私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

海底少年マリン (1969)

該当番組画像募集


バタ臭い作風の漫画で、それも有ってか、あまり人気は無かったように思います。
じゃあ誰も知らないかというとこれが不思議なもので、
みんな見てはいたんですよね。
我々世代の関東男子で、このテレビ漫画を見た事が無いという人は少ないでしょう。
でも、決して人気は無かったというね。大体、テレビでは海洋ものは当たらないジンクスが。
可も無く不可も無しという漫画だったかと思います。
その心は、話は決して面白くはないんだけれど、設定が面白いのですね。

主人公のマリンは、海底パトロールをやっているようですけど、
その辺の深い背景が語られたりはしなくて、単に海に現れる様々な悪者を、
マリンが懲らしめるという安直な筋だったと思います。
でも、海中で人間が自由に活動したり、そのための真っ赤なスーツとか、
酸素を補給するためのオキシガムとか、海中ブーメランとか面白かったんですよね。
あのブーメランはどんな原理なのだろう。
海中で衝撃は和らぐはずなのに、原始的なブーメランで近代設備バシバシ破壊してたな(笑)。

バタ臭い絵柄に安直で解り易い筋。
それもそのはず、この作品は海外輸出を念頭に作られたものだったのでした。
もっと言えば、「海外作品」として紹介されていたくらいなのです。
アニマニアには有名ですが、この漫画、一番最初は日本初のカラーアニメとして作られた
昭和40年の『ドルフィン王子』という作品が元になっているのです。
それは3本だけでしたが、更に13本に増やして主人公の名前を変えた
『がんばれ!マリンキッド』というのが翌年に放送されました。
そちらが放送される際の記事には、「アメリカのテレビまんが」として紹介されました。

実際には、テレビ動画という所が制作した国産アニメだったわけですけれど、
アメリカでの放送が大前提として有って、そのために絵柄・設定・制作などが
向こうと協調する形で行われていたのです。
そんな事情を背景に、絵柄だけ見た記者が間違えたのでしょう。
何故アメリカでの放送を考慮したかと言えば、テレビアニメ単体では赤字になるから。
『鉄腕アトム』の虫プロは、最も強力なスポンサーとして手塚治虫がいましたが(笑)、
なんの力も無いポッと出のテレビ動画が、当たる目算の無い作品単体で商売するには、
日本のテレビ界が提示する額はあまりに低すぎたという事です。

かと言ってアトムのように有名な作品ではないので、商品化権も見込めない。
という事で、積極的に海外に売り込むという戦略が取られたのでした。
日本とアメリカの十局ほどはほぼ同時期に、少し遅れて南米、カナダ、香港などに輸出され、
『マリンキッド』放送の時点で14ヶ国を相手にしていたというのですから、
オキシガムなど、その設定の先進性もむべなるかな。
国産初のカラーアニメという試みも、海外への売り込みを考慮してでしょう。
同じ作品が三度も題名や主人公の名前を変えて、話数を増やしながら放送されたという例は、
この番組が唯一となるのではないでしょうか。

ただ、そのためだと思いますけど、一作目の『ドルフィン王子』、二作目の『マリンキッド』、
いずれも当時のフィルムが現存していない感じなのです。
恐らく、それらフィルムを都度作り直して新作にしていたからでしょう。
従って現存している映像は、全て三作目の『海底少年マリン』としての物のみ。
特に知りたいのは、それぞれのOPとかEDがどうなっていたかなのですが、
制作に関係していたという杉山卓も、あまり細かい事は書き残してくれておりません。
あとは見ていた人々の記憶で語り残す他は無さそうですが、
ワタクシは『マリン』しか見た事が有りませんし、そういう人が多いと思います。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
これもフィルム残っていないんですか・・・
 前身の二作のことも制作背景のことも知りませんでした。平日の5時台にやっていたんでしたっけ。私は『好きで』見ていたんですが、ストーリー等やはり覚えていないので、どうしようもありません。ED は覚えていませんが、OP は歌えます。見ていた関東男子はみんな歌えるかも知れませんが、フィルムが残っていない由なので一応書かせていただきます。

 OKOK 七つの海は〜 ぼーくが一人で引ーきー受ーけーた〜
 赤ーいスーツ〜に〜 ハイドロジェ〜ェ〜ット〜
 てーきーをけーちーらーす ブーメ〜ラ〜ン〜
 GO〜GO〜 マリーン GO〜GO〜 マリーン
 P 1(ワン) ゼロ号! パ〜ト〜ローーール〜

 たしか OK を「オウケイ」と歌っていた(違ったかな?)のは輸出を考えていたからでしょうか? 輸出された暁には、主題歌はどうせ歌詞も曲も差し替えられたんでしょうけど。子供心に、七つの海を一人で引き受けるとはまた大きく出たな、と思いました。
2014/10/22(水) 13:05:41 | URL | あぶもんもん
早とちりでした
 すみません。よく記事を読んだら、前の二作が残ってないんですね。上のコメントは削除でいいです m(_ _)m
2014/10/22(水) 13:09:41 | URL | あぶもんもん
オキシガムが欲しかった!
夏休みによくやってましたね!タイトル通り、オキシガムが欲しかった子供でした。さて、あぶもんもんさんがテーマソングの事をかかれてましたが、私はテーマソングの2番の歌詞にかかれていた人魚の名前を‘ネプティー’と思ってました。何故かというと、最後の所が♩可愛い人魚のネプティー‘が’と聞こえていたからです。あのキャラはネプティー‘ナ’だったのですね(^。^;!
2014/10/22(水) 17:30:27 | URL | かむい
● あぶさん
ワタクシはEDも歌えますよ(笑)。
「オーケイ、オーケイ」って歌ってますね。
ちゃんとした日本語です(笑)。


● かむいさん
本文で書き忘れましたけど、超能力や知識で海の事を色々と教えてくれる、人魚のネプティーナというのがいました。
2番はレコードでしか聞けなかったかと思いますが、
「ネプティーが」なんだというのか気にならなかったのでしょうか(笑)。
2014/10/24(金) 00:12:49 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。