私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ぼくもわたしも名探偵 (1961)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、推理クイズがNHKに2つも有った頃を振り返る、この番組です。






NHKが昭和32年11月10日(日)から放送を始めた『私だけが知っている』は、
推理クイズという、ミステリーの要素を娯楽と完全一体化させた、
テレビならではの新機軸クイズ番組でありました。
その後も何本か推理クイズは作られたものの、
どれもその番組の形式を踏襲する形から脱する事が出来ずに終わり、
テレビ誕生から5年も経たずに作られた物が、いかに完成された形式だったかが解ります。

その後に作られた数々の推理クイズは、概ね民放による真似番組。
NHKで大当たりした番組を民放側が頂いてしまうという形は非常に多く、
初期の名番組である『ジェスチャー』『危険信号』『私の秘密』『それは私です』
なども、どれも後に民放によって類似番組が作られました。
ま、これらの中にはアメリカの番組をパクったものも少なからず有る訳ですし、
NHKが民放に後れを取った番組も有りますので、お互い様なんでしょうけど。

ところで、選りに選って『私だけが知っている』の放送期間中に、
まったく同じとしか思えない類似番組が放送され始めたのです。
でも、それは同じNHKの番組でしたからお咎めは有りませんでした(笑)。
ただ、お咎めは無いとしても、そんな使い回し有り?って感じですけどね。
それが今回の、『ぼくもわたしも名探偵』でした。
これは、毎週火曜日の夕方6時からの番組で、『みんなのうた』の前時間。
NHKが特に強い頃でも有りましたし、当時この時間帯を毎日ご覧だった人も多いでしょう。

内容としては、さすがに子供が対象とあって、殺人事件とかではなく、
身の回りで起きるような話が描かれてはいたようです。
それ以外は、最初に劇で事件を説明し、回答者が推理するという形が
『私だけが知っている』と同じだとして、子供ですら指摘していたというのですね。
でも2年半も続いているのですから、それなりに人気は有ったのでしょう。
回答する側は、この番組では応募してきた視聴者の子供を豆探偵として使い、
日本全国から参加できるように、各地のNHKと二元中継で放送しておりました。

司会は、TBS『百万円Xクイズ』で司会業を始めた、元五島プラネタリウムの草下英明。
NHKでは他に、『四つの目』もやってましたね。
ネットで検索してみたら、放送開始日が不思議にいい加減に扱われております。
正しくは、昭和36年10月3日「消えたサインボール」が第一回であります。
ウィキペディアが10月13日としているのは、NHK年鑑の誤植を丸写しと解りますけどね。
出典は記載されてませんが、説明文もそのまま丸写しだし。
ウィキペディアに基づかない他所の間違いは何故なのか、よくわかりません。

昭和37年9月4日放送「古井戸の秘密」では、「金輪際」とか「爪に火を灯す」
「妖気が立ちこめる」などの言葉が豆探偵には難しすぎるとの指摘が有りました。
しかし、子供ってそうやって知らない言葉を使われながら覚えていくものだと思いますけど。
しかも、劇が終わってから言葉の説明も有ったというのですから、尚更。
ま、「金輪際」も「爪に火を灯す」も、立派な昭和語となっておりますが(笑)。
昭和38年3月5日放送「珍説藤吉郎出世物語」では、
豊臣秀吉が征夷大将軍になったかのように話を展開。
いかに「珍説」と銘打っているとは言え、子供相手には避けるべき(現時点での)誤りでした。

10月8日放送「名画のゆくえ」では、いかに自分の所有物とは言え、
二千万(現在価値2億以上か)もの名画も有る画廊にて、持ち主が喫煙している場面が。
有り得ない事ですし、いかに喫煙場面が普通に有った昭和時代とは言え、
子供番組でまでやる必要が有ったのかなと思います。
更に画学生から私立探偵が指紋を採るなど、完全なる越権脱法行為も(笑)。
それから、『ホームラン教室』の稿で既述しましたが、
どうもあの番組の主人公・大川トオルの部屋が使われた回が有ったような(笑)。
詳しくは、検索窓をご利用の上『ホームラン教室』の稿をご覧下さい。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ