私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

日曜大工110番 (1969)

該当番組画像募集


  (SE電話)ジリリリリリン ジリリリリリン

♪ 日曜大工 110番
  ここはこうする あなたもできる
  切る 塗る 付ける
  楽しいマイホーム


「日曜大工」と思い切り言っている癖に、放送曜日は毎日でした(笑)。
月~土は、あの『木馬座アワー』の後番組で、『ロンパールーム』の前の時間だったので、
覚えている人もそれなりの数がいるかと思います。
肝心の日曜日は、早朝6時45分からで、この時代の日曜のこの時間に
テレビを見ていた家は、かなり少ないと思いますがね。
『木馬座アワー』が木馬座自身の提供だったように、
この番組も、日曜大工クラブという、よくわからない所が提供しておりました。

ただ、ほんの初期とほんの末期だけ、(各社)提供だった時期が有ります。
「ご覧の各社の提供でお送り致します」というアレです。
初期は、おそらくですが、関西ペイント、壁装館、タキロン科学、セメダイン、松下電器
といった所が日替わりでやっていたのではないでしょうかね。
ウィキペディアにはアサヒペンだけが書いてありますが、
この番組の主な提供者は「日曜大工クラブ」で、アサヒペンは恐らく末期の一社でしょう。
一社だけ特筆していると、ウィキペディアは広告サイトではありませんとか言われますよ(笑)。

そこにも書いていない放送開始日は、昭和44年10月20日(月)。
この時期、注目されていたらしい日曜大工を扱った番組で、
日曜大工クラブ理事長の漫画家・松下紀久雄を講師として、
柳家金三、江口ポポの三人が工作、修理、掃除などを解説、実演する番組。
おそらく柳家金三はズッコケ役だったのでしょう。
冒頭の主題歌も松下紀久雄の作詞で、作曲は西出次郎。
番組では1番だけの短い使用だったようですが、実は2番も存在します。

♪ 日曜大工 110番
  汚れ 雨漏り タイルの剥がれ
  取る 貼る 埋める
  まかしてマイホーム
このように、工作だけでなく、修理に関する事もやっていたのですね。
歌っているのが誰なのかはわかりませんでした。江口ポポ?
元々「日曜大工110番」というのは、日曜大工クラブが設置していた相談電話の事。
日曜大工クラブというのは、漫画家である松下紀久雄らが結成した同好の士によるもの。
結成は昭和36年で、総裁はなんと、あの森繁久彌だったのであります。

江口ポポは昭和45年3月いっぱいで降板し、後任は一般からの公募で、
19歳の2人の女の子が入り、一日おきで出演しました。
彼女らはミニスカ姿での作業、池の時には水着姿も厭わぬ体当たりぶり。
通常だと主婦くらいしか見ない時間帯で少しでも視聴率を上げようとしたのでしょう。
尤も、本職である大工、左官、塗装工などといった人々にもよく見られていたようで、
新建材などを紹介した際には、そうした人々から質問の電話がよく来たとの事です。
質問の40%は主婦からだったようですがね。

実際にどんな事をやっていたかと言いますと、例えば工作では、
ビール運び器、お魚電話台、輪投げ、巣箱のような小物から、
キリンの滑り台、本棚、テーブル、洋酒棚、水槽、椅子のような大物まで幅広いものでした。
造園に類する事もやって、めがね池、花壇、シーソーチェア、敷石なども。
更には塗装や修理にも手を出し、大理石塗装、硝子切り、くもりガラス、
のこぎりの手入れ、蛇口修理、タイル修理、雨漏り修理、フスマ張り等々。
どれも素人ではわからない基本、コツなどを解説しておりました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
♩オーマイカラーアサヒペン
ご隠居さんの記事からすると、私の記憶にあるのは、再末期の頃ですね。朝7時45分頃からの気がしてました。その前の時間はおはようこどもしょー少年野球中継で、その後の時間帯は、タイトルは忘れましたが、喧嘩太郎こと武見太郎がでてた番組でした。まぁ日曜日の朝からあのブルドックフェイスとは・・・・・orz      で、この番組、眼鏡を掛けていた人は大平透さんだとばかり思ってました。テーマソングはご隠居さんの書いていた物じゃなく、最後は自分でやることは、良いことだ!ジャンで終わっていた気がしてました。
2014/10/21(火) 15:41:46 | URL | かむい
協賛スポンサー
この番組、提供スポンサーはご指摘の通り日曜大工クラブでしたが、では「ご覧の各社」扱いの企業は何だったか?それが実は協賛スポンサーというものでした。恐らくは、接着剤メーカー(セメダイン・コニシボンド)や塗料メーカー(ニッペ・カンペ・アサヒペン)など、同業他社が相乗りすることを見越してそうしたものと見られます。だから、提供読みのアナウンスも「ご覧の各社の協賛でお送りします(しました)」となっていたはずです。
また主題歌ですが、当初は本文中に出ていたものでしたが、途中からかむいさんご指摘の男性コーラスバージョンに変更されました。確か、番組タイトルもこれに伴い「日曜大工・手作り百科」と変更されていたはずです。
2014/10/21(火) 16:33:51 | URL | うみがめ
歌は二番しか
 私もてっきり大平透だと思い、多才な人だなと感心していました。違ったんですか?? 私も、起床可能な時間帯に見た覚えしかありません。
 主題歌ですが、実は私は、ごいんきょさんの書かれた2番しか覚えていません。
 ただし「まかして」じゃなく「まかせて」と記憶にあるんですが、自分で修正したかもしれません。女性の声でした。
 言われてみれば1番の歌詞も聞いたような気もしますが。予告とか番宣とか ED (スポンサーを映すだけ)のような部分があって、そこで使われていたのでしょうか。番組そのものをじっくり見たことはあまりなかったんですが、主題歌のせいか、修理のノウハウや今でいう便利グッズを教えてくれるのが主体だったな〜と思っていました。
2014/10/22(水) 16:17:17 | URL | あぶもんもん
● かむいさん
8時からだったかと思うのですが。
その前の『健康増進時代』でしょうか、武見さんが出ていたというのは(笑)。
その主題歌は、やはり末期ですよね。


● うみがめさん
そうなんですか。すると『日曜大工クラブ』提供ではあっても、
CMは協賛の各社が流していたという事なのかな。
たしかにその方がいろいろ整合性が取れるのですが。


● あぶさん
と言うか、なんで皆さん、大平透さんの顔を知っていたのかという疑問が(笑)。
1番はOPで使ったんでしょう、常識的に。
YouTubeにも例の人が当時音声をアゲてくれていますが。
2番も使われていたのですか?
すると、時期が進んでから入れ替えで使うようになったんでしょうね。
それなら、あぶさんが1番を知らない説明もつきます。
2014/10/23(木) 23:38:52 | URL | ごいんきょ
ご隠居さんへ
何故我々の世代が大平透さんを知っているかと言いますと、スペクトルマンをみたこと有るかどうかが関係あると思います。そのキャップを演じていたのが大平透さんた似たような眼鏡をしていたのもポイントだと思います。あと、この番組でアロンアルファーを知った人は結構いるのでは?(かくゆう私もそうですが・・・・)
2014/10/24(金) 01:02:24 | URL | かむい
Do it yourself
略してDIYなる言葉を初めて知ったのもこの番組を通してでした。
番組中では「何でも自分でやろう」という訳語がついていましたが、その後各地に登場したホームセンターでも普通に「DIY用品」などの表現が使われていたことを考えると、やはりテレビの影響力はすさまじいものがありますね。
2014/10/24(金) 01:23:06 | URL | うみがめ
ホーム大工
この番組で流れていたCMの中で私が記憶しているのが「ナショナルホーム大工」のCMでした。
ベートーベンの「第九」を演奏しているオーケストラやコーラス隊に紛れて、数人の大工が曲に合わせて釘打ちをしているのですが、更に数人の大工は電動ののこぎり・かんな・ドリルを動かしているというものです。単に大工と第九を引っ掛けただけでなく、大工道具を曲に合わせて操るという技には感心しきりでした。
2014/10/24(金) 01:31:51 | URL | うみがめ
大平透という名前
 かむいさんのおっしゃる通り、私が顔を知っていたのは『スペクトルマン』(宇宙猿人ゴリ)からです。たしか OP でも毎回見ていたかも。
 で、名前を知っていたのは『スパイ大作戦』『グズラ』『ハクション大魔王』『カバトット』と多彩な声を聞いてきて、すごい人だと思っていたところへ『ゴリ』に素顔で登場。こういう顔の人だったのか! と納得したのでした。
 私はこの番組はたぶん末期の方しか見ていないので、OP の歌が入れ替わったのだと思います。アロンアルファー、そうでした。この番組で知って、買ってきて指を(親指と人差し指)つけてしまい大変なことになりました。
2014/10/24(金) 13:03:32 | URL | あぶもんもん
● かむいさん
あー、そうでした。宇宙猿人ゴリで公害Gメン所長だかやってましたね。
アロンアルファはCMの衝撃が凄かったですからね。
ワタクシはこの番組を見た記憶は有りませんが、アロンアルファ登場時の衝撃はよく覚えてますよ。
でも、幾つかCMやってましたけど、今でも信じられません。
自分でやった時にはあんなに強力ではなかった気が(笑)。


● うみがめさん
いやあ、見たいなあ、それ。
見た事ある気もするのですが忘れてますし。


● あぶさん
アロンアルファは番組中で名前を出して使ったんでしょうか。
CMも流れていたんですかね。
開始当初はうみがめさんの書いたセメダインとかボンドでしたが。
2014/10/24(金) 23:33:56 | URL | ごいんきょ
アロンアルファ
 この番組のスポンサーがどこだったか覚えてはいないんですが、スポンサーの中にアロンアルファを出してる会社が無いとしたら変ですね。でもたしか番組の中で名前を言っていたような気がします。『瞬間接着剤』なんて言い換えはしてなかったと思います。
 なんというか『マースチャツネ』みたいな伝家の宝刀という感じでした。私の印象の中では、『できるかな』より古い NHK の工作番組で使っていた『魔法のハサミ』とつながっていました。
2014/10/25(土) 13:33:40 | URL | あぶもんもん
日曜大工に関係した様々な企業がやっていた感じですので、
後期はアロンアルファもやっていたのでしょう。
2014/10/26(日) 00:14:15 | URL | ごいんきょ
初期のテーマソング、イイネ!
ボクがよく観ていたのは'72~'74年頃だったか、「トンカチ歌じまん」「健康増進時代」「日曜大工110番」の流れだったと記憶しております。

それにしてもごいんきょさん、よくそのテーマソングを憶えてますね。ぬるい記憶の人は、「♪トントント~ンのガ~リガリ ガ~リガリのトントントン・・・」の方しか憶えていないと思います。
2014/11/02(日) 19:41:35 | URL | 石毛零号
いや、YouTubeにアゲてくれている人がいるのです。
あと、当時日本テレビから出された本が有りまして、それを持ってるんですよ。
2014/11/04(火) 01:19:41 | URL | ごいんきょ
スタイリーのCM
スタイリーのCMソングがオーマイカラーアサヒペン♪とセットで浮かんで来るんですが、流れてませんでしたか?時間帯が近い他の番組でしょうか。
この番組、タイトル通り日曜日だけの番組だと思ってましたが毎日放送してたんですね。
私は番組後期に、日曜だけ見ていたようです。
今は早起きすると損した気になるのに、早起きが苦にならない頃が私にもあったという衝撃!

イルカの雨の物語がテーマ曲に使われていた番組も日曜日だったような。イルカの歌だけ覚えてるんですが、なんの番組かさっぱり覚えてません…。
2014/11/05(水) 20:34:03 | URL | はやみ
うっすらとした記憶
「『耳よりコーナー』。聞いて納得、見てお得」って、なかったでしたっけ?。何かおしまいの方に、そんなコーナーがあったような気がするのですが。
2014/11/05(水) 23:06:18 | URL | 石毛零号
● はやみさん
アサヒペンはよく色んな番組でやってましたし、
この番組では勿論、間違い無くやっていたとは思うのですが、
スタイリーは関東では、12チャンネルでしか見た記憶が無いんですよね。
イルカさんのは、TBS『ロマンを旅する』ですね。


● 石毛さん
「聞いて納得、見てお得」って、聞いた事ありますけど、
この番組でも言っていたのですか。
2014/11/09(日) 09:25:27 | URL | ごいんきょ
トラックバックしました
実はホームセンターなる業種の大型店が登場したのが、丁度この番組がスタートした頃だったのです。そのホームセンターの略歴と、最近の動きについてまとめてみました。
2014/11/14(金) 14:04:44 | URL | うみがめ
DO IT YOURSELF というのは英語圏で普通に使われてた言葉なんですかね。
そこからドイトが出来たのですよね。

今では東京あたりでもホームセンターという言葉は通じるんでしょうか。
ワタクシ、当地に来た頃ホームセンターってなんですか?とか聞いて、
不思議がられたものです。
東京近辺にいた頃は見た事も聞いた事も無い概念だったからなあ。
2014/11/17(月) 06:50:56 | URL | ごいんきょ
家庭用塗料とその時代
日曜大工110番が放送されていた
その時代家庭用塗料の世界では
水性ツヤあり塗料が台頭しましたね
その頃家庭用塗料のCMもありました
松下紀久雄(関西ペイント)
故・藤本義一さん一家(日本ペイント)
ケンちゃんの宮脇康之(大日本塗料)
結構ありましたね
2015/04/02(木) 11:31:13 | URL | mr goodman
小さい頃見た覚えあります。
これってケロヨンのあと番組だったんですね。
「にっちよう大工110番!ここは簡単あなたもできる」も「トントント~~ンのガ~~リガリ」も覚えてました。黒縁メガネのおじさんが本棚でもなんでも器用に作ってしまう技に幼いながら、「スゲェ!」って目を見張ってました。中でも驚いたのは電気溶接ですかねぇ。壊れた鍋に新しいとってくっつけちゃうみたいな。
溶接ってそんなに簡単なの?
後日、溶接の経験のある人に聞いたら、「素人さんがやったら熱で歪んで型くずれするからうまくいかないよ!銀ロウ付けじゃないと厳しいんじゃない?」とのこと。
あの器用さはただものではありませんでした。
「ボンド・アロンアルファー!強力ですよ。ブランコで実験してみましょう!」そういって瞬間接着剤でブランコを吊り下げて乗っかる実験をしてみせたのも印象的でした。
あのおじさん、大平透ではなかったですよ。大平透はもっと声が野太い。それと大平透はすかいらーくのCMやってました。
今、この番組を復活させるならMC兼指導者役はヒロミさんかな。アシスタントに天然な奥様の伊代ちゃんと日替わりで後輩芸人のゲスト1人をつけて。
2016/02/08(月) 12:48:18 | URL | やまちゃん
● mr goodmanさん
♪ アトムハウスペイント なんてのも有りましたねー。


● やまちゃんさん
松下紀久雄さんですね。
NHK出演の映像が、今ならYouTubeで見られますよ。

ブランコくっつけられるんですかねー。
どうも本当の日常だと、そうは上手く行かない気が。

主題歌歌手は誰なんでしょうね?
謎です。
2016/02/11(木) 21:31:33 | URL | ごいんきょ
アサヒペン
アサヒペンのCM、加藤芳郎さんの記憶があります。ウィークエンダーや水曜スペシャルのスポンサーでもありましたね。

アサヒペンのCMソングもキダ・タロー先生の作曲で、92年リリースの作品集では音源不在の為収録されませんでしたが、その後同社の東京本社の倉庫でマスターテープが見つかり、2010年にアップフロントワークスからリリースされた「浪花のモーツアルト キダ・タローのホンマにすべて」に収録されました。
2016/11/12(土) 23:05:30 | URL | TSUSHIMA
うーん、加藤さん、やってたかもなあ。

アサヒペンの歌は、ちょっとキダさんの歌としては異質な感じが。
耳にこびり付きますね、あれ。
2016/11/13(日) 22:12:38 | URL | ごいんきょ
キダ先生作曲のCMソング
かに道楽や出前一丁が有名かと思いますが、北海道にはかに道楽は出店していませんし、出前一丁も北海道は日清よりも東洋水産の方が即席めんのシェアが高い事もあって、店頭ではあまり見かけません。
なので、アサヒペンの方がむしろ全国区ではないかと思っています。今でも「アサヒぺ~ン」のサウンドロゴは健在ですね。
2016/11/13(日) 22:26:39 | URL | TSUSHIMA
たしかに北海道でかに道楽やってもねえ。
かになんか、そこら中に有るよって(笑)。
2016/11/15(火) 06:32:17 | URL | ごいんきょ
日曜大工
たしかなべおさみさんが出演されていました♪自分でやることはいいことだ♬
これとは違うのですが。
この番組はなんだったのでしょうか。
記憶の片隅にあるのですが調べても何もhitしません。
2017/02/07(火) 01:02:57 | URL | (ハンドル未記入)
歌は、もしかしたら後期主題歌なのかもしれませんが、
なべさんが出ていたというのは、他の番組の記憶が混同しているのかもしれませんね。
『いきものばんざい』かな?
2017/02/09(木) 23:21:52 | URL | ごいんきょ
私も「自分でやることはいいことだ」の工作番組を思い出したくて、
こちらがヒットしました。

石川球太さんが挿絵を描いた『おもちゃの作り方』のこの人物が、
その番組の中心人物をモデルにしている印象があります。
昭和40年代、短い時間枠、セリフ無しで日曜の朝等に放送していたと思います。

https://www.google.co.jp/imgres?imgurl=http%3A%2F%2Fblogimg.goo.ne.jp%2Fuser_image%2F35%2Fa7%2F899def1af43f2b6dcfd8ed63f3731e94.jpg&imgrefurl=http%3A%2F%2Fblog.goo.ne.jp%2Ftyujiji04%2Fe%2Fa8cf6de234bbd4d65b17996ad88afcf6&docid=DD9zS1dNV1B-aM&tbnid=pD2zOa_stHoNkM%3A&vet=10ahUKEwinxbDlm9XUAhUBfbwKHRYfCSwQMwgvKAowCg..i&w=320&h=237&client=firefox-b-ab&bih=857&biw=1128&q=%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%90%83%E5%A4%AA%20%E3%81%8A%E3%82%82%E3%81%A1%E3%82%83&ved=0ahUKEwinxbDlm9XUAhUBfbwKHRYfCSwQMwgvKAowCg&iact=mrc&uact=8
2017/06/24(土) 09:35:50 | URL | (ハンドル未記入)
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
日曜大工用品 や 生活用品 などを取り扱う店を ホームセンター と言います。 こうした業態の店としては、個人経営の 金物屋 もありますが、それを より大型化 したようなものと考えれば分かりやすいでしょう。   さてこのホームセンター、我が国にはいつ頃登場したのでしょうか? 時は 1969(S44)年 、アメリカにある ハードウェア・ショップ をお手本に 島根...
2014/11/14(金) 14:00:09 | カメログ・アネックス
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。