私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



どんぐり日記 (1955)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、童謡歌手がスターだった時代を振り返る、この番組です。






芸能界というもの、断続的に子役ブームのような波が有るのですが、
テレビの本当に草創期には、童謡歌手という存在が非常に重要な位置におりました。
童謡のレコードは、それこそ川田姉妹の頃から売り上げ数万枚のヒット歌手もおり、
それでいて相手は子供ですから、スタアと言っても出演料も知れたものでしたでしょう。
いろいろ力不足だった頃のテレビとしては、耳馴染みの有る歌で場が繋がり、
画面上にも愛嬌の有りながら、金もさほどはかからない童謡歌手は重宝したのでしょう。
NHK開局当時の『子供の時間』では、ビクターの古賀さと子らが注目されました。

こうした諸々の理由を勘案してでしょうが、続いて開局した民放の日本テレビは、
キングの近藤圭子を専属スター第一号とした事は、当ブログ既述です。
近藤圭子は「テレビ界の美空ひばり」を目論んで売りだそうとしていたようで、
『星を見つめて』『私のお母さん』と、立て続けにドラマ主役を経験。
そんな日本テレビが続けて、昭和30年1月14日より金曜夕方6時に始めた
この『どんぐり日記』は、やはりスター童謡歌手の一人である、
ビクターの小鳩くるみを主役とした15分ドラマでした。
古賀さと子、近藤圭子、小鳩くるみは、この頃ラジオ・テレビで八面六臂の大活躍。

小鳩くるみが演じるアコちゃんは、泣き虫ケン坊の仇を取るために
ガキ大将のマー坊と相撲をして懲らしめる御転婆。
ケン坊を演じていたのも、北野修治という有名童謡歌手でした。
三河屋の御用聞きトンちゃんを逗子とんぼが演じましたが、
このトンちゃん、お化け屋敷探検で人形を見て気絶するような、
子供よりも頼りにならないお兄さんでした。
他に、春比古役で東童の子役だった加藤春哉が出演しており、
更には、浅丘ルリ子もそのままルリ子役でたまに出演しております。

アコちゃんのお母さんは京千栄子という人が演じておりましたが、
ウィキペディアによると、市川千恵子という女優がやった事になっている。
同一人物なのでしょうかね。
開始の時は3ヶ月の予定で告知されましたが、昨日の稿『力道山の夢』が
わずか2回で終わったり(笑)、特に黎明期のテレビドラマは日程がいい加減(笑)。
この番組もスター子役・童謡歌手が大挙出演という事で人気が有ったのか、
翌昭和31年の1月いっぱいまでと、丸々一年も放送される事となりました。

途中から、既にNHK『子供の時間』で台本を書いていた前田武彦が、
日本テレビのこの番組も書くようになります。
前田はここから日テレの仕事が増えて、そのうちにデタガリ放送作家の元祖として活躍。
後の大人気タレントとしての布石を打つ事となるのです。
浅丘ルリ子は色っぽかったと語り残しておりますね。
ディレクターは北川信と、おそらくこれが最初なのかなの、千本福子(せんぼんよしこ)。
初期の番組を探ると、後にテレビ界を担う才能の原石が潤沢に集まっていて楽しくなります。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ