私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



巨泉まとめて百万円 (1968)

該当番組画像募集


ワタクシが初めて大橋巨泉を認識したのって、この番組だったと思うんですよね。
でも、彼はここでは、ごく普通のクイズ司会者だったように思うんですよ。
あまり、アクが強い感じの印象が残ってないんですよね。
TBS『歌のグランプリ』でも、ほとんど印象に残ってないし。
『11PM』と『ビート・ポップス』以外は、まだ安全運転で仕事を増やそうとしていた気が(笑)。
わりと人気が有った番組だったと思いますが、他の人気クイズに比べて、
あまり振り返られない番組だと思います。
その理由としては、ルールが今一つわかりづらかったのではないかな、子供には。

ワタクシも、理解はせずに絵面だけ眺めていた感じですので、
細かい事はあまり覚えてはおりません。
ハッキリ言えば、次の『細うで繁盛記』ばかり気になっていたのでしょう(笑)。
そのように、何度か時間帯の変更が有った番組ですが、
ワタクシが記憶しているのは木曜夜9時から。
9時半からが『細うで繁盛記』で、この時の日テレ木曜は、
7時『タイガーマスク』、7時半『底ぬけ脱線ゲーム』と、
8時からTBS『ありがとう』に一時間行く以外は、ずっと固定の日テレ曜日でした。

多分、「巨泉」という言葉を番組題に付けるようになった最初でもあるかと思うんですよね。
基本的には値段当てクイズで、合計21点もの品々が、次から次とコンベアに載って現れる。
2人一組の出場者5組が、それを次々と値踏みしながら加算してゆき、
最終的な合計金額を見事に当てればタイガー賞。その品すべてを貰えるのでした。
その合計金額は、おおよそ百万円相当という事で、「まとめて百万円」な訳です。
品物は一つ頭30秒で次々と出てくるので、パッパッと値踏みする必要がある訳です。
細かい日用品から豪華な家電品、更には動物まで出ていたようですね。
一つだけの正価が当たっているとジャスト賞で、その品物を貰え、
全体で最も近いとトップ賞を貰えました。

昭和44年10月9日は、一周年記念芸能人大会。
立川談志&毒蝮三太夫、桂小文枝&桂三枝、一竜斎貞鳳&神田伯治、鳳啓助&京唄子、
夢路いとし&喜味こいしの五組が出演しました。
芸能人大会と言うよりは、演芸人大会となっておりますが。
それまでの一年間で、タイガー賞獲得は7組有ったという事です。
一年は約52週ですから、結構多いなと思いますが、『ズバリ!当てましょう』と違い、
総額大体百万前後という縛りが有ったからでしょう。
単品で最も高価だったのはホームビデオコーダ-一式で、39万9千5百円。
これはスキーヤーの三浦雄一郎が獲得したらしいです。

昭和45年12月3日は、百回記念の双子美人大会。
秋田、北陸、京都、上州、博多の一卵性双生児姉妹を集めましたが、
このうち秋田の姉妹がタイガー賞を獲得、全商品を贈られました。
これが史上10組目でしたので、約一年で3組と、少し発生率が落ちてますね。
提供会社からお小言でも有ったのでしょうか(笑)。
その提供会社は、タイガー賞の名前から想像できる通り、タイガー魔法瓶でした。
かなり後に同じ日本テレビで、『こんなモノいらない』というのを巨泉が始めましたが、
その時にもタイガーは提供の一社として加わっておりました。
これ勿論、この番組での繋がりが有ったからでありましょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
覚えていること
こんばんは。2度目の投稿です。

ワタシにとっても、この番組は夜更かししてみてたな、という印象です。
印象に残ってるのは本編ではなく、トラのぬいぐるみ(顔だけ出ている)を
来た4人の?子供たちが「トラのマ-ク、トラのマークのタイガー魔法瓶トラランランラン♪」と踊っていた生CMです。http://bean-kikaku.chips.jp/2014/tora2.wav あと、オープニングは漫画のマスコットのトラ君が、レジスターをガチャガチャ、チーンと打って「きょせんまとめてひゃくまんえーん」と本人のタイトルコールでしたね。ちょっと記憶を引っ張り出してみました。失礼しました。
2014/10/09(木) 23:50:15 | URL | bean.
以前は『教授と次男坊』で音源まで作って戴いて。
おかげで歌の感じが解ったのですが、意外と反響無かったですね。
あのドラマを覚えている層は、パソコン人口では少ないのでしょうが。

これまた、覚えている人が少なそうな貴重なお話ですねえ。
子供達のCMも、レジスターのOPも、何故か覚えてないんですよねえ。
ワタクシにとっては、その時間はもう、早く『細うで繁盛記』始まれって感じの時だったので(笑)。
2014/10/13(月) 11:03:56 | URL | ごいんきょ
合計金額をコール
この番組、一時夜7時台の放送だったことがあり、私はその時に観ていた記憶があります。
番組の最後で、その回に登場した全ての商品の合計金額が、例えば「巨泉まとめて…123万4567円!」とコールされていたのが印象的でした。
確か、公正取引委員会の規定が変更され、この手の番組における賞金(賞品総額)の上限が一人百万円と定められたことにより、この番組も「その役割を終えた」として終了となったのですよね。
2014/10/21(火) 17:27:34 | URL | うみがめ
言ってましたよね、多分。
でも、ほとんど覚えてないんだよな。
よほど『細うで繁盛記』ばかりきになっていたのでしょう。
そして、その時の焦れったい気持ちもよく覚えているのです(笑)。
2014/10/23(木) 23:43:37 | URL | ごいんきょ
巨泉さんのテレビ
こんにちは、古い記事へのコメントですが、失礼します。
この番組が放送されていたころ、私は
生まれて間がない~幼稚園児だったのですが、
私の叔父と叔母が出場希望を出したところ、当選して、
実際に出演しました。
様々な品の値段を予想したものと思うのですが、
そこで、当時まだ高価だったと思われる、
カラーテレビ(SONY・トリニトロン)の値段を、当てたのだそうで、
後日、我が家に運ばれてきました。
他に、広告主のタイガーさんの製品、
電子ジャー炊きたて、計量米びつ、保温弁当箱、
などもあったような記憶があります。
前出のトリニトロン・カラーは、その後長く、
我が家の一等地に置かれまして、
亡くなった祖母が、
「巨泉さんのテレビ」と言っていたのを、思い出します。
番組の詳しい内容は、残念ながら、ほとんど覚えていないのですが、
毎回一番最後に、実写のトラの子供が出てきて、
戯れている映像と、
「提供 タイガー魔法瓶」の文字が出てきて終わり、
だったような気がします。

その巨泉さんが、先頃、お亡くなりに
なったとの知らせを受け、古いことを思い出しました。
巨泉さんのご冥福をお祈りいたします。
2016/07/21(木) 15:15:00 | URL | ひつじ
本サイト機能のアクセスは1941。確か過去最高のはずです。
流石と申せましょう。


そして、これは非常に羨ましいというか凄い投稿が。
その頃、ソニーのトリニトロンなんて高嶺の花ですよ。
いやー素晴らしい。

言われれば、なんか虎の子供が出ていた気が!
巨泉さんは、この番組の映像は残してないんでしょうかねえ。
2016/07/21(木) 19:48:24 | URL | ごいんきょ
タイガー魔法瓶の一社提供
タイガー魔法瓶というと、「8時だヨ!全員集合」のメインスポンサーを思い出しますが、この番組は一社提供なんすね。この番組って関東でも放送していました??
2016/07/28(木) 08:30:47 | URL | マスダっち1971
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ