私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



いかすぜ珍商売 (1963)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、テレビでも活躍した大物喜劇人の一人・森川信を振り返る、この番組です。






♪ ガバチョ ガバチョと おゼゼが入る
  よろずなんでも引き受けちゃうぜ
  バッチリいかすぜ ガッチリいかすぜ珍商売
 「本当に困っちゃうんだよ こんなにおゼゼが入っていいのかしら」
 「いいんだよ、しけてんだろ」「そうお!」

なんとまあ、隅から隅まで昭和語で並べられている主題歌でしょう(笑)。
既述『セールスマン水滸伝』で活躍したコメディアン、森川信の主演作。
名の通った映画・舞台の俳優たちが敬遠していた初期テレビに於いて、
本当の草創期から割と大らかに協力していたのが喜劇俳優でした。
特に関東では、大御所中の大御所である榎本健一の弟子が日本テレビにおり、
テレビ誕生後すぐにエノケンが作った喜劇人協会も、必然、親テレビ。
まずは日本テレビを中心に、大物喜劇人がこぞってテレビに本格出演しておりました。

森川信もかなり初期から活躍し、創生期の日本テレビで数本、更には
TBSでは『ますらを派出夫会』で活躍し、フジの『セールスマン~』と出演。
エノケン、ロッパ、金語楼、森繁、有島、のり平らがテレビでも代表作を持ち、
その後もそれなりの知名度を誇っていたであろうのに対し、
森川信は、その演技力や舞台での着実な実績に比して、
あまりその名が伝わって来なかったようにも思います。
『ますらを~』『セールスマン~』は当時としては人気番組でしたが、
如何せん、テレビの普及数そのものが少ない時代でありました。

そんな森川信が、昭和38年10月12日(土)よりフジテレビで請け負ったのが、
この『いかすぜ珍商売』で、松竹会館銀座東宝での公開収録番組でした。
後期は同じ松竹会館でも、銀座大映の方での収録となっております。
提供は、初期が六甲バター、QBBチーズの所ですね。
後期は三共開発という、非常に地味な会社となりました。
放送曜日も前期と後期では違いますが、放送時間は昼12時15分からの30分のままでした。
内容としては、森川信の演じる「頼まれ屋の喜八」が受ける無理難題を元に、
毎回毎回、由利徹や佐山俊二らの面々らが違った役を演じて絡むという喜劇でした。
初期には南利明も出ていたようですが、八波むと志の名は見えません。

昭和39年4月4日放送「お笑い名勝負」では、由利徹が二世の映画プロデューサー、
ジミー北川なる人物となりました。
このジミー、英語をちゃらんぽらんに交ぜ、「ユー、嘘つき」とか言うんですよね。
もう、明らかにジャニー喜多川をパロってるだろうとしか思えないのですが、
当時は勿論、世間的には名前は知られていなかったわけで、
完全に内輪ギャグって感じだったのだろうと思います。
当時の業界人には、ジャニー喜多川という人物が面白かったのでしょうね。
ま、単に完全なる偶然と言うか、思い過ごしの可能性も有りますけど(笑)。

昭和41年3月31日(木)放送、第130回「商売大繁盛」が最終回。
ジュディ・オング演じる女の子が、両親が離婚見届け人の依頼に来るから断ってと
喜八に頼みに来るところから始まり、上手く行ってなさそうな二組の夫婦を
入れ替えたらどうなるかとやってみる話でした。
一件落着して仲睦まじくなった二組の夫婦に当てられて、
喜八が独り者には目の毒と零すと、ジュディ演じる女の子が、お嫁になってあげると。
驚いた喜八が年を尋ねると、「13よ」と答えたのでした。
ジュディ・オング、13歳(笑)。
尤も彼女は、その前の『三太物語』の頃から顔の知られた子役だったのですが。

最後はファンファーレが鳴って、森川信による口上。
「という訳で、二組の夫婦もめでたく収まるし、私の珍商売・よろず頼まれ屋も
 これから益々繁昌してゆくのですが、当分の間ブラウン管からは
 皆様にお目にかかれなくなりました。でも、難問、珍事が起こった時は、
 この村山喜八がいる事をお忘れ無く。 では皆様、ご機嫌よう」
こうしたファンファーレを始め、音楽を担当していたのが渡辺岳夫。
もちろん冒頭の主題歌作曲も彼で、作詞はじんのしげよし、
歌は森川信、由利徹、長門勇の三人でした。

少し前にワタクシ、会社の後輩と話していて、「ガバチョと貰ったから遠慮するなよ」
とか、なんの意識も無くごく自然に口から出てしまったのですよね。
「ガバチョ」という言葉が口から出る正にその瞬間、語感がおかしいとは感じたのでしょう、
少し引っ掛かるものは有ったのですが、もう普通に喋り始めていて言葉は口から放たれて。
そして言い終わって一瞬の間を置いて、自分で可笑しくて大笑いしてしまいました。
会社でのごく普通の会話、ウケも何も狙っていない通常の会話の最中に、
唐突に挟まれた「ガバチョ」という昭和語の破壊力に自分がKOされてしまったのです(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ