私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



力道山の夢 (1955)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、力道山初主演ドラマを振り返る、この番組です。






少し前に『チャンピオン太』という、力道山の出演した子供向けドラマを扱いました。
歌や演技はからきし苦手だった力道山が出演を決意したほど、
その頃はプロレスに対する偏見も芽生え始めていたのでしょう。
大抵の有名人は何かしらのレコードを吹き込んだ昭和時代ですが、
力道山は、歌に関してはおそらくレコードが皆無。
但し、テレビでは余興として歌った事も有るようで、
非常に参った風なコメントを残しておりました。

さて演技の方ですが、映画は幾つか有るものの、テレビとなると極端に少ない。
これは力道山全盛時、テレビドラマが生放送だったためでしょう。
そんな力道山が主演するドラマが、昭和30年10月16日から、
繋がりの深い日本テレビで始まったのでした。
これは、毎週日曜夕方の6時25分から約30分のドラマ。
「約」というのは、次の番組が7時からのためで、
通常ですと6時半から始めそうなものですが、何分、生演技に自信が無いであろう
力道山の主演という事で、余裕を持たせたのでしょう。

何故、そんな危なげな生ドラマに力道山は挑戦したのか。
基本的にはやはり目立ちたがりではあったのでしょうが、相手役にも惹かれたのでしょう。
その相手役は、伊東絹子。
数年前にミス・ユニバース世界大会で3位入賞し、八頭身美人の代名詞となった女性。
役柄としては力道山も伊東絹子も本人役で、実際の力道山を投影させたもの。
絹子の友人・くみ子に川田真理江、その弟の俊夫に伊藤彰敏、
隣人の池見に熊倉一雄といったところが出演しております。

さて、先ほど「毎週日曜」と書きましたが、これまで発表されている資料の恐らく全てで、
「単発ドラマ」としてこの作品は紹介されてきていると思います。
が、実はこれは定時番組でした。
少なくとも発表の時点では(笑)。
事実、翌週の10月23日には第二回が放送されているのです。
但し、開始時間はいきなり夜9時になりました(苦笑)。
この回からは日本テレビが一押ししていた童謡歌手の近藤圭子が出演というのも売りでした。
当時はまだ、児童福祉法による出演時間の縛りも無かったのでしょう。

苦しいトレーニングの結果、日本人として初のプロレスラーとなった力道山が、
帰途に就こうとしたその時、花束を持った可愛い少女が。
花束には、「新しい門出を心からお喜び申し上げます。
短気を起こさないで、男らしく堂々と茨の道を切り開いて下さい。黒田」
という手紙が添えてあったのでした。
実録風主演ドラマで「短気を起こさないで」と言われるのも力道山ならではで(笑)、
最後は酒の上の喧嘩で命を落とすわけですが、それまでにも数限りなく
酒の上の不祥事で新聞沙汰となっておりました。
今でしたら完全なる炎上要員で(笑)、そんな所も時代が生んだ英雄たる所以です。

で、これを最後にこの『力道山の夢』に関する話はピタリ出なくなります。
一切の説明もお詫びも紙上には無し(笑)。
翌週はプロレス・アジア選手権の前夜祭が放送されましたので、
おそらくそこでは事情を説明していると思うのですが。
そんな予定が前々から有ったら日テレが連続ドラマを始めるはずも無し、
きっと力道山が唐突に前夜祭の放送を働きかけたのでしょう。
おそらく、わずか二回の出演で生ドラマは懲り懲りとなったのでしょうね。
相手役の伊東絹子もそれほど演技慣れしておらず、出来は良くなかったのかもしれません。

そもそも確かに、開始当初から日程としては非常に無理が有りました。
アジア視察から帰って一週間そこらの上、映画も二本抱え、
更にそのアジア選手権もすぐに始める予定が有ったのでしょうから、
およそ不慣れな生ドラマをこなせる道理の有るはずが無かったのです。
結局、その後も試合が有る時はアジア選手権が放送され、
無い時でも力道山が何かで画面に出るでもなく時は過ぎたようです。
おそらくたった二回で打ち切りだったのでしょうが、これも生時代ならでは。
それにしても、提供会社の桃谷順天館は災難でした(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ