私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



部長刑事 (1958)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、朝日放送の歴史とローカル番組そして刑事番組の至宝を振り返る、この番組です。






関西テレビ放送局の歴史を振り返る流れも、この朝日放送で最後となります。
朝日放送も大元はラジオ局で、前稿で書いたように毎日放送の前身である
新日本放送との激しい電波争奪戦の末、関東以外は一地区民放一局という大原則が崩れ、
関西は民放二局となった結果、日本最初の民間放送局の一つとなる事が出来ました。
しかし、そこに至るまでの経緯は正に泥沼(笑)。
元々は、大阪も当初は一局という前提だったため、毎日と朝日とで
協調してラジオを始めるという認識が、両社の内外で強まっていたのでした。

いや、厳密には「両社」と思っていたのは朝日側だけだったらしく(笑)、
毎日の方は既に新日本放送設立に固まっていて、朝日とやる気は無かったようなのです。
しかし朝日側とすれば、ここまで話し合ってそれは無いだろうという事で、
感情的な対立にまで発展。聴聞会は泥仕合の様相を呈したのでした(笑)。
切り捨てられた朝日側は必死の巻き返し工作を随所で図り、
最終的には新日本放送よりも上位に認定され、結果としては大阪二局、
新日本放送と、少し遅れての朝日放送が、民放ラジオとして昭和26年に開局しました。

尤も、それだけ激しい争奪戦を繰り広げた民間ラジオも、当初は成功するとは思われておらず、
朝日新聞が企業に出資を募りに行くと、どこも金は出してくれたものの、
民間放送は事業として成り立たないだろうから、これは朝日に寄付するのだと言われたと(笑)。
中で日立造船の松原与三松社長だけが、大いに見込のある事業だとしたというのですね。
こうした見方は朝日内部でも強く、朝日新聞編集局次長だった原清が纏め役として
朝日放送に送り出される際、民放は3年ともたんやろう、
骨は拾うから安心して行って来いと言われたほどだったのでした。

しかし蓋を開けてみれば、朝日放送は活況。
昭和30年にはNHKをも抜いて聴取率首位となり、上位20番組中9つもABCが占めておりました。
中で50%を超えて頭抜けていた存在が、『漫才学校』。
更にダイマル・ラケットの『お笑い街頭録音』、蝶々雄二の『夫婦善哉』などが続き、
初期関西民放ラジオで漫才師らお笑いが花形スタアとして活躍。
もって朝日放送は、「お笑いのABC」として親しまれていく事となるのでした。
が、その少し前に読売の正力松太郎が、日本列島に読売管轄のテレビ電波を縦断させようという
仰天の正力構想をぶち上げ、日本中の関係各位が魂消たのですね。

これに危機感を持ったNHKやラジオ各社は、一斉にテレビ免許の取得にかかる。
大阪は民放一局という事になり、正力構想という驚愕の野望を前にして、
今度こそは本当に朝日と毎日が手を握り(笑)、大阪テレビとして結実するのです。
既にラジオ開始の時とは違い、皆がテレビ放送もいずれ成功するだろうという認識でした。
朝日放送も毎日放送も、ラジオではお笑い番組で人気を博していた事も有り、
大阪テレビでもお笑い系の番組が、やはり当初から強かったのでした。
中でも既述『びっくり捕物帳』『やりくりアパート』は関東などにも放送され、全国的人気に。
関西はお笑いに強いという認識は、テレビ初期時代から築かれていたのでした。

やがて大阪でのテレビ局も増える事となり、大阪テレビで手を取り合った
朝日と毎日が別個の局を持つ時勢となりました。
この事は大阪テレビ創設時から予測されていた事で、だからこそ不倶戴天とも言えた
朝日と毎日の共同テレビ局などが実現したのだとも言えたわけです。
いずれ局が増えれば両社が分かれる事は必然でした。
そして、朝日も毎日も、それぞれ単独免許のための工作をしていたわけですが、
どちらかが大阪テレビの業態を引き継がなければならないわけです。
一長一短が有るのでしょうが、両社とも新局を希望していたのですね。

で、どちらが大阪テレビを引き受けるかに関して、最終的にジャンケンで決まったと(笑)。
この話は初期関西民放の逸話としては有名な部類なのですが、
朝日放送社史には、「どうやら事実である」と書いております。
もう少し詳しく書くと、ジャンケンで順番を決めて籤を引いたのですね(笑)。
そして両社が希望した「新免許」の籤を、新日本放送が引いたというのです。
そうして現在のMBSテレビ開局に繋がった一方、朝日放送の方は、
既存の大阪テレビとの合併という形となり、昭和34年6月、現在のABCテレビが誕生しました。

従って朝日放送こそは、関西民放テレビ第一号の大阪テレビの正統後継ですので、
大阪テレビの人気番組は、そのまま朝日放送で放送が継続する事となりました。
その中の一つに、40年を超える刑事ドラマ最長寿番組となる、この『部長刑事』が有ったのです。
これだけの番組なのに、とうとう関東キー局ではただの一度も放送されず、
関東人はその存在すら知らない人が大部分なんですね。
ワタクシも、ネット時代になるまでは名前すら知りませんでした。
東京12チャンネルで昭和43年から4年間も放送されていたという事すら(笑)。
関西ローカル番組という事で、数多のテレビ資料もこの番組を扱ってきておりません。
しかしネット時代となり、その一端ではありますが、ワタクシにも判るようになってきました。

なぜ他の地方であまり放送されなかったかと言えば、提供会社が大阪ガスなんですね。
しかも内容も、生の関西弁が普通に使われる、庶民的観点からの関西人間劇。
それでも先述の12チャンネル始め、北海道テレビや山陽テレビ等でも放送したようです。
しかし何れも、提供会社の問題も有ってでしょうが、同時ネットではありませんでした。
番組題にもなっている部長刑事を演じたのは、矢島部長刑事の初代・中村栄二から、
北村英三、永野達雄、美川陽一郎、高城淳一等々と引き継がれていきます。
更に脇を固める刑事達にも関西の新劇人が使われ、犯人役その他を入れると、
開始十二年の時点で一万人を超えるタレントが出演していたというのですね。

中には無名時代の仲代達矢、平幹二朗、市原悦子などという名前も。
彼らは昭和34年2月に出演し、平こそ刑事役だったものの、
市原は女中役、仲代に至っては犯人役だったのでした。
同じ頃、野川由美子が栗塚旭と喫茶店でたむろするハイティーン役で、
ムショ帰りのプレイボーイ役の藤田まことがよく通うおでん屋の娘が扇ひろ子。
入川保則はガタガタ震えて台詞もトチってばかりだったようです。
後に部長刑事役にまで出世するのですが(笑)。
これだけ長い番組ですから、極めて地域的な番組にも関わらず、
後に結構な存在となる人々が色々と関わっていたのですね。

とは言え基本は、関西劇団の新人を意欲的に使うという事でした。
そんな中で針井警部補の波田久夫は、開始当初から十年を優に超える活躍ぶりでしたが、
とうとう部長にはなれなかったのですかね(苦笑)。
関西ローカル番組の至宝とも言えそうなこの番組も、テレビの腐敗が進んでいった
21世紀になると、存続が苦しくなったようです。
おそらくその最大の癌は、関東キー局の尊大さ。
やたら地方分権を訴え、日本解体としか思えない道州制を鼓舞しまくっていた新聞屋が、
自分達が親玉の所では地方を圧殺するという構図だったのではないでしょうか。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
朝日と毎日が大阪テレビで手を結んだもう一つの背景?
朝日と毎日が大阪テレビでがっちり手を結んだもう一つの背景として、1952年11月25日の読売新聞大阪進出も欠く事が出来ないと思われます。
と言うのは、その数カ月前、大正力が朝日新聞、毎日新聞両社に日本テレビへの出資を仰いだ際に「向こう五年間、読売新聞の大阪進出はしない」との口約束をしたというのですね。
まだ民間ラジオ放送も始まって間もない当時、テレビの将来性について半信半疑だった朝日、毎日も「これで読売が大阪進出をしないと言うのなら安いもの」とばかりに日本テレビへの出資に同意し、日本テレビは朝毎読3社対等出資のテレビ局となりましたが、その舌の根も乾かぬ11月半ば、大正力が朝日、毎日両社社長を前に「(1952年7月を以てGHQに依る占領統治が終了した事により)新聞販売が自由化され状況が変わった」として堂々と読売大阪進出の宣言と、それへの同意を求め、(社員選挙に依る就任というサラリーマン社長と立場が弱かった)毎日新聞社長は無理矢理同意させられ、朝日新聞社長に至っては「騙された!」とばかりに机の脚を蹴って憤然とした顔で去っていったとの事です。
それから間もなく翌1953年に入るや否や、大阪テレビはまだ予備免許すら取得していないにも関わらず本社屋の工事着工、社員採用の開始、果てはカラー放送開始までの事業計画発表と「まだ何も決まっていないのに」との心配の声を他所に、まるで「大阪テレビこそ大阪初の民間テレビに相応しい」とアピールするが如く着々と準備を進めていったというのですね。
元々、先のラジオ免許出願競争の際も、毎日新聞社内には「朝日と一緒にやれば良い」という意見も少なからず存在していたらしくて、予てからの大阪テレビ自身の日本テレビの大阪進出阻止に加え、朝日・毎日を出し抜いた形での進出となった大阪読売潰しで両社が一致団結したという訳でしょうね。

ちなみに朝日・毎日両社にとって「騙された!」という格好となった読売の大阪進出ですが、実際は務台氏が大正力にも一切知らせない極秘裏の計画として数年前から練って準備を進めていたもので、当の大正力も大阪進出を知らされたのは、大正力が朝日・毎日両社長を前に宣言する直前だったとの話で(笑)。
そのせいか大阪読売設立5周年だったかの祝賀パーティの際に「販売好調で君たち随分いい気になっている様だけど、東京本社からの多額の支援のお陰だと言うのを忘れるな!!!!」と一喝し、祝賀ムードが一転、お通夜の様に沈んでしまったという逸話もあったり(笑)。
2014/09/07(日) 02:27:42 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
そう。
新聞販売でも関西では参入したててで、当時は産経の方が上だったんですよね。
今の差はなんなんでしょう(笑)。
2014/09/11(木) 04:48:58 | URL | ごいんきょ
見ていました
いつも見ていました 眼がギョロっとした刑事?を お父ちゃんに似てると言ったら 父親が「わしはもっと男前や」と憤慨していたのを思い出します 俳優さんの名前も何も覚えていませんが ずいぶん長く出演していた関西の俳優さんでした 針井班長だったかな?
2014/09/11(木) 11:11:30 | URL | TOSSY
おそらく針井警部補の波田さんですね。
時代劇では悪役が多かったようですが。
悪役と刑事役は紙一重ですかね(笑)。
2014/09/12(金) 07:04:09 | URL | ごいんきょ
地道に続いた
 久々の縮刷版によると、昭和44年10月からHBCで火曜夜7時30分に放送されていました。
 TBS系だとこの時間は「55号決定版」などトクホン枠ですが、なぜかABCからの購入番組を流していました。(開始前は「どんチッチ」打ち切り後は「プロポーズ大作戦」)
 昭和49年に打ち切りになっているので、地道に5年続いたことになります。固定ファンが多かったのかな?
 ちなみにスタート時の昭和44年10月、STVではサザエさんが裏番組として放送されていました。
 余談ですが、いわゆる「腸捻転ネット解消」も
「チャンネルを変えれば今まで通り大阪発の番組が見られるので、北海道民にとってはたいしたことではない」と冷めた論調で伝える道新の記事が印象的でした。(^_^;)
 大多数の地方にとってはそんなふうに捉えていたのかもしれませんね。

 
2014/09/26(金) 00:19:51 | URL | 北国の人
ああ、北海道でも放送したのですね。
『どんチッチ』(笑)。
固定ファンもいたかもしれませんが、おそらく安かったんでしょうね(笑)。
そうそう。腸捻転解消だのなんだの、所詮は関東関西の話ですからね。
第一、「腸」はまったく関係無いし.例えとしても(笑)。
2014/09/28(日) 09:25:17 | URL | ごいんきょ
蜷川幸雄




蜷川幸雄さんでてましたよね。
2016/05/15(日) 22:39:45 | URL | kotetsusan
これにも出てましたか-。
やはり、演技は……だったのだろうなあ(笑)。
2016/05/20(金) 00:19:07 | URL | ごいんきょ
超・長寿番組
父のお気に入り番組の一つだった様でスタート当初から我が家のテレビに映っていました。
私は当時7歳の女子でしたから正直な処 テレビがついてるから見てたって感じですが。
何故か俳優さんの名前は意外と覚えてるのが自分でも不思議です。

初代部長刑事の中村栄二さん~実直そうなお父さんって感じでした。
少し後年だと思いますが、若い刑事役(新田刑事)で出ていらした楠年明さんが凄く印象に残って居るのですが、それはNHKの子供の為の番組だった「虹に誓う」(だったかナ)その番組が私のお気に入りだったからなのです。
そして新田刑事の上司が沼さん!
何を隠そう(笑)新撰組血風録の新見錦を演じて知る人ぞ知るという飯沼さんでした。
ちょっと強面の部長刑事。。。
飯沼さんの伝説?の逸話に当時の「部長刑事」と云う番組が大阪では如何に支持されていたかがよく現れています。
劇団の打ち上げ会かの折に 隣室の宴会が余りにもうるさくて・・・飯沼さんがやおら襖を開けて「静かにしろ!!」と一喝。
一瞬両方の宴会場がシーンとなったのだそうですが、何と隣の宴会は本物の893さん達だったとか。
でも偶々親分さんが「部長刑事」のファンだったそうで、飯沼さんに頭を下げて その場を収めて事なきを得たと云う嘘の様なホントのお話。
まあ、それ程飯沼さんの演技が部長刑事そのものだったのかも知れませんけれど。

関西の新劇人の活躍の場であり、沢山の俳優さんを育てた番組だったのですね。
2016/11/16(水) 14:32:40 | URL | san悟風
昭和31年開始の番組を7歳でご覧だったという事は… ま、いいか(笑)。
しかし羨ましいなあ、その頃のテレビを見られたなんて。
大阪では、テレビ放送そのものが始まった当初ですね。
結構なお嬢様でいらしたかと存じます。

凄いですねえ、その年でそれだけ俳優さんを覚えていたなんて。
ワタクシ、かなりの血風録ファンですが、新見錦の役者さんはパッと浮かばないなあ(笑)。

ヤクザ屋さんの話は、ちょっと怖いですね(苦笑)。
無事でなによりでした。
2016/11/20(日) 00:51:08 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ