私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



おはよう にっぽん (1966)

おはよう にっぽん


NETの『木島則夫モーニングショー』が切り開いた朝のワイドショー。
翌年にはフジテレビが、同じくNHKから人材を引き抜いた『小川宏ショー』で対抗。
昭和40年代まで、フジの他局パクリは得意技でした。
と言っても、その他局だってアメリカの番組をパクっていたりするわけですけど。
日本テレビは目先を替え、子供向けに『おはよう!こどもショー』を開拓。
最後に取り残されたTBSが、ようやく昭和41年初頭から放ったのが、この番組でした。

最後発だけに有利な面も有って、NETは8時半、フジは9時からという並びなのを、
8時開始にして、一足先に視聴者を頂いてしまおうという戦術を取りました。
もっとも、これは見事に惨敗する事となるのですが(笑)。
8時15分から30分まで、NHKテレビ小説が有るんですよね。
それから木島則夫へという盤石な主婦の流れに、抗う事はできなかった訳です。
なにしろ全盛期テレビ小説の視聴率は、40%超も当たり前だったのですから。

そのNHKが、後に音の同じ『おはよう日本』という番組をやるのですが、
こちらは完全な平仮名表記。当時の新聞では読み易くするためでしょうが、
間に「・」や「、」を入れて、「おはよう・にっぽん」の様に書くのが通例でした。
中心となる司会者は、俳優の小林桂樹で、先発との違いを出すため、
敢えて素人っぽい感じを押し出したんでしょうね。
脇を固めていたのも、歌手・友竹正則、作家・福田善之、元体操の小野清子
といった面々で、それに補佐役の西沢和子がおりました。
末期には小泉博が司会だったようですが。

初日「話題を追う」では、田中角栄夫妻が出演。
江利チエミが特別出演で、テネシー・ワルツと新曲「飛んでみたい」を歌い、
後はお定まりのニュース、プレゼントといった感じで進んだようです。
昭和41年5月18日放送では代議士ソングが取り上げられましたが、
それが庶民の反感を呼び(笑)、早速5月31日の国会で取り上げられております。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/051/0096/05105310096043a.html

岸洋子が出演しておりますので、彼女も誰か先生の歌を歌っていたんでしょうね。
二三人の政治家と、藤原弘達ら数人の評論家が出演して、あれこれやったようですが、
この日は曽我町子と藤本弘(藤子・F・不二雄)も出演しておりますので、
TBSで爆発的人気の『オバケのQ太郎』も話題になったのでしょう。
おそらく『オバQ音頭』が馬鹿売れしだした頃ではないかと思うんですよね。
それで「音頭」繋がりで、代議士音頭の話にも繋がっているのだと思います。

8月22日、華やいだ話題の少ない(笑)この番組に於いて、
ほぼ唯一とも言えるテレビ史に残る話題の主が初登場します。
その名も、トッポ・ジージョ。
イタリア生まれの彼は、一足先にアメリカの『エド・サリバン・ショー』に
固定出演を果たし、それは日本でも放送されてはいたんですね。
そして揚揚、この日より日本でもお目見えした訳です。

同日夜には『11PM』にも出演し、小島正雄の目を引っ張ったりの共演。
この日は、早朝と深夜のワイドショーに出演という強行日程でしたが、
主婦と通勤族の両方への認知を怠らなかったあたり、
マリア・ペレゴの周到さには脱帽ものです。
この、操り人形でも吊り人形でもない奇態で可愛いネズミは、
山崎唯による独特な声アテも有って、非常な好評を博しました。

『おはよう にっぽん』にはそのまましばらく出演し、小林桂樹とのやり取りが
常態化していたからか、昭和42年の映画版では小林がナレーターやってますね。
半年くらいでしょうか、日本を席巻したトッポは、翌年にも来日し、
今度は本格的な主演テレビ番組を持つに至り、益々人気は鰻登り。
このジージョ旋風は、昭和40年代前半の数年間は衰えませんでした。
その後も、断続的に『ピンポンパン』『おはよう!こどもショー』など
露出は続けており、昭和時代には幅広い年代に親しまれましたね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
毎回、楽しみに読んでいます。
途中のurlがとべません。
2014/10/12(日) 15:06:39 | URL | (ハンドル未記入)
リンク踏めるように直しました。
2014/10/13(月) 12:07:00 | URL | ごいんきょ
小泉博さん
【レインボーマン】DVDの特典映像での穏やかな物腰と口調にすっかりファンになり、小泉さんの歴史を検索していて、このサイトにたどり着きました。
2014/12/27(土) 17:41:39 | URL | T&C
ん?
スタ誕スレのT&Cさんですかね?
辿り着いたという事は別人の方かな?
DVD羨ましい(笑)。
2014/12/28(日) 09:54:16 | URL | ごいんきょ
お久しぶりです。はい、スタ誕!スレのT&Cです。
2014/12/29(月) 14:21:47 | URL | T&C
小泉博さんを改めて調べたら、かなり幅広い活動をされてましたねえ。
映画サザエさん、クイズグランプリ等、個別には知っていたのに、
どうも同一人物という認識まで至ってませんでした。
レインボーマンにまで出ていたなんて。
タケシの父親役だったのですね。

T&Cさんの幅も広かったので、なかなか同一人物という認識に至りませんでした(笑)。
2015/01/01(木) 09:09:10 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ