私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



夜をあなたに (1963)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、「プロ」によるバラエティ番組がテレビの世界にも有った頃を振り返る、この番組です。






藤木孝の引退騒動を検索してみたら、想像をはるかに下回る扱われ方。
ツイストも藤木孝も、完全なる昭和語となってしまったという事でしょう。
いや、藤木孝はもちろん現役ですが、ツイスト男としてね。
そもそも瞬間的なツイストブームも、かのロカビリー・マダム、
渡辺美佐が目を付けた踊りと音楽によって火が付いたもの。
ロカビリーの大ブームを呼んだ彼女が、またも一山当てようとしておりました。
が、昭和37年、正に人気絶頂となった藤木が、すぐに引退を表明してしまうのです。
なにしろ渡辺夫妻ですら、いきなり出演拒否した舞台裏で藤木に初めて心情を吐露され、
涙ながらに芸能界を辞めたいと言われては、認めざるを得なかったのでした。

ところが彼は程なく、にんじんくらぶに所属して俳優として再出発。
当然ナベプロ側は激怒したでしょうし、後の森進一がそうであったように、
方々に圧力を掛けて藤木に仕事を回さないようにしたのでしょう。
この時の細かい事情はよく知りませんが、要するに藤木としては、
自分がやりたい事でもない事で目も回るほど忙しくなったのに、
収入はまったく増えないし、あまりにも忙しすぎるという事だったんでしょう。
渡辺プロ側にも当然言い分は有りますし、仁義を踏み外し、
嘘をついて他社に移った人間を妨害したくなるのも、理解は出来ます。

こうして仕事を干された状態だった藤木孝に手を差し伸べたのが、
日本テレビのバラエティー総元締め、井原高忠でした。
彼は「突如として、大いに同情して」と書いてますけど、どうなんだろうな。
ワタクシが妄想するには、渡辺プロすなわち渡辺晋への当てつけのようにも。
井原がいつから反ナベプロ・反渡辺晋だったのかは、
本当の所はきっと彼も吐露した事が無いと思うので判りません(笑)。
ただ、ザ・ピーナッツの名付けをした頃は関係もそれなりに良好だった事を思えば、
この藤木孝を巡る処遇が、井原と渡辺晋の関係にヒビが入る切っ掛けだったのかも。

昭和42年には『ゴールデン・ショット』という井原の番組が打ち切りとなり、
その補償交渉で渡辺晋にギュウと絞られたようで、「ナベシンはグーギャンだ」、
渡辺晋はギャングだと小林信彦に零したあたりで、いよいよ亀裂は決定的に。
この両者の亀裂に、いよいよ周辺事業でも大手を振って稼ぎまくろうと、
化けの皮を剥がし始めたテレビ局の利権収奪の動きとが絡み合い、
スカウト番組『スター誕生!』に絡む渡辺プロとの戦争状態となっていくのですが。
で、話を戻しますと、そんな藤木孝を使って井原が作った番組が、
今回の『夜をあなたに』という番組です。

一応ツカミとして藤木の話を冒頭に持ってきましたが、主役はあくまで水谷良重。
良重は一年前まで、同じく井原による『あなたとよしえ』という番組で、
一年に渡り歌と踊りによるショー番組を担当。
草笛光子の結婚により幕を閉じた『光子の窓』を継ぐ者として活躍しました。
そちらが終わった際も、日本に数少ない本格的ミュージカル番組の
終了を惜しむ声が挙がったものですが、それから雌伏一年、
井原高忠が再び良重を担いで本格ミュージカル番組を制作したのが、この番組でした。

「雌伏一年」と書きましたが、本人は著書で「二年ぐらい何もしてなかった」
と書いております。参っている時期とは、そのくらい長く感じるものなのでしょう。
どうして井原がスランプになったかというと、ヨーロッパに行って、
日本にミュージカルを根付かせるというのは不可能だと悟ったからなのですね。
向こうでは教会音楽が源泉としてあり、そこで小さな子供から自然とハーモニーを奏でる。
もっとも、日本も井原やNHK一部などの啓蒙が全く無力だったわけでもなく、
昭和40年代から50年代には、それまでと比べると格段と総体的音楽性が向上したと思います。
昭和末期になって、おニャン子と光GENJIがそれらを根底からぶち壊しましたけど(苦笑)。

そんな脱力から立ち上がって始めたこの番組は、井原自身が珍しく自画自賛する満足度。
当然と言いますか、見ている側からの評価も非常に良く、第二回テレビ記者会奨励賞を受賞。
勿論、一般視聴者からも賛辞が寄せられておりました。
ただ、わずか15分番組なのに中CMが有る事が難だと指摘され、
「胎盤云々」という言葉で雰囲気をぶち壊されたとの事です(笑)。
製薬会社が提供していたんでしょうか?
ともかく、昭和38年8月7日からの水曜夜10時15分からの15分間、
時間が短いだけにコント要素は無かったようで、純粋に歌と踊りで魅せたショーでした。

その内容を支えていたのは、『光子の窓』以来の蓄積とヨーロッパ探訪の知見を持ち、
完全無欠主義の熱意と能力を持つ井原高忠による演出と、
そんな井原の期待に応えるべく、これまた努力と根性で『あなたとよしえ』を乗り切り、
その後もアメリカに学んで東宝ミュージカルで活躍した水谷良重という存在に加え、
前田憲男トリオによる音楽と、スタジオNo.1ダンサーズの踊りでありましょう。
これらに伍していた藤木孝も大したものでした。
前田憲男は先日の舞台『夢であいましょう』に出演していたのですが、
あまり変わらない姿だったので、意外と若かったのかなと思ったら、
やはり80になろうかという年だと聞いて、かなり驚いたものです。
正に理想の加齢と申しますか、もちろん演奏も素晴らしいものでした。

スタジオNo.1ダンサーズは、『あなたとよしえ』を始めるにあたって、
井原が日テレ上層部に談判してこさえた、お抱えのダンス集団。
当時は軽視されていた踊り手の待遇を良くし、やり甲斐を持たせ、
この頃の日テレの様々な番組に、華麗な踊りで華を添えておりました。
男五人、女六人のリーダーは渡辺日佐夫。
井原の番組だけでなく、『シャボン玉ホリデイ』『夢をそだてよう』といった
当ブログ既述の番組でも踊っておりましたので、姿はご記憶の方も多いでしょう。
ザ・ピーナッツや水谷良重も、彼らに踊りを磨かれたのです。

この番組は穴埋めのような存在だったため、早くも第4回放送の直前にして
9月いっぱいでの終了決定が報じられ、実際には10月2日、わずか全9回で終了しました。
それがために井原にはやり尽くしたとの思いが無く、思い入れも一入だと言うのです。
同様に水谷良重も、終了報を聞いた時には無念の心境を吐露し、
視聴者も記者も、終了を残念がる声は幾つも有ったものです。
わずか9回の放送ながら記者会賞を受賞したのは、その端的な表れでしょう。
井原が称えていたのは出演者だけではなく、照明の赤司彰三、そして技術の藤井英一。

赤司は井原がその腕に惚れ込んで、自分の専属のように重用した職人。
ダレた人間は容赦なく怒鳴り散らし怖れられた井原が、何かと言うと赤司と怒鳴り合う。
しかしこれは阿吽の呼吸による言わばお芝居で、場に緊張感を与えるための術でした。
そのくらいに信用しきっていた間柄だったという事です。
藤井は当時の日テレで石を投げればぶつかった音楽畑の人間の中でも、
井原が一流の腕と認めるジャズ・ピアニストでもあった人物。
この人物が楽譜を見ながらスイッチングしていた演出は、他者には真似できないものでしょう。
この当時ですらなかなか見られないと言われていた良質なショー番組、
少なくともテレビで見る事はもう二度と叶わないでしょうし、
日本ではお金を出しても見られなくなる日も来そうな予兆も感じる現今です。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ