私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



マンモス家族 (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、関西テレビの発足と大家族ドラマの元祖を振り返る、この番組です。






さて、関西民放の成り立ちを解説しながら進めようという試みの2局目に
関西テレビを持ってきたのは良いのですが、どうもこの局、
初期の制作番組で見るべき物が見当たらない(苦笑)。
尤も、関東キー局のフジテレビも当初は制作能力が低くて、
見るべき番組と言えばお笑いタッグマッチとかスター千一夜とか、ごく一部。
ま、読売の時は『茶道教室』とかやったくらいなので(笑)、
こじつければ何でもできるのですが、今回はコメント欄で指摘されて、
ああ、そういうものも有ったのかと再認識した、『マンモス家族』を扱おうと思います。

これは、あくまでもフジテレビ制作の大家族ドラマ。
けれども系列の関西テレビでもネットされておりました。
関西テレビというのはそもそも、読売の稿で書いたような、
テレビ利権に蟻のように群がってきた企業群を一纏めにした局で、
当時、関西では読売よりも名の通っていたらしい産経新聞と、
神戸新聞、京都新聞、ラジオ京都、ラジオ神戸、阪急電鉄等を糾合したもの。
田中角栄の前任郵政大臣である平井太郎が離任間際に、
自身の会社である西日本放送と一緒に、彼と関係の深い小林一三の阪急と繋がる
関西テレビにだけ、食い逃げのように予備免許を与えたものでした。

こんな解り易い利益誘導が行われていたのですが、政治なんて古今東西こんなものでしょう。
勿論、これによって更に待ち惚けを余儀なくされた読売は激怒したわけですが。
読売が「新大阪テレビ」と見栄えの良い名前で準備していたのと同様、
こちらも準備段階では「大関西テレビ」という大時代的な名前(笑)。
元々、産経が進めていた「関西テレビ」というのが有り、
それにあれやこれやフジツボのようにくっついたのですから、「大」なのでしょう(笑)。
さすがに開局に当たって、「大」の字は削除されました。
前述のように、予備免許の段階では読売を出し抜いたものの、
前稿で書いたように、読売が正力御大の大号令の下、常識外れの強行軍で追い抜くのです。
結果、本放送開始は読売より3ヶ月ほど後となりました。

そんな関西テレビは、大御所・小林一三の高邁な理想を引き摺るためか、
今ひとつ大衆受けのする番組が出て来なかったように思います。
一方、先にも書いたように関東のフジテレビも、まだ制作力はひ弱でした。
でまあ、フジ制作ではありますが、関テレにもネットしていたという事で、これなんですけど。
さて、今回の『マンモス家族』ですが、たしかにコメント欄で指摘されたように、
これこそが大家族ドラマの先駆けだったのかもしれません。
昭和37年11月21日より水曜夜7時半からの放送でした。
森繁の『七人の孫』、同じくTBSの『ただいま11人』、共に昭和39年開始の番組です。
この番組も昭和39年7月まで続いているため、本当に最末期だけですが、
この3番組が同じ週に放送されていた時期も、非常に短いながら有ります。

裏番組がなかなか強力で、NHK『それは私です』を筆頭に、日本テレビ『クレージー作戦』、
TBS『ライフルマン』、NET『ジャズ・歌謡曲・素人ノド自慢』という並び。
フジは一般的に弱い頃な上にこの裏番組ですから、
この番組がテレビ史上で余り語られないのは当然でしょう。
特にNHKとTBSの2つの番組は強かった。
それでも二年近くも放送されたのは、これら裏番組を向こうに回したにしては、
フジテレビとしてはよくやっていた方の人気が有ったのでしょう。
そんなところで、TBSの二番組誕生にも影響を与えているかもしれません。
尤も、赤塚不二夫の『おそ松くん』が少し前から少年サンデー誌上で人気となっており、
あちらが6人なのを倍にして、キリ良く1ダースにしたのが発想の元だと思います。

物語は、六男六女、計12人の子供を持つ大家族を描いたホームドラマ。
巨大さの表現としてマンモスという語句を使う例は古くから有り、
昭和30年代に入るとマンモス・タンカーとかマンモス景気などと、
よく使われる言葉となりました。
べつに元廃人アイドルが使い始めた言葉ではないのです(笑)。
このマンモス家族・阪東家の顔触れは、夫婦役が野々村潔と三宅邦子。
子供達は、長男・近藤洋介、次男・古今亭志ん朝、四男・目方誠のちの美樹克彦、
長女・池田昌子、次女・炎加世子、五女が松島トモ子で、六女にジュディ・オング
といった多彩な顔触れ。五男と六男は3歳の子で、公募した双子が担当しました。

昭和38年4月17日放送では、広志が中学生同士でボーリングに行く場面が有り、
家族で楽しむ番組なのだから、もっと健全な描写をという抗議が有りました。
空前のボーリングブームに5年ほど先んじており、まだ不良の遊びだったのでしょう(笑)。
11月に入ると、五女・いのり役の松島トモ子が、コロムビアレコードの留学生第一号として、
渡米して一年間日本を離れるという事となりました。
そこで制作側は、これをドラマ設定に活かし、高校一年生のいのりを留学させる事に。
代わりに青い目の交換留学生を招くという事になったのでした。
この留学生役はブラスタ・バイヤスといい、前年暮れにユーゴ領事として赴任した父親と来日。
12月11日放送「エレン到着・いのり出発」の回から、エレン役で出演しました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
あっ,そうでした
アップありがとうございます。
え~「七人の孫」より早かったのでしたか? 50年前の記憶なんてアテになりません(笑)。
制作は関西テレビだったのですね。
オープニングで箱根の小田急ロマンスカーが映るので
東京の番組だと思い込んでいました。
そうでした。古今亭志ん朝も出ていました。
ヘプバーンの池田昌子さんが出ていたのですね。驚きです。
ごいんきょからリクエストされた主題歌ですが,なんとなくメロディは知っていのですが,
覚えているとはほど遠く。すみません。
ただ,最後に「マンモースかあぞおく~,マンモスかぞおく」
そのあとにジュディ・オングと双子の男の子の掛け合いのセリフがあり
「私の服,いつもお古よ」
「わかっちゃいないんだな」
と締めるのです。
2014/09/05(金) 21:22:08 | URL | 元朗
関西では関テレというだけで、制作はあくまでもフジです。
小田急が映ってましたか。

おお、OP情報は貴重です。
なんとなく雰囲気が伝わりますよ。
2014/09/06(土) 07:23:58 | URL | ごいんきょ
関西テレビ製作番組だと
昭和30年代の関西テレビ制作番組だと、やはり日曜夕方の茶川一郎さん主演の「一心茶助」位しかありませんかねぇ。
関西テレビの親会社筋の東宝と縁が深かった筈の花登・大村コンビも、関西テレビが開局した頃はちょうど花登氏と東宝との関係が微妙になってきた頃ですしな・・・・・。
2014/09/06(土) 12:16:43 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
一心茶助は既述でしたんでねえ。
それなりに人気あったかと思うのですが、まったく反響無かったなあ(笑)。
関テレは教育・教養の縛りは表面上は無かったと思うのですが、しばらく冴えなかったですね。
宝塚関連の番組を扱おうかと思っていたのですが、テレビの方は資料があまり無くて。
2014/09/06(土) 21:18:35 | URL | ごいんきょ
マンモス家族懐かしい
三男役に田村正和さん、三女か四女に葉山葉子さんが出演されていた、と思います。
2014/12/19(金) 05:52:46 | URL | (ハンドル未記入)
あ、田村正和さんが三男だったのですね。
その頃はまだまだ無名だったんだなあ。
貴重な情報をありがとうございます。
2014/12/28(日) 08:19:33 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ