私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



冒険少年シャダー (1967)

該当番組画像募集


  「冒険少年、シャダー~!」
♪ 金の剣に銀の帯
  後ろに富士を従えて
  スックと立った おゝシャダー
  ゆくぞ見ておれ ゴースター
  シャダー我が友 シャダー わが友~
  ヤー ヤー ヤー!


寺山修司作詞なんですよね(笑)。
先般に書いた『とびだせ!バッチリ』の後番組で、毎日夕方6時35分からの10分。
但し、この番組から一週一話完結の形となり、毎日翌日まで話が続いて、
土曜日にその週の話が一応決着するという形となりました。
ま、そうは言っても話は大体同じで(笑)、ゴースタが-何か悪い事をして、
シャダーが後ろに富士を従えながら駆けつけ(笑)、スックと立って対峙。
対峙はしてもこの時には退治できず、上手く逃げられるとか。

で、また日にちが進むと今度はキッチリと締め上げて、
ゴースターの計画を取り敢えず駄目にして、ゴースターが尻尾を巻く(昭和語)という流れ。
でも退治まではやっぱり出来なくて、「覚えてろ」とか「今に見ておれ」とか
言ってたんだと思いますが(笑)、ゴースターが逃げてお終いって感じだったですかね。
最終回ではさすがにやっつけたんだろうけど、それは見た記憶が無いです。
何しろ、そんな感じの毎週似たような作りだったので、
楽しみに見るものではなかったんですよね。
たまたま遊びから帰ってきた時にやってたら、取り敢えずテレビはつけておくというだけでした。

主題歌はそれなりに好きでしたけどね。その時の絵とか歌とか。
でも話は子供騙しにもなってなくて、まったくハラハラしなかったなあ(笑)。
なんか火山口みたいな山肌でよく戦っていた気が。
シャダーは長い西洋剣を振りかざす他に、ブランチ能力と言って、
体が幾つにも分かれる能力を持っていたですね。
忍者ものでよく使われた分身の術のパクリではありますが。
結局、シャダーもゴースターも正体不明で、まったく感情移入できなかったんですよね。
不思議な奴らが勝手にやり合っている図にしか見えませんでした。

シャダーの声をやっていたのが、北條美智留。
今では余り振り返られず、例によってウィキペディアに項目が無いようですが、
往時は少年の声役ではよく知られた存在で、『名犬ラッシー』のジェフくんとか、
『名馬チャンピオン』『0戦はやと』などでも活躍しておりました。
劇作家・北條秀司の一人娘という事です。
冒頭で「冒険少年、シャダー!」と叫んでいるのも、当然彼女でしょう。
この枠のドラマは、みんな冒頭で題名を叫ぶんですよね。
「とびだせ、バッチリ!」「冒険少年、シャダー!」「夕やけ、番長~!」
「男一匹、ガキ大将」「男どアホウ、甲子園」。みんな題名言ってる(苦笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
つなぎ番組の真骨頂
いやー、見てましたねエ。6時30分から7時までの時間って、子どもにとってはひま臭い時間帯だったんですよね。ヤンボーマーボー天気予報を見て少しアニメ見た気分になるくらいしかない時間帯でした。
その状況からみると、シャダーをはじめとする毎日10分アニメはすばらしい「つなぎ番組」といえるでしょう。
話の内容、ほとんど覚えてないんですが、シャダーの剣は、腰につけているときは短くて、出して戦う時に、伸びるというものじゃなかったでしたっけ。
確かに冒頭、題名みんな叫んでましたね。まったく気づいてませんでした。
2014/10/02(木) 01:48:39 | URL | みのモンタナ
内容、覚えてないですよね(笑)。
あ-。言われてみれば、剣は大きくなってたですねえ。
まったく気づいてませんでした。
冒頭の題読みは、制作のテレビ動画の伝統なんでしょうね(笑)。
ワタクシの理論では、自信が無い者ほどワザワザ自分から言うというのが有ります(笑)。
2014/10/03(金) 06:06:27 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ