私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



男一番!タメゴロー (1970)

該当番組画像募集


『巨泉×前武ゲバゲバ90分』で、コントの繋ぎにヒッピー姿のハナ肇が登場し、
彼がいきなり発した奇声「アッと驚くタメゴロォ~~~」という言葉は、
昭和44年から45年にかけて大流行しました。それこそ、子供から大人まで。
なにしろ言い易いし、言える場面が数多い。それこそアッと言う間の流行でした。
そもそもタメゴローというのは、ハナ肇が好きだった広沢虎造の浪曲に出てきた人物の名とか。
でまあ、やや翳りが生じていたクレージーキャッツ、ハナ肇がまた注目されたのでした。
そんな俄に旬の男となったハナ肇、タメゴローの人気に肖ろうという安易な企画とも言えますが、
後発局の哀しさか、ゲバゲバの日本テレビとは関係の無いNETがイタダイてしまう訳です。

しかしゲバゲバは、45年3月いっぱいで取り敢えず終了。
そしてこの『男一番!タメゴロー』は、すぐ4月から始まっているという素早さ。
ちょっと早過ぎますので、ゲバゲバやタメゴローが大人気となったとみるや、
すぐに企画に動き始めたとしか思えないです。
主役はハナ肇だけに、もちろん渡辺プロが噛んでおり、渡辺企画として参画しております。
通常のテレビ界の仁義としては、というか一般常識的に考えてみても、
日本テレビの番組で生まれた存在なのだから、日テレドラマにすべきはず。
ここにも、本格的におかしくなり始めていた頃の、日本テレビ対渡辺プロという構図が。

まるで意趣返しのように、世間で騒がれているハナ肇のタメゴロー番組を、
日本テレビではない局で企画・実現させているという丁々発止。
この日本テレビ対渡辺プロに関しては、なるべく多くの番組を網羅的に扱おうという
当ブログでは非常に数多くの番組で言及してきております。
おそらく日本で一番、この「戦争」について記述しているワタクシになっておりましょうが(笑)、
それだけ日本テレビ・井原高忠という人物と、渡辺プロという所が、
日本のバラエティ番組の基礎を作った両雄だったからに他なりません。
網羅的に昭和テレビ番組を記述すれば、この両者に触れる記事も多くなる道理なのです。

渡辺プロが直接的に戦争を仕掛ける『あなたならOK』は、NETの番組でした。
そして、井原高忠のゲバゲバ・日本テレビへの意趣返しのようなタメゴロー番組も、NET。
もっとも、さすがに法的争いとなりかねない姿形はヒッピー姿を真似せず、
ハナ肇の主人公はダンプ運転手という事になっております。名は若林為五郎。
マイペースで自己主張というのは植木等路線を彷彿させますが、
やはり風貌・肌合いの差は埋めがたく、この為五郎は無頼派・正義漢。
女系の海老問屋・海老一番に、彼が運転手と雇われてからの騒動が描かれます。
月曜夜9時。提供は各社枠で、時と場所で違ったものでしょう。

社長役は金子信雄。但し社長と言っても女系ですから入り婿で、
丹阿弥谷津子の演じる夫人に全く頭が上がらない存在。
ん? 金子信雄と丹阿弥谷津子という事は、とピンと来たあなたは昭和芸能3級以上(笑)。
そう。実際にも夫婦だった二人です。テレビドラマでは初の夫婦役という事でした。
金子はいかにもですが、丹阿弥ともども照れ屋なため、断っていたというのですね。
しかしこの時は、プロデューサーがかなり熱心に口説いたのだといいます。
ところが現実には、金子家は亭主関白。
だから丹阿弥は、激しい台詞をぶつけるのも遠慮ためらいが無かったとか(笑)。

6月1日放送「あなたの為ならエンヤコーラ」は、為五郎がホストになる話。
ホストクラブの社長を、同じクレージーの石橋エータローが演じました。
続く8日放送では、為五郎が美容体操研究所に入門。
勿論、この時の撮影に使われたのは、竹腰美代子研究所でした。
やはりクレージーの安田伸夫人が、美容体操の大御所・竹腰美代子ですからね。
劇中の為五郎は、海老一番に出戻りで帰って来た娘、八千草薫にゾッコンでしたが、
この時は、野川由美子と指導役の女性とに囲まれて、ホクホクのハナ肇でした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
大阪・毎日放送では東京12「プレイガール」マイクロネットでしたね
大阪・毎日放送では(恐らく1970.10以降)東京12「プレイガール」をマイクロネットしていた枠ですね。
ちなみにフジテレビ・関西テレビ系ではこの時間に「プレイガール」の大元の源流(元ネタともいう(笑))「スパイ大作戦」が放送されていた(ちなみに「プレイガール」と「スパイ大作戦」(第2期)は同日1969年4月7日開始(!))とそちらの方も非常に興味深い時間帯ですけど、そんな状況下だった月9でのどちらかと言えば、ひっそりとした放送でしたけど、そんな点も日本テレビ・井原プロデューサーと渡辺プロとの腹の探り合いという感じを強めていますね。
2014/11/08(土) 10:18:57 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
『プレイガール』は12チャンだからネット局にも難儀したでしょうけど、
まさかこの枠とは(笑)。
当時は12チャンと毎日放送は、準ネット局のようなものでしたからね。
毎日放送も、NETとのネットだけじゃ心許なかったんだろうなあ(笑)。
2014/11/09(日) 10:09:58 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ