私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

歌謡曲ベストテン (1965)

歌謡曲ベストテン(1965)
TBSで放送された、歌謡曲ランキング上位10曲を紹介する音楽番組なーんだ?
ザ・ベストテン?
そうですね。それでも正解です。しかし、実はその前身があるのです。
三木鮎郎司会の『TBS歌謡曲ベストテン』こそは、オリコン誕生の
契機となったエポック・メーキングな番組だと想像します。
歌番組はそれまでにも数々あれど、番組内でランキングを発表していたのは、
洋楽メインだった『ザ・ヒットパレード』くらいではなかったでしょうか。

自分の歌がランク付けされ、その後で歌うというのは、
下位ランクになった実力派歌手にすれば屈辱的なはずで、
ましてや当時は、実売ランクなんぞよりもはるかに
芸能界での格が物言う時代でしたから尚更です。
更にはオリコンも発足前で、雑誌の独自調査などはありましたが、
全国的に調査した信頼に足るレコード販売データがほぼ皆無でした。

この番組は、そうした情報面や歌手・事務所への配慮など
様々な困難が予想される中、初めて登場したランキング番組だったと思います。
おそらく、この番組の成功で、国産レコードのランキングも、
より人々に気にされるようになったのではないかと思うのですが。
しかし、ベストテン形式の発表はやはりいろいろ圧力があったのか、
1967年から『TBS歌のグランプリ』となりました。

この番組の司会者だった三木鮎郎は、元々は作家さん。
テレビ界では、スター千一夜の初代司会者となって名を馳せました。
作家というのは起承転結を考える訓練が出来てますから、
人材が少なかったテレビ創生期、司会をアドリブでこなせる貴重な存在で、
前田武彦、永六輔なんて人々も、司会でも活躍してましたね。

後にできたザ・ベストテンという番組名は、この番組名から取ったのでしょう。
この「ベストテン」という和製英語を使う局は、テレビ界では
TBSに限られていると思いますが、ラジオではロイ・ジェームス司会の、
『不二家 歌謡ベストテン』という名番組がニッポン放送でありましたから、
TBSは商標登録などというコスイ真似はしなかったようです。
ヘンな外人、ロイ・ジェームスも懐かしいね。不二家歌謡ベストテンは、
日曜早朝のラジオ番組だけど、聴取率20%くらい取っていたらしいです。
ラジオ番組が20%取れたギリギリ最後の時代ですね。

ウチも当然のように聴いてました。前後には、くず哲也の『日曜はダメよ』とか、
「私はこっちの曲が聴きたいな」の『リクエスト合戦』とかね。
なぜこれほど率を取れたかというと、当時はまだテレビは、
日曜早朝はお堅い番組しか流してなかったんですな。
当時のエコノミック・アニマル、ジャパニーズ・ビジネスマンは、
休みが日曜日だけ。だからその日の午前中は布団に入ってゆっくりしてる。
そんな朝、新聞を読みながらでも軽く聞けるラジオという事だったんでしょう。

ちょっと余談が長くなりましたね。 で、この歌謡曲ベストテン、
今でも懐かし映像としてよくこの番組の映像が紹介されますが、
歌のシーンに関しては、ほぼ全部覚えてますね。
当時の歌番組としては、異彩を放っていた番組だったのは間違いないです。
毎週見てたんだけど、なぜだかトークの部分をあまり覚えてないな。
おそらく、本当に曲紹介と当たり障りのない話だけしてたんじゃないかな。
当時の歌番組はそれで当たり前でしたからね。
三木鮎郎のような『司会者』って、今では絶滅職種ですね。

しかし昭和時代は、本当に番組の司会だけをしていた、
「司会者」というジャンルのタレントも数多くいました。
彼らは今の兼業司会者と違い、余計な事はしゃべらない。
相手を立てる事しか言わず、突っ込んだ質問もしない。
クイズ、バラエティでも、歌番組でも、それは同じです。
音楽番組でも馬鹿話が大きな位置を占めるようになった最初は、
前田武彦と吉村真理による『夜のヒットスタジオ』だったんじゃないかな。
その針を大きく進めたのが、『ザ・ベストテン』の黒柳&久米コンビでした。
この二人のトークがなければ、音楽番組の司会がオールお笑い界という
今日も、きっと無かっただろうと思います。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
歌のグランプリ
私は、「歌のグランプリ」という題名の方でしか覚えていないんですが、司会は大橋巨泉もやっていましたよね。出だしの "歌のグランプリ
"という掛け声は、巨泉氏の声で記憶しています。
過日、CSでS42年の放送分をやっていましたが、まさにタイム・カプセルを開けたような感動を覚えました。動く荒木一郎や、園まり、三田明といった当時の旬の歌手が見られたのは凄かったですね。しかもヒット曲の含有率も高かったです。当時いかにヒット曲が多かったかの証拠ですよね。
当時は、多くの歌番組があったと思いますが、記憶に残っているのは、あとは、「今週のヒット速報」(フジ)くらいですね。高橋圭三と松任谷国子(松任谷正隆の親戚だったかな)の司会で、ヒット曲が掲示板(パタパタと回転するやつ)に表示されるのが新趣向だったと思います。

この番組は、近年もTBSの歌の特番等で時々、細切れで紹介されることが多く、グループサウンズも含め、たくさんのビデオが残されていることは確実なのですが、どうもまとめて放送する気がないようです。テレビ東京で不定期にやっているような歌謡曲大全集企画は、できないのでしょうかね。CSの放送も1回分切りですしね。
TBSは、ドラマも含め、全体に過去の放送のアーカイブは膨大な量があると思われるのですが、あまり、過去に目を向けたがらない局のような気がします。「高原へいらっしゃい(田宮版」も要望が多いにもかかわらず、いまだにDVD化しませんし。頼む、TBS様。
2006/09/01(金) 01:55:43 | URL | ブロンソン
司会陣
三木鮎郎さん、大橋巨泉さん、青島幸男さんが交代でやっていたようですね。
でも、毎週観ていたのに歌以外についてはまったく記憶から欠落してるんですよね。
それだけ歌というのは記憶に残りやすいんでしょう。
ワタクシは2歳当時からの紅白歌合戦を覚えてますが、
普通の番組はなかなか記憶に残っている年齢ではありません。

先日TBSチャンネルでやったやつは昨年と同じものでした。
それもありがたいんですが、他の回もなんとかお願いしたいもんです。
動画については版権クリアがけっこう煩雑なようで、
その辺で再放送が難しいというのもありそうですけど。
でもフジテレビ721は夜ヒットの再放送を実現しているわけで、
TBSチャンネルにも頑張って欲しいですね。

今週のヒット速報も観てました。
有名な歌番組は大抵観てましたね(笑)。
この番組もいつかはここで扱う番組です。

TBSの映像資産は、誰の功績かはわかりませんが、
たしかに他局を凌ぐものがあるように思います。
TBSチャンネルというのが出来てますので、今後に期待しましょう。
2006/09/01(金) 06:53:18 | URL | ごいんきょ
貴重な音源 その2
紅白歌のベストテン コメント欄で書き込んだ
貴重な音源シリーズで
TBS歌のグランプリ バージョンが
アップされていたのでこちらに書きます

昭和44年の12月2日放送分で
しかもオープニングの一部分も入っていて
放送当時のランキングが紹介されてました

ただ、第何位という言い回しではなく
今週のベスト5、5位以下をトップグループ
20位から11位をセカンドグループと言っていて
タイトルと歌手名を早口で紹介していました。

当時のランキングを発表順に書きます

セカンドグループ
涙でいいの/黛ジュン
昭和ブルース/ブルーベルシンガーズ
まごころ/森山良子
ひとり寝の子守唄/加藤登紀子
青空のゆくえ/伊東ゆかり
ドリフのズンドコ節/ドリフターズ
悲しみは駈け足でやってくる/アン真理子
海辺の石段/ブルーコメッツ
銀色の雨/小川知子
白い色は恋人の色/ベッツィ&クリス

トップグループ
恋泥棒/奥村チヨ
いいじゃないの幸せならば/佐良直美
真夜中のギター/千賀かほる
池袋の夜/青江三奈
夜と朝のあいだに/ピーター

ベスト5
あなたの心に/中山千夏
花と涙/森進一
黒ネコのタンゴ/皆川おさむ
人形の家/弘田三枝子
愛の化石/浅丘ルリ子

このあとに
以上、TBS歌のグランプリ今週の上位30曲でした
というアナウンスがあったのですが

君を許す/タイガース
別れのサンバ/長谷川きよし
枯葉の街/由紀さおり
北国の町/東京ロマンチカ

という途中から音源がスタートしていたので
これ以下は判りません。

いしだあゆみさんは
喧嘩のあとでくちづけを という曲を
九州の空港からの生中継で歌っていました。
この回の司会は青島幸男さんでした。

長文になってしまい申し訳ございません。

2011/12/18(日) 13:19:53 | URL | テレビマニアな30代
結局、レコード会社や事務所の圧力で、明確な順位付けをできなくなったんでしょう。
まだスター誕生!誕生前で、局がタレントプロデュースに発言権をそれほど発揮していない時分です。
あと、どうしても美空ひばりさんという超別格の存在がいた事も大きいと思います。
事務所も事務所ですしね(笑)。
2011/12/30(金) 05:30:00 | URL | ごいんきょ
貴重な音源
YouTubuに昭和44年10月28日
放送分の「歌のグランプリ」のオープニングがアップされていました。

前述の方が書いておりますように、
その週のトップ30を早口で紹介
しています。
ナレーションは鈴木史郎さんです。

サードグループ下位5曲
わかれ雨 内山田洋とクールファイブ
なみだの港 愛田健二
あこがれ 永田英二
港町ブルース 森進一
ローマの奇跡 ヒデとロザンナ

サードグループ上位5曲
誰にも云わないで 愛川みさ
ひとり寝の子守歌 加藤登紀子
黒ネコのタンゴ 皆川おさむ
長崎は今日も雨だった
内山田洋とクールファイブ
何故に二人はここに Kとブルンネン

セカンドグループ下位5曲
どしゃぶりの雨の中で 和田アキ子
夜と朝の間に ピーター
バラ色の月 布施明
銀色の雨 小川知子
星空のロマンス ピンキーとキラーズ

セカンドグループ上位5曲
今日からあなたと いしだあゆみ
恋泥棒 奥村チヨ
涙でいいの 黛ジュン
恋の奴隷 奥村チヨ
花と涙 森進一

トップテン下位5曲
まごころ 森山良子
おんな 森進一
愛の化石 浅丘ルリ子
昭和ブルース ブルーベルシンガーズ
あなたの心に 中山千夏

ベスト5
池袋の夜 青江三奈
真夜中のギター 千賀かほる
人形の家 弘田三枝子
いいじゃないの幸せならば 佐良直美
悲しみは駆け足でやってくる 
アン真理子

当時、私は9歳で、テレビっ子で歌謡曲もだいぶ知っていたつもりでしたが、知らない曲が結構ありました。

わかれ雨(クールファイブ)、
ローマの奇跡(ヒデとロザンナ)、
涙でいいの(黛ジュン)、
まごころ(森山良子)
は、あまり記憶にありません・・・。
オリコンの資料を見ると、それなりに
売れてはいるんですけど、大ヒット曲の狭間だったからでしょうか?

森進一さんは凄いですね。
トップ30に3曲も入っています。

何だかいい時代でした。

2016/05/18(水) 23:26:39 | URL | たけし
ちょっと検索できないんですよね。
URL書いて下さると助かります。
2016/05/20(金) 00:30:40 | URL | ごいんきょ
URLです
ごいんきょさま

昭和44年10月28日の「歌のグランプリ」のオープニングのURLです。

https://www.youtube.com/watch?v=OlfqVBqIGIY
2016/05/21(土) 22:33:23 | URL | 寿司たろう
あ、例のあゆみさん周辺の方のものですね。
OPってこういう感じだったかな。
面白味が全く無いので意識の中にまったく入っていませんね。

局に関しては、子供心に残るくらいのものは、何年経っても人々に語り継がれるという事でしょう。
でも、ワタクシも覚えていない曲が幾つか有って、そういうのは聞いても思い出せませんが、
布施明さん「バラ色の月」だけは、あっ!こんな歌あったな!と思いました。
他のヒット曲に比べると、何故かあまり回顧されないです、この歌。
2016/05/22(日) 08:55:49 | URL | ごいんきょ
ベストテン
そういえば、「ベストテン」という言い方も、和製英語というか、文法的に正しくないんですよね。

だって、「ベスト」という言葉が、最上を意味する言葉で、最上のものが10もあるわけがないから。

もっとも、習慣というのはおそろしいもので、「ベストテン」という言葉が、歌番組に限らず、ランキングを扱うところでは習慣的に使われています。

「ベストテン」という言い方が、語呂がいいんでしょうね。

あえて文法的に正しい言い方をするなら、「ベターテン」となるでしょうが、なんか語呂が悪いですね。

ちなみに、番組では後発ですが、「トップテン」というほうが、文法的には正しいです(上位10曲という意味になるから)。

2016/05/22(日) 11:03:03 | URL | 10000k
でも、言葉って意外と柔軟で、「ウォークマン」も散々言われましたけど、向こうの辞書にも載りましたしね。
「ベストテン」も、使われ方次第では受け入れられるとは思います。
ま、トップ10という言葉が一般化されているので、単独の固有名詞としてしか受け入れられないでしょうけど。
2016/05/22(日) 13:51:31 | URL | ごいんきょ
滑舌悪過ぎ・・・
ごいんきょ様

OPは、昭和44年にしてはかなり早口な感じがします。
私も聞き取りにくいところがいくつもあったので、何度も聞き直しては、書き起こしました。
というか、鈴木史郎さんにしては滑舌が悪過ぎだと思いました。
まだ新人アナウンサーだったのでしょうか?
当時の視聴者にとっては、何が何だかわからなかったのではないかと思います。
それとも、30曲を示したボードでもあったのでしょうか?
気になるところです・・・。
2016/05/22(日) 22:05:11 | URL | (ハンドル未記入)
30曲も紹介しているわけですからね(笑)。
そりゃ早口になるでしょうが、それでも今ならとても考えられない、のんびりした番組制作です(笑)。
アナウンサーの面白くもなんともない局名読み上げだけで30曲分もぶっ続けですからね。

滑舌は、ワタクシは気になりませんでしたが。
曲名は勿論、スーパーかボードで表示されていたと思います。
確かスーパーだったような気が。アテになりませんが。
2016/05/23(月) 05:16:42 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。