私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



日本フィル シンフォニーコンサート (1959)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、フジテレビの意外史を振り返る、この番組です。






いきなりクイズです。
フジテレビ最初の定時番組はなんでしょう?
定時番組とは、開局時のみの特別番組を除いて、毎週(或いは毎日)放送を成していた、
要するに、ごく普通のテレビ番組、その第一号はなんでしょうかという事です。
さすがに番組名を当てろと言っても無理でしょうから、番種だけでも結構です。
どんな番組がフジテレビの定時番組第一号でしょうか。
お笑いのフジ、子供番組のフジ、後にそんな色合いも出てくる、
言ってみれば柔らかめの局ですが、その定時番組第一号は、
クイズにしても常人では解答できないであろうくらいに、意外な番組でした。



いいですか、答を書きますよ(笑)。
その名も、『シンフォニー・コンサート』。
今やNHKですら放送が危ぶまれる、オーケストラによるクラッシック演奏番組。
昭和34年3月1日(日)に開局したフジテレビですが、開局の挨拶、紹介映画、
寿式三番叟、文楽といった、開局劈頭にはお馴染みの特番に続き、
11時からこの番組が放送されたのでした。
ま、開局のお祝いに相応しい番組でもあったというのは有るのでしょうが。
なんだ、それって開局時期のほんの一時的なものだったんでしょと言うなかれ。
実に昭和36年6月いっぱいまで、丸々二年以上も毎週放送されていたのです。

ちなみに、第一回はワグナー「ローエングリン」より第3幕への前奏曲と、
ベートーベンピアノ協奏曲「英雄」でした。
その心は、きっと共通する数字「3」に有るのでしょう。
関東での民間放送局、日本テレビ、KRテレビ(TBS)に続く第三の局、
その「前奏」と「英雄」といった並びが、強烈な自負を覗かせます。
ただ、実際には開局手続きの段階で10チャンネルのNETに先を越され、
本放送開始では民放第四局となってしまっていたのですが(苦笑)。

なぜフジテレビが開局早々にオーケストラ番組をする気になったか。
その心は、親会社に有ります。
フジテレビの母体は、映画会社とラジオ局の寄せ集め。
巨大利権と化したテレビ放送に我も我もと群がる企業群をとても捌ききれず、
映画の大映、松竹、東宝と、ラジオの日本放送、文化放送が一緒に始めた局でした。
中でも特に力を持っていたのがラジオの二局で、事実上フジの親会社でした。
そして文化放送は、日本フィルハーモニー交響楽団の産みの親なのであります。

そもそも文化放送なる局は非常に怪しい局で(笑)、GHQが主導した民間放送構想に
聖パウロ修道会が呼応し、カトリックによる宗教放送を企図した局だったようです。
以後はワタクシの妄想という事で結構なのですが(笑)、
簡単に解説すれば、アメリカ様が日本人を一神教に作り替えようとしていたわけです。
アメリカはプロテスタントの国とかいうのは、他宗教の人種に対しては些細な事で、
バチカン・キリスト教というのは、征服すべき人類に対してまず与え、
その尖兵もしくは斥候を務めて発展してきたという歴史が有る訳です。
多神教という訳の分からない宗教観を排除し、自分達と同一の価値観を持たせ、
安心して支配下に置いておくために、キリスト教は便利な道具だったのでした。

とまあ妄想話はこのくらいにして(笑)、いずれにせよ怪しい出自のこの局は、
その後も左翼方面の人種を大量に採用したとかで、更なる怪しい局に(笑)。
ま、一神教にせよ共産主義にせよ、日本のような異文化を数百年、
ともすると千年単位で築いてきたような価値観を根こそぎ破壊するための道具で、
こうした勢力を新しい支配者が利用しようとしていたのは、
日本という国の歴史性の余りにもの長さと当時の盤石さを思えば、無理からぬ事でした。
あれ、なかなか妄想から抜け出せないや(笑)。
ま、妄想話はともかくとして、文化放送の気持ち悪いほどの左翼性は、
現在の放送を聞いていてもゾクゾクするほど味わえますけどね(苦笑)。
それとも吉田照美の番組だけなのかなー?(笑)

そんな局が日本フィルを結成させたのは、その構図で考えると、
西洋音楽を日本人に馴染ませるという観点が有ったものと考えられます。
けれども宗教・思想での洗脳とは違い、芸術の相互理解による親睦は結構な事で、
これには藤山愛一郎や永田雅一、大屋政子といった財界の大物も賛同。
渡辺暁雄を常任指揮者とし、コンサートマスターに岩淵竜太郎と
ブローダス・アールを頂いて、フル編成で週一回、中編成で週七回、
どれも提供会社を付けて放送できていたというのですから、順風満帆でした。
このようなラジオでの実績を経て、フジテレビ開局に伴い、
開局日早々からの毎週定時放送が実現できていたという事なのでした。

この少し後に日本テレビ系も読売日本交響楽団を結成させて、
その放送も定期的に見られたのですがね。
往時は視聴率としては弱めの文化番組や、教育・教養番組が普通に放送されていたのです。
現在ではテレビ側による自発的な改善は構造的に絶対に不可能ですし、
評論家だのマスコミ人だのも残らず汚染されておりますので、
もっと視聴者側で圧力を強めて、かつてのような番組の縛りを復活させる事が、
実はテレビ番組が(内容的に)息を吹き返す現在での唯一の方法だと思っておりますが。
ま、実はそれも構造的に(現状では)絶対に不可能なので、ワタクシは絶望しておりますがね。
フジテレビ最初の定時番組は『シンフォニーコンサート』でしたが、
きっと最後の番組は、『吉本ジャニザイルAKBオネエ大集合スペシャル』でしょう(笑)。
考えてみれば西洋では育たない、日本独自の文化ですよね。誇れるかどうかは別として(苦笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
文化放送が
 日フィルの設立母体だったとは。
てっきり有楽町の方だと思ってました。
 フジと文化放送、やっぱりピンとこないな~。NET(テレ朝)と関係深い印象を受けますね。旺文社つながりで。
 日テレは読響ですが、TBSも昔楽団を所有していたというのを聞いたことがありますが。
 NETは楽団の代わりにウィーン少年合唱団を呼んで各地をまわらせてましたね。ここ最近お見かけしないけれど。
2014/09/20(土) 22:10:54 | URL | (ハンドル未記入)
あら、またやった
 ↑のコメントは私です。
2014/09/20(土) 22:12:32 | URL | 北国の人
日フィルリハーサルホール
以前、「世界の名曲」とかいうタイトルのレコード・ブック・シリーズが家にありました。
ベートーベンやモーツァルトなど特定の作曲家の作品をまとめたシリーズでしたが、その演奏を担当していたのが日フィルでした。
当時、河田町のフジテレビ局舎内に日フィルのリハーサルホールがあって、そこで収録されることが多かったようです。

あと、TBSと関係の深かった楽団といえば、かつては東京都交響楽団がありました。しかし何らかの事情によって袂を分かつことになり、その受け皿として他局で企画された番組が「題名のない音楽会」だったそうです。
2014/09/20(土) 22:35:32 | URL | うみがめ
● 北国さん
ウイーン少年合唱団に関しても、ぜひ昭和30年代特集で扱いたかったんですけどね。
またいずれかの機会に。


● うみがめさん
家柄がウチとは違うなあ(笑)。
うちは水前寺清子とか美空ひばりですからねえ(笑)。
都響に関しては、設立前から反対論も強く、
設立後も何かにつけて因縁つけられていたんですよね。
2014/09/23(火) 23:57:17 | URL | ごいんきょ
新参者からご挨拶
拝啓 1969年頃から観ておりました記憶があり、確か日曜の朝早くからでしたね。開始の音楽は「ロッシーニ ウィリアムテルから6人の踊り」のアレンジ版で、良く出来ていました。白黒でしたが当時の内外の一流指揮者が出てくれて「ストコフスキー、ケルテス、マルケビッチ、渡辺あけお、山田一雄、近衛秀麿」と言った今では考えられない豪華な顔ぶれでした。中にはかなりウィットに富んだ編成もあり「山本直純氏のオリジナル曲で落語家の某氏がナレーション」した、宇宙から来た屁たれ嫁っ子の話はおかしくっておかしくって今でも忘れられません。何でも物凄い「大屁垂れる娘」が、「何っこの世の名残に屁がしてえ?」「山本先生っこの曲もヘ短調ですか?」とか何とか、、、いゃあーー良い時代でしたね。やはり山本直純氏は凄かった。晩年は強くクラシック回帰を希望し、少し大衆的をやり過ぎたと。お気の毒でしたがその功績は、例え世間が忘れても、この私が決して忘れませんから。敬具
2017/03/13(月) 21:30:54 | URL | よしたかくん
え?と思い番組表を見てみたら、昭和40年代前半にも復活してたんですねえ。
開始音楽は固定だったんですか。それは貴重な情報です。

へえ。純粋クラシックだけでなく、オーケストラがやって来たの
前身みたいな事もやってたんですね。
2017/03/16(木) 21:47:20 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ