私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



トッポ・ジージョ (1967)

該当番組画像募集


  (トッポ・ジージョ~~!)
  「ニョニョニョニョニョニョ。チャーオ~!」
  (トッポ・ジージョ~~!)
  「ニョニョニョニョニョニョ。チャーオ~~~~~!」
  
♪ たとえチーィズを食ぁべててもぉ
  すてきな夢を見ていてもぉ
  みんなに呼ばれりゃ
  たちまちとんでゆく
  僕はみんなのトッポ・ジジョ
  悪戯っ子でもいい子でも
  遊ぼうよ 歌おうよ みんな友達
  (トッポ・ジージョ~) チャオ~
  (トッポ・ジージョ~) チャオ~
  (トッポ・ジージョ 来ておくれ)
  「そんなに呼ばれたんじゃ、行かなくちゃな」
  (トッポ・ジージョ~) チャオ~
  (トッポ・ジージョ~) チャオ~
  (みんなの トッポ・ジージョ)


真っ黒の背景の前に設えられた小さな家と、小道具の数々。
そして現れたのは、こぶとり爺さんのようにほっぺの膨れたネズ公の人形。
ところがこの人形、操り糸も操り棒も、上にも下にも何も見えない。
黒い背景に紛れて黒い服を着た人間が隠れているのだろうと察して、
いくら目を凝らしてみても、黒の背景の中にも何も見えない。
ちょっと不思議なこの人形が、口を開くと、これまた奇態な声を発する。

たしかに、マリア・ペレゴの生みだした、このイタリア生まれの人形は、
見た目も可愛かったし操演も不思議で、それだけでも注目されたでしょう。
でも、あれだけの大ブームとなったのには、やはり山崎唯による、
あの一種独特の声アテが有ったからと言うのは、間違い無いのではないでしょうか。
この辺、ケロヨンなんかでも同様の事が言えるかと思うんですよね。
だって、みんな全く似てなかったけど、とにかく声真似したもの、両方とも(笑)。

先に『おはよう にっぽん』の稿で少し触れたように、日本ではその番組で人気を呼び、
同じTBSで、月曜夜8時から3回だけ1時間番組が放送されたのが、昭和41年。
翌42年になって、その時の人気を当て込んで作られた本格的な
トッポ・ジージョ番組は、少々の間隙もものかは、これまた爆発的な人気を呼びました。
とにかく本国がイタリアなので、日本に常駐しなかったため、
いつのどんな番組で見ていたかは、どうもハッキリと思い出せない。
そういう人も多いかと思いますけど、このブログを見ている人々なら、
彼の声と姿は殆どの人が覚えているはず。

そんなトッポ・ジージョですけど、看板番組というのは実は少なくて、
昭和42年に作られた『トッポ・ジージョ』と、『チャオ!トッポ・ジージョ』の
2本だけになるのかもしれません。
その後も、ピンポンパンとかおはよう!こどもショー、その他のワイドショー等で、
特別出演とか特定期間の出演は断続的に行っていたので、
けっこう幅広い層が見覚えは有ると思いますけどね。
独自番組は、やはり昭和42年。
冒頭の主題歌を歌えるかどうかが、大きな分かれ目でしょう。

女友達にロージーという娘がいて、その声は奥方の久里千春がやっていたというね。
本当に、おしどり夫婦だったんでしょう。
山崎唯は元々が声楽科ですから、歌はお手の物って事でしょう、
番組中ではとにかくよく歌ってましたし、レコードも沢山出しました。
二番組合わせて都合一年足らずの放送期間の間に、東芝レコードで
ワタクシが持っているだけでも7枚もレコードが有ります。
その他にシート音盤が最低5枚(ほか映画盤1枚)。東芝からはLPも出てますかね。
内容は、ジージョの歌だけでなく、童謡とかクリスマスの歌なんかも歌いました。

最初の番組は、3月7日から始まって毎週火曜夕方6時からやっていた『トッポ・ジージョ』。
冒頭の主題歌で始まっていたと思います。
これは最初のうちは、前年に『おはようにっぽん』で流していたものを放送していた、
という事は、この時点ではビデオを保存していたわけです。
これは残ってないんでしょうかね。もし残っていたら、是非TBSチャンネルで。
どうして実質再放送から始まったかというと、実はこの時の来日は、
市川崑監督による(笑)映画、『トッポ・ジージョのボタン戦争』撮影のためだったんですね。
非常に多忙なジージョくんの都合を考えて、余裕を持たせたという訳です。

そちらを9月いっぱいまで放送した後、10月9日から翌年1月いっぱいまでは、
月曜夜7時へと昇格を果たし、題名も『チャオ!トッポ・ジージョ』に。
こちらは公開形式を取って、子供達をスタジオに呼んで見せました。
実際にジージョを見ている子供達の反応も映されるようになったのです。
司会は、ちびっこの相手は手慣れていた大村崑が担当。
更に新加入の人形として、クマのオルソー・ポピーが登場しました。
クマという事なんだけど、豚みたいに潰れた鼻してましたね。
で、崑ちゃんの仕切りで彼らと子供達が、ナゾナゾなどで一緒に遊んだりもしました。

ただねえ、これは個人的な感想になるかと思うのですが、
やはり時間移動って視聴習慣に阻まれると思うんですよね。
ワタクシ、冒頭の歌は覚えておりますし、間違い無く最初の番組は見ていたと思いますが、
『チャオ!』の方は主題歌も聞き覚えが無く、オルソーなんて聞いた事も無いんですよね。
この時、月曜7時の裏番組には『あなた出番です!』『ヤダモン』『魔法使いサリー』と、
強敵難敵ばかりがズラリと並んでいるわけです。
ま、トッポが刺客に選ばれたという事なんでしょうけど、後からでは不利すぎた。
ちなみにワタクシは、サリーちゃん見ていたはずです。たまにヤダモンかな。
ちなみに『チャオ!』の方の主題歌は、大橋巨泉が作詞してるんですね。

そんな訳で、印象としては非常に急速に威光が萎んだ印象が強かったトッポ・ジージョ。
しばらくしてからピンポンパンに出てきた時には、声も違っているし、
こちらも大きくなっていたしで、なんだか「まだいたのか」ってな感覚だったなあ。
やはりジージョの声は山崎唯でないと、駄目だったかと思います。
ピンポンパンの前だったか後だったか思い出せませんが、
ブルボンのCMにも出まして、その時は山崎唯が歌ってました。
ピンポンパンに出なかったのは、ギャラの問題だったんだろうなあ(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
カワイイッ!
今でもフッと「トッポ・ジージョ~だ~よぉ」と声真似したくなります。したくなるというか、してしまうのですが(苦笑)。
本当に可愛かったです。
愛読していた「少女フレンド」にもトッポ・ジージョがどうやって動いているのか等々の記事がありました。

トッポ・ジージョの番組が始まるというので、楽しみにしていました。
「カワイイッ!」と言いながら観ていたと思います。

CMでは♪トッポ・ジージョの歯磨きでたよ♪というのを覚えています。
味の素の「マコーミック」にも出ていたかしら。

友達がトッポ・ジージョのお人形(フィギア)を持っていたので、親にねだって買ってもらいました。結構高かったので、お小遣いでは買えなかったのだと思います。

山崎唯さんと久里千春さんが音楽のバラエティー番組やっていたと思うのですが。
山崎さんはピアノを弾きながらおしゃべりしておしゃれでした。
山崎さんのピアノで久里さんやレギュラーの水森亜土さんが歌ったりしていました。バラエティーの質が上品で上等でしたね。
2014/10/08(水) 09:03:53 | URL | モデラート
トッポジージョ
ピンポンパンのDVD持ってまして、その中で何曲か歌っていました。(因みに声は団しんやさんです)やはり御隠居さんの言う通り、初代が一番馴染みますね。但しあまりにもはまりすぎたため、山崎唯さんはこれ以降、声優のオファーが動物ばかりだったのが残念だったと何かで見た覚えがありました。CMに関しては日テレ朝限定のブルボンバターロールをはっきり覚えてます。商品コールの後、朝7時をお知らせしま~すと言ってました!
2014/10/08(水) 09:46:52 | URL | (ハンドル未記入)
追伸
上のハンドル未記入は私です。すみませんでしたm(_ _)m平成に入ってから、何故かアニメでトッポジージョが放送されているのですよね。因みにその時声を当てていたのは中尾聖隆さん、おそらくはお母さんといっしょのキャラクター、ネズミのポロリ繋がりでそうなったのでしょうね……。
2014/10/08(水) 17:35:44 | URL | かむい
1976年頃、一瞬の復活
1976年頃、ブルボンのお菓子のCMで、一瞬、山崎唯さんの声が復活しました。

その時のお菓子が、ほおずきくん(丸くて、中にクリームが詰まっていた)、バターロール(パンではなく、クリームコロンのクリーム抜き、あるいは、ヨックモックの輪切りのような形)、ドングリくん(どんなものか覚えてないです)というトリオで、この中では、ほおずきくんが主力でした。

同じ頃、カルピスのCMにも、欽ちゃんとの共演で出てました。

その時のジージョのセリフが、「おーいしくって、ブールブル」というものでした。

2014/10/10(金) 23:04:30 | URL | 10000k
● モデラートさん
どう動いているか解説していたのですか。
あれって企業秘密で、絶対に明かされなかったと思うのですが。
今の知識なら想像がつきますけどね。
一番最初は何で見たんでしょう。『あなた出番です!』でしょうね。
ライオン歯磨イチゴ味のCMだったようです。
という事は、ライオンの提供だったようですね。
すみません。以前マコーミックと書いて訂正されたのですが、ルーミックですね。
モデラートさんはここにあまり影響されないように(笑)。
山崎さんと久里さん、亜土さんの番組は以前に言及されてましたが、
局か時期でも判れば調べ易くなうんですがねー。

アレ? モデラートさんとこにURLが付いてますね。
と思ったら、MIDI屋さんを始められたのですか。
音楽が解る人はいいですねー。とても羨ましい。
早速リンクを貼らせて戴きます。


● かむいさん
いいなあ。ピンポンパンのDVD、ぜひ欲しいんですがね。
なかなか安く出回らなくて難儀してます(笑)。
団しんやさんの声なんですが、やはり山崎唯さんを知っている世代には馴染めなくて。
尤も、そんな世代は今ごろピンポンパンは見てないだろうという事だったのでしょうが(笑)。
え。テレビでそんな時報スポットが存在していたなんて。
ラジオでは文化放送とかお得意ですけど、テレビだとセイコーがやっていた以外知りませんでした。
それもトッポがやっていたなんて。勿体ない感じもしますね。その時にしか見られない訳ですから。
アニメ版はよく解りませんねー。あれは操演が命だと思うのですけど。


● 10000kさん
ほおずきくんとバターロールの名前は覚えてますが、ドングリくんなんて知らないなあ。
イガグリくんから取ったとしか思えない(笑)。
ブルボンのCMでトッポが歌っていたのはよく覚えているのですが、
なんて歌っていたかがよく思い出せないんですよねえ。
♪ くつろぎ色のビスケット ブルボン~ ってのはジージョじゃない、普通の女の人だったか。

「おーいしくってブールブル」って、やたら懐かしいなあ(笑)。
欽ちゃんとなんかやってましたっけ。何故かそれはまったく覚えてないです。
ジージョしか記憶に残ってない。
2014/10/13(月) 10:25:19 | URL | ごいんきょ
♪どっこんまーでもーゆこー(ヒュー)
山崎唯さんは音楽畑だったんですね!初めて知りました。

トッポジージョは、周りの年上の皆さまから当時の人気ぶりを話に伺うだけで、石立ドラマ「おひかえあそばせ(1971)」でのチャラい役どころの演技を見るまでは山崎唯さんの顔も知りませんでした。

小林亜星さん作曲の名CMソング「どこまでも行こう(1966)」は、ぼくの小学生時代は音楽の教科書にも載っていたほどでしたが、原曲がCMソングで、しかもこんなユルい歌い方をしていたと知ったのはつい最近のことです(笑)。

ご本人の声で「世界のタイヤ、ブリヂストン!」と叫ぶのも意表を突かれました。
2014/12/19(金) 20:47:35 | URL | nardo
「どこまでも行こう」が先だったんですよね。
ジージョが先立ったら、トッポ・ジージョが歌ってると思われたろうなあ(苦笑)。
2014/12/28(日) 08:31:06 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ