私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ザ・ビートルズ日本公演 (1966)

該当番組画像募集


20世紀で最も偉大な音楽家、ザ・ビートルズが本国・英国で人気者となったのは、
昭和38年早々からといった感じで、翌39年にはアメリカでも爆発的に売れ、世界スタアに。
従って、この日本でもチラホラと一般に報じられるようになったのは39年からで、
その夏に映画「ヤア!ヤア!ヤア!」が公開される頃には、こちらでも火が付きます。
昭和40年には完全に日本をも巻き込む世界のアイドルとなっており、
先般既述の『勝ち抜きエレキ合戦』などは、「和製ビートルズ大歓迎」と謳われました。
そして昭和41年3月、マネージャーが夏の来日を示唆する発言を行うのでした。

正式な発表が有ったのは4月27日発売の読売新聞朝刊。
ドイツ、アメリカ、カナダと回る演奏旅行に、日本を繰り込んだのでした。
招聘に成功したのは、その読売新聞と、中部日本放送の合同。
読売新聞主催、中部日本放送提供という形で告知されました。
ライオンなどは、ダイヤフッソライオンとバンを対象に、
特等席5000人招待の懸賞を実施するなど、日本中が熱狂的な様相に。
3日間の公演に対する読売新聞への申し込み往復葉書は、20万通を超えました。

この公演のうち、6月30日の演奏分を日本テレビで放送する運びとなりました。
読売新聞の主催なのですから、これは当然の流れでしょう。
歌の時間は12曲で35分の予定とされ、それに29日の記者会見の模様を合わせて、
マネージャーのブライアン・エプスタイン立ち会いでの編集とされました。
しかもブライアンは、演奏35分のものを20分まで刻む権利も持っておりました。
空きそうな時間には、記者会見の他、日本人出演者の演奏等で埋める必要が有ります。

愈々6月29日午前3時40分、ザ・ビートルズが羽田空港に到着。
台風を避けたため、予定より遅くなってのこんな時間でした。
事前に読売新聞を始め各所で「静かにしよう」「静かに聞こう」という事を
再三再四に渡ってファンに説得しており、その成果か、
アメリカでの狂騒ぶりに比べると、かなり静かな出迎えとなったようです。
その29日夜10時45分からの『11PM』(その頃の開始はその時間だった)では、
先述の『ビート・ポップス』で有名になっていた星加ルミ子らが出演して、
「ビートルズ狂騒記」という特集を放送。

他局も、生のビートルズは使用できないものの、記者会見の模様や、
そこに参加した人間などを使って、関連番組をこぞって制作しました。
教育局だったNETだけは冷淡でしたが(笑)。
翌30日、さぞやお疲れであろう4人は、早速の強行日程で日本初の演奏会を実施し、
更にその翌日の7月1日に、早くもその模様が放送されたのでした。
これは、実際の放送内容を滞日中にエプスタインが把握するためだったのでしょう。
聞きしに勝る敏腕というか、辣腕マネージャーだったと思います。
しかし翌年、彼は急死してしまい、それが4人の分裂の序章ともなったのですが。

放送時間は夜9時から10時までの1時間。
二部に分けて、前半は尾藤イサオ、望月浩、内田裕也、ブルーコメッツといった
日本側出演者の模様が流され、更には到着時や記者会見でのビートルズ、
会場に集まったファンへのインタビューなどで構成されました。
そして第二部、EHエリック司会での、ビートルズ演奏が公開されたのです。
件のライオンによる招待企画では、「2度とこないこのチャンスをつかもう」
と書かれておりましたが、正にその通り、ビートルズ4人での来日は、
これが最初で最後となったのでした。
この公演を実際に見る事が出来た人は、相当の幸運と言えましょう。

この世紀の演奏の視聴率は、関東で驚愕の約60%を記録しました。
どれほど注目を浴びていたか容易に窺えますし、また、この前後から
日本の音楽界に波及した影響も計り知れないものが有りました。
それから12年ほどした昭和53年ですか、やや唐突な印象で、
「SHE LOVES YOU」冒頭部分が流れるスポットが日テレから夥しく流れました。
木曜スペシャルで、「今世紀最後の再放送」と謳っての、来日公演再放送実現。
この時は我々世代が大騒ぎとなりました。

偶然なのでしょうが、ワタクシはこの時の学年で、ビートルズや
ディープ・パープルを聞かせてくれる友人と同じ組になり、
特にビートルズにはハマリ倒す事となっていたのです。
なんとまあ、テレビの神様の粋な計らいと申しますか、
ワタクシが結構なビートルズ狂となったのを見計らったかのように、
かなり時を経てのいきなりの再放送となったのでした。
とにかく、契約上「今世紀最後」という事が大々的に謳われ、期待を煽りました。

そんな惹句と、レコードで聞きまくっていたビートルズの生演奏という事で、
我々はみな、それこそ一日千秋の思いで放送日を待ち焦がれたものです。
しかし、現実は苦かった(笑)。
メンバー全員、やる気の感じられない歌いぶりと行動。
この者たちはライブで聞いたら駄目なのだと理解しました(苦笑)。
今にして考えれば、あの強行日程で、はるばる極東まで来てすぐの演奏会、
気合いの入った演奏が出来る方がおかしいわけですが。

この時の放送も視聴率は優に20%を超えたかと思いますね。
何よりも当時と違うのは、既に家庭用VTRが出現していた事。
と言ってもまだまだ特殊な家でしか保有しておりませんでしたが、
ボチボチと組で一人二人は持っているという時分でした。
誰それの家にはビデオが有るという事は、学年全体の噂となった頃です(笑)。
我が組にも一人所有している家の男がおり、ソイツの家でも当然録画されました。
電機屋でも、しばらくそのビデオが流される所が多かったものです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
今でもはまってます。
初来日のときは、ビートルズがきたんだ程度で、当時小学生の私は、その後日本を席巻したGSブームにはまってました。中学生になって洋楽にはまったときは「アナザーデイ」や「マイスイートロード」を歌っている方がビートルズのメンバーだとは知らずに聴いてました。大学生になって、ビートルズのよさに気づいてから、はまり続けて今にいたってます。
 当時は動くビートルズをみられるということがとにかく貴重だったのはいうまでもありません。あれは24時間テレビの第1回放送が、やはり昭和53年頃にあったんですが、なんとなくみていたら、夜中の1時頃に、なぜか「アラウンド ザ ビートルズ」が始まったではありませんか、もう大興奮。翌年も24時間テレビを期待してみましたが、当然、ビートルズはありませんでした。がっかりした私は初ボーナスをはたいて、16ミリビデオ映写機とスクリーン、そしてビートルズライブフィルムを購入しました。そのフィルムは初渡米ワシントンDCの模様を収めたもので、白黒ですが、ビートルズのノリノリ度が半端ないです。東京公演とはえらい違いで、もう毎晩みてましたね。今では、押し入れに眠ってます
2014/09/21(日) 00:29:32 | URL | みのモンタナ
本来TBSに中継権が回ってくる筈だったのが・・・
読売新聞とCBCの共催である事と、読売新聞はTBSの株主でもあった事から、CBCとの関係上、TBSに中継権が回ってきてもおかしくなかった
訳ですが、時事放談でビートルズをボロカスに批判したのが災いして、日本テレビに回さざるを得なくなったとの話もありますけどね。

日本テレビが中継権を得た事に対して、CBCは日本テレビに対して、名古屋テレビにはネットしない様、強い言葉で申し入れた事で、名古屋では名古屋テレビでは無く、CBCで先行放送の形で放送された訳ですね。

ちなみに読売新聞とCBCの共催という形となったのは、在京局内の音楽が分かるスタッフが皆時間が取れず、地方局から人材を求める事となり、CBCのクラシックコンサート中継の実績があるスタッフが求めに応じた(と言うより上司から半ば業務命令的に応じさせられたとは当時のスタッフの話)との事で、一方、読売新聞の方は日本武道館の発起人である大正力繋がりからだと思われます。

そんなこんなでこの中継は日本テレビの製作に、CBCが制作協力した形となっています。
2014/09/21(日) 19:55:43 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
● みのモンタナさん
16mmとは凄すぎますね。幾らするんですか。
オクで売ればそれなりの値段になるでしょうが。


● TXさん
時事放談では、かなり好き勝手言ってましたからね。
ビートルズに関しても、余りにファンの抗議が凄いので、
ファンと細川、小汀、藤原の三人でやりあった映像が残ってるみたいで。
2014/09/24(水) 07:00:26 | URL | ごいんきょ
おおまちがい、8ミリでした
ずっと16ミリと思いこんでたのですが、家の女房が、前文見て「あんた、あれ8ミリでしょ」というではありませんか。我に返りました。大変失礼をいたしました。すべて、8ミリです。ちなみに、そのときつかった金額の内訳は、映写機10万円、ワシントンDCライブ(白黒30分)1万5千円、ゲットバック&デイックアポニー(アップル屋上カラー7分)7千5百円、ヘイジュード&レボリューション(スタジオカラー9分)8千5百円、家庭用上映スクリーン3千円以上です。35年前のものですが、どれほどの価値があるのでしょう。二束三文かな? なお、これらの映像はすべてYOU TUBEで視聴できます。トホホ。
2014/09/25(木) 20:57:33 | URL | みのモンタナ
ですよね(笑)。
16mmじゃ個人には莫大な金額になるでしょうから。
外国にビートルズコレクターって多いでしょうから、あちらの人が見ている所で出品すると、もしかしたら高値がつくかも。
今はセカイモン(イーベイ)とか、わりと簡単に国際出品できますよ。
2014/09/28(日) 09:20:20 | URL | ごいんきょ
ビデオナンバー:NTV60738
The Beatles Live in Japan「武道館」持ってますよ。前座付
2014/10/29(水) 15:48:00 | URL | 名無しのおばさん
うーん、ビデオはフィルムに比べると希少価値が落ちそうな。
でも売るとしたら、やはり海外相手に売ってみた方が良いでしょうね。
2014/11/03(月) 23:56:38 | URL | ごいんきょ
NTV60738とは日テレの保存番号家にあるのはDVDにコピーしたものです。済みませんでした。
2014/11/09(日) 21:48:08 | URL | 名無しのおばさん
ああ、そうですか(笑)。
日本テレビだけで6万本も持ってるのですか(笑)。
2014/11/11(火) 06:02:41 | URL | ごいんきょ
激レアなアニメ作品?
芸能人ではありませんが、1986
年5月1日に放送された、スペシャ
ル番組「華麗、すべて見せます
ダイアナ妃」と言う特別番組を
テレビ朝日系の新潟21で観ました
夜7時からの放送で、来日直前の
故ダイアナ妃とチャールズ皇太子の
特集番組でしたが、テレビ朝日の
キャスターと芸能人・ファッション
評論家がゲスト出演していたと
思いますが、顔と名前はすっかり
忘れました。
この特別番組内で「虹をわたって、
少女ダイアナ物語」と言う20分
くらいの短編アニメーションを
放送していて、主役の故ダイアナ妃
の声を「カリオストロの城」の
クラリス「めぞん一刻」の響子役で
有名な島本須美さんがやっていま
したが、作画の雰囲気が日本アニ
メーションぽかったです。


2015/04/25(土) 23:22:01 | URL | くも
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ