私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



勝ち抜きエレキ合戦 (1965)

該当番組画像募集

日本での洋楽に対する感覚を根底から変えたザ・ビートルズというバンドが、
日本で注目され始めたのは、昭和39年早々から。
7月には映画「ヤア!ヤア!ヤア!」が上映され、本格的に知れ渡ります。
時をほぼ同じくしてビーチ・ボーイズなどのサーフィン・サウンドや、
少し前から来日したりして注目されていたベンチャーズなども一体となって、
若者の間でエレキ・ギターが急速に注目され始めるのです。

そんな流れをエレキ・ブームへと決定的に押し上げる番組が、
昭和40年6月23日からフジテレビ水曜夜7時台に始まるのです。
それぞ伝説の、『勝ち抜きエレキ合戦』。
鈴木やすしを司会に、福田一郎、湯川れい子、石津謙介という審査員が、
「体操方式」と称された10点満点での採点をする、視聴者参加番組でした。
出場資格は、当然ですがエレキ・ギターを用いたバンドである事と、
三人以上で構成されたバンドである事でした。

石津謙介はVANを生みだした、これも伝説的デザイナーですが、
彼の採点は、少なくとも初期には、やはり衣装を主としたものだったようで、
この番組の採点としてはおかしいのではないかという意見も有りました。
相手は若い素人ですしね。
フジ側のそれに対する回答としては、石津は音楽的には「いいなあ」とか、
そのくらいの感じで、審査に柔らかさを出すためとの事でした。

昭和41年4月6日放送では、チャンピオンと挑戦者が同点という場面で、
それまでなら同点だとチャンピオンが勝っていたのに、
何故か福田一郎が挑戦者に0.5点プラスしたいと言って、
挑戦者が勝つという後味の悪い採点が有りました。
フジの説明では、同点の場合は審査員が合議して決めるという事だったようで、
その結果を0.5点としたと「お考えいただきたい」との事でした(笑)。
それならそれで、「合議の結果」と発表すればなんの問題も無かったと思いますが。

この説明に対し反論が複数寄せられているのですが、
それに拠れば何回か前の放送で、同点の場合はチャンピオンが勝つと
審査員が説明していたというのですね。
往時のテレビは特に、視聴者をナメていたというか、
こういう恣意的な審査や進行が罷り通ってました。
ワタクシの印象では、歴史の新しい局、フジとか12チャンネルで特に感じましたね。
他に審査でよく問題となっていたのが、やはり石津の場違いな審査(笑)。

曲の演奏だけでは絵として弱いと、これも局側が勝手に判断していたのでしょうが、
演奏に合わせてモンキー・ダンスを踊るのも、演奏重視派には評判悪かった。
それも、見物人が勝手に舞台に上がって踊ったりするので、
演奏を楽しみたい人には本当に邪魔だったようです。
ま、どうせ局側の仕込みだったであろう事は、今ならミエミエですけど(笑)、
当時の視聴者には本当に邪魔な奴としか思えなかったでしょうね。

何故かエレキというとモンキー・ダンスというのがお決まりで、
プロの演奏でもそういう絵が多かったように思いますし、
この番組の亜流である、12チャンネルのリリオ・リズム・エアーズ司会
「ゴーゴーゴー」という番組でも、会場の人間が一緒にモンキーを踊っていたようです。
ま、どうせこれも仕込みなんでしょうけど(笑)、
当時の視聴者は完璧な素人と思っていた人が多いでしょうから、
目障りに感じていた人も多かったんですね。
それにしても鈴木やすしは、後に同じフジで素人民謡名人戦も司会する幅広さでした(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
社長さんはいい気持ち
こんばんは。御無沙汰しております。いまだにご隠居から授かった一冊を読めずにいたところですが。久しぶりに来てみたら、スゴイ数になっているではありませんか。
特にコメントが書けないのですが、寺尾彰さんのサベージがここから出発したようなことを誰もお書きにならないので、とりあえず書いておきます。
♪あーー、しゃっちょうさんはーいいーきもーちー♪
2014/09/15(月) 21:39:02 | URL | いくちゃん
ザ・サベージが出ていたのは割と有名だと思いますが、
「社長さんはいい気持ち」を歌った事が有るという事ですかね。
あまりこの番組と合わなそうですが(笑)。
まあ、じょんがら節もやったくらいだからな(笑)。
2014/09/17(水) 20:18:29 | URL | ごいんきょ
スポンサー
スポンサーが書かれてませんでしたが、佐藤製薬でした(Wikipediaより)。

やはり、当時からユンケルが主力商品だったんでしょうか。

興和のケロちゃん、エスエス製薬のピョンちゃん、佐藤製薬のサトちゃん(象)は、製薬会社の3大動物キャラですね。

昔、薬屋によくあった、10円入れるとブンブン動くサトちゃんの乗り物も、最近あまり見なくなりました。

考えてみると、今売れている乗馬マシン(ロデオマシン)の原型ですね。
2014/09/20(土) 05:39:09 | URL | 10000k
ユンケルのCMってタモリさんで初めて見た気がしましたが、
昭和53年のガッツ石松さんが最初らしいです。
言われれば石松さんがドリンク剤のCMやってた気も。
コーワのカエルは、いつの間にかケロちゃんになってますか。
中では、サトちゃんが最初からきちんと名前が有ったと思います。
2014/09/23(火) 23:30:25 | URL | ごいんきょ
楽しかった、思い出
1965年でしたか?エレキギターの走りで、私はエレキ合戦で最終決勝でサベージと戦った、関西のバンド名”シャーカーズ”のメンバーです。
懐かしい思い出です。
2015/04/30(木) 22:36:20 | URL |
うほ。これは凄い方が。
決勝という事は、プロに成られたんでしょうか。
ウィキペディアには、サベージとゴールデン・カップスが張り合ったようにありますが、あれは嘘なんですね。
2015/05/18(月) 07:15:24 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ