、十代市川髙麗蔵(こまぞう)。
放送開始は昭和31年11月と、KR(TBS)開局から1年半以上経ってから。
出せば当たるだろうとは思われても、民放にはまだ時代劇を制作する能力が無かったのです。

初のテレビ時代劇俳優とも言える中村竹弥は、一応は歌舞伎畑出身とは言え
純粋な歌舞伎役者とは言えず、言ってみれば裏方のような立場だったもの。
しかし高麗蔵は、海老蔵の前の名という認識すら有った、決して軽くはない名前。
もって、この高麗蔵・鞍馬天狗が、歌舞伎役者初の連続テレビドラマ出演とされるものです。
それだけの常識破りな出来事にも関わらず、これまで殆どこの件に関する情報が有りません。
物凄い労作である能村庸一著「実録テレビ時代劇史」ですら、
この番組に関して、ただの一行しか触れていないのです。
まさか能村ほど時代劇や歌舞伎を知り尽くした人間が、
この番組の事情を知らなかったとは、とても思えないんですね。

おそらく、彼はこの番組に触れる事を意図的に避けたのでしょう。
この番組に詳しく触れれば、どうしてもその終了事情に触れざるを得ない。
しかしそれには、彼が『鬼平犯科帳』などで一緒に仕事をした歌舞伎・松竹の、
初期のテレビに対する閉鎖的な姿勢の記述もしなければならない。
という事で、それを避けるためにこの番組に関する記述そのものを避けたのではないかと。
これはあくまでもワタクシの妄想に過ぎないのですがね。
ただ、まだテレビ時代劇というそのものが少なかった昭和31年頃の話として、
あれだけの大著にこの番組が扱われていないのは、かなり不自然な印象です。
初めて歌舞伎役者がテレビドラマに出演し、しかも人気も高かったのですから。

テレビの初期に映画界が敵視していた事は多くの人がご存知でしょうが、
それは舞台も基本的には同姿勢で、やはりテレビは観客を奪う敵という認識だったのですね。
ただ、劇団というのは大抵が財政的に苦しいですし、食い詰めている俳優も多いですから、
どうしても手堅く稼ぐための手段として関わっていた人も少なくなかっただけで。
その辺は歌舞伎にしても大なり小なり事情は同じで、基本的に敵ではあるものの、
当時の歌舞伎は映画などに食われて青息吐息の状態となっていたのもあってか、
初期の頃からチラホラと歌舞伎役者も出演はしていたのです。
高麗蔵がこの『鞍馬天狗』を引き受けた時も、親無しの身で生活のために出演したといい、
当初は短期間のつもりだったようです。それが人気のため、二年以上も続く番組となっておりました。

最初の頃はテレビを見ている人間など非常に少なかったのですが、
番組末期の昭和34年の頃ともなると、急速にテレビ普及率が上がっており、
高麗蔵の知名度も、当時はかなり高くなってきていたのでしょう。
そうこうするうち、舞台で高麗蔵の先輩連が出てきても湧かないのに、
高麗蔵が出るだけで拍手喝采に声が掛かるという事態となってきました。
こうなると、閉鎖的で封建的な芸事の世界だけに、妬み嫉みが露骨となります。
そうした空気を受けて、親玉の松竹の方も高麗蔵のテレビ出演を妨害にかかり、
高麗蔵の舞台出演を、テレビの出番スレスレにぶつけるようになってきました。

時代劇と言えども生放送の当時、TBS側も様々な工夫で対抗し、
最後の天狗出演場面は後ろ姿にして別人の吹き替えで済まし、
高麗蔵はその場で天狗の衣装を脱いでシャツ一枚で車に飛び乗り、
車中で舞台化粧に慌てて取りかかり、赤坂のTBSから新橋演舞場まで
二、三分で駆けつけるという綱渡りを演じなければならなくなりました。
挙げ句に少しでもトチれば、「あいつはテレビに出てるからね」と言われる。
耐えられなくなった高麗蔵は、この番組を降板する事は勿論、
今後一切テレビの連続物には出演しないと約束させられてしまったのでした。

昭和34年1月当時は、完全に松竹側の言い分で報道されており、
高麗蔵がテレビにかまけて舞台を疎かにしていると論って警告を発し、
態度を決めるように松竹重役が促しております。
態度をハッキリさせろとは、これ以上テレビに出るなら歌舞伎をやめろ
という脅しに他ならぬもので、勿論、実際にそういう態度を取れば、
松竹としてテレビ界に圧力を掛けるであろう事も考えれば、
高麗蔵としては、そんな選択肢はとても考えられなかったでしょう。

松竹はこれに先立って、日本テレビ『芝雀アワー』の中村芝雀とも悶着が有り、
いずれ高麗蔵も同様に揉めるだろうとは予測されていたのですが。
この時、松竹がもっと早くテレビの有用性に気付き、
俳優の使い方に柔軟性を持たせていたなら、歌舞伎の復権は更に早かったでしょうし、
中村竹弥と並ぶテレビ時代劇のスタアが誕生していたのは間違い無いでしょう。
『赤胴鈴之助』に続き、主題歌レコードがヒットした最初期の番組で、
放送期間の長さだけでなく、そこからも人気の程が偲ばれます。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ