私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



チビラくん (1970)

該当番組画像募集


円谷プロがテレビ作品を作れなくなってしまった第一次暗黒期に、
かろうじて制作の命脈を保っていた作品なんですね。
『おはよう!こどもショー』に続く8時から、『シートン動物記』という5分番組が有って、
その後の8時5分から20分までの15分、日曜以外の毎日放送されてました。
『シートン動物記』というのがよく判らないんだけど、止め絵でやっていたものでしょうか。
この『チビラくん』は円谷お得意の着ぐるみ劇で、しかも登場人物のほとんどが着ぐるみ。
それもそのはず、舞台は怪獣の住む星に有る或る町だったのですね。
でも、どう見ても日本の辺鄙な町だったんだけど(苦笑)。
例の丸窓の建物も出ていたような。

設定としてはその様に、これまで人間社会に怪獣が闖入してくる様を描いていた円谷が、
発想を逆転させて、怪獣の町に人間が闖入するという図を描きたかったようなのですが。
その人間は、小さな女の子だったですね。
怪獣の町に住んでいるのは、まず主人公のチビラくん。
声は雷門ケン坊だったけど、彼の声ってなんか聞き苦しかった。
でも、昭和40年代は子供の声というとよく使われてました。
チビラくんの家にはパパゴン、ママゴン、それに犬怪獣らしきポチポチがおります。
ペットまで同じ大きさの怪獣という。

このチビラくんの家と張り合っている形なのが、ゴルバの家。
「ゴルバフォン、メジラバッハ、スタリンコチャン、アクラズルメ」
と言いながら両腕を交互に肩にあてたりの決め動作が有って、
それにより色んな姿に変身できる能力を持っていました。
その長い呪文は、ゴルバの正式名なのですが。
子供にガキンコというのがいて、子供に説教する時も、
「お前はゴルバフォンメジラバッハスタリンコチャンアクラズルメ家の跡取りなんだぞ!」
みたいな感じでこの長い名前をやたらに言うのが、寿限無さながらの笑い所でした。

ゴルバもよく悪さを仕掛けてきたけど、年齢的にもチビラくんと張り合っていたのがガキンコ。
そんなゴルバ家とチビラ家のすったもんだ(昭和語)を演じていた劇ですが、
これ、帯番組ですからね。それを毎日やっていたのです(笑)。
つまり例によって、月曜から土曜までの6回で、一応の一話完結なんですよね。
でも、10分番組でもこの形って間延びしちゃうのに、15分番組、
要するに一話90分物と考えられる作品なんですよね。
と言って、前述のように深い話とかはまったく無い、単純な幼児向けですので、
ワタクシは一週間通して番組を見た記憶が無い(笑)。
いつ見ても同じような事やってるなと思っておりました。

着ぐるみに関しては、それまでの円谷式から少しだけ変えてあって、
同じ日本テレビで数年前に放送された『丸出だめ夫』に出ていたボロットのように、
胴体の部分と頭の部分が別で、頭に大きめの頭部をスッポリ被る形でした。
目や口をリモコンで動かしていたんですね。
その機械が入っているため、あんなに大きく、操作のために分離させていたのでした。
その重さ、約4キロ。
役者さんはかなり首が丈夫になったろうなあ(苦笑)。
でも、ちょっと走るともうフラフラになってしまったらしいですが(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
「チビラくん」は
ちょうど保育園に入園する直前までの放送で僕もよく見ていました。
入園して通園時に持ち歩いていた靴入れが「チビラくん」のでした。
しかしつい最近になって円谷プロの制作と知り意外でした。プロダクションが当時苦境だったとは。
2014/11/02(日) 13:11:56 | URL | リオ
有る意味オールスター登場?
当時まだ2~3才だったのでリアルタイムの記憶はありませんが、キャラの印象は強く、後の雑誌などでもすぐわかりました。最近ネットで調べて見たのですが、ゴルバの奥さんがブースカだったり、郵便配達がザラブ星人だったりと有る意味オールスタなかわさ感じだったのですね!
2014/11/02(日) 14:32:44 | URL | かむい
決め動作、今でもできます
 スターリンという名前を聞くたびにゴルバの顔が浮かんでしまうのは私だけでしょうか。
「スタリンコチャン」の部分は時々「メジラバッハリッコチャ〜ン」のように曖昧に発音されるので、本当の呪文を知っていながらわざとそのように曖昧に唱えるのが、仲間内での『通』のワザとされていました。
 ガキンコ、本当はチビラと仲良くしたいのに親父のために板挟みになって、よく悩んでいましたね。なんとなく可哀想だと思って見ていました。ゴルバも意地を張ったために窮地に陥って可哀想な場面がありました。一方のハッタル家は全員が善人の小市民で、性格づけが単純でした。
 ハッタルという苗字は番組の中ではあまり出てこないのに、主題歌で歌われておりました。「ハァ〜ッタル、け〜んの〜」と聞こえるので、私はずっと「ハッタル犬」だと思い込み、チビラは実はそういう種族の犬なんだと思っていました。飼っている犬は別にいるので、変だなあと。
 ごいんきょさんの記事のおかげで犬の名前『ポチポチ』を思い出しました。ありがとうございます。それからゴルバの本名も知りませんでした。呪文では
 ゴルバッハァ〜ン と言っていたように思います。
2014/11/02(日) 15:17:41 | URL | あぶもんもん
● リオさん
靴入れ、有りましたね。
あれでテレビ版権ものを持っている子は少なかったな。


● かむいさん
ああ、円谷プロ作品オールスターね(笑)。


● あぶさん
ああ、あぶさんだけでしょうね(笑)。
動作はやってみたんだけど(笑)、なんだか同じ事の繰り返しになっちゃう(苦笑)。
ああ、ガキンコも本当は遊びたいんですよね。
ポチポチはハッタル犬だったのか(笑)。
2014/11/04(火) 01:17:53 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ