私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



いじわるばあさん (1970)

該当番組画像募集


昭和42年に青島幸男の主演でテレビ化された番組は既述しました。
青島は選挙立候補したためにお役交代となり、古今亭志ん馬、高松しげおと、
歴代で都合3人のばあさんが登場する事になったのです。
そしてこの昭和45年、前年に同じ長谷川町子原作の『サザエさん』が
テレビ漫画化されて大好評を博しているのに刺激されてでしょう、
実写で『意地悪ばあさん』を放送した日本テレビ系列の読売テレビにより、
『意地悪ばあさん』のテレビ漫画化が成されたのでした。

日本テレビはテレビ漫画が大の不得手でしたが、
読売テレビがその分を補っていた感じです。
日本テレビで放送されて面白かったというテレビ漫画は、
まず読売制作だったと考えて良いほど(笑)。
『黄金バット』『巨人の星』『天才バカボン』『ルパン三世』等々。
この『いじわるばあさん』も読売テレビ制作なのは良いのですが、
上記が東京ムービーだったのに対し、本作はナックの制作。うーむ(笑)。

主題歌は、少なくとも曲は、青島版と同じでした。
ワタクシの記憶では、地球の周りをホウキに乗ったばあさんが回っている絵で始まっていたような。
歌詞は青島版と違っていたという事なのですが、ワタクシも歌詞は覚えておりません。
どなたか歌える人はいますかねー?
因みにこの主題歌、『意地悪マーチ』という曲名が流布されてますが、
レコード収録はされなかったようですし、その根拠が不明です。勝手に言ってる?
ワタクシが調べた当時記述では、主題歌は「いじわるの唄」と
「さすらいのいじわるゲリラ」となっております。

「さすらいのいじわるゲリラ」は、サトー・ペペとかいう子供が歌ったもので、
ED主題歌だったのですね。ワタクシも部分部分覚えておりますが、
画面の方はまったく思い出せません。
こちらはレコードになっているのですが、何故かOP主題歌が収録されなかったですし、
かなり売れなかった感じで、逆にいま入手しようとしてもかなりの困難。
たまにオークションで出るとたちまち数万円という世界で、
ワタクシ如きにはとても手が出せない宝物となっております(笑)。

テレビ漫画だから昔の『サザエさん』のように、4コマ漫画をそのまま動画にしたものか
というと決してそうではなく、むしろ青島版より独自性が有ったくらいでした。
その最たる存在が、カーキ色の駄犬ペケ。
プロデューサーは、アニメだから実写に出来ない事をやらないと意味が無いと考え、
ばあさんの相棒というか、犬を使う事を思いついたという事で。
ペケの声は肝付兼太がやりましたが、言葉は話さず、ただ唸っているだけでした。
ばあさんの声は、実写版最後の役だった高松しげおが引き続き担当しました。

提供は、森永製菓とノーシン。
不思議な組合せですが(笑)、読売テレビ系のテレビ漫画はこんな感じで、
薬品系と製菓系が組んで提供というのがよく有りましたね。
『タイガーマスク』ではロッテと浅田飴。
ぐっと時代が降った『シティーハンター』も、浅田飴とm&mとかね。
おそらく子供だけでなく、親など大人の視聴者向けのCMも視野に入れて、
番組制作や営業をやっていたのではないかと思います。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
思い出しました
「いじわるばあさん」の70年ごろのアニメ版を。
「サザエさん」や他の番組の記憶の陰にすっかり隠れていましたが、やっと蘇りました。
ばあさんが犬と一緒に壁を突き破って建物か何かの中に入って行くシーンを覚えていますが、初代実写ドラマ版最後にばあさんを演じた高松しげおさんが声をされていたとは。
しかし主題歌が初代実写ドラマと同じということですが、僕はその記憶がなく、なぜか「幸せなら手をたたこう」の節とセットで記憶していました。

その初代の主題歌の青島さんバージョン、02年になって初めて図書館で聴いたCDで知りました。
2014/11/06(木) 07:31:41 | URL | リオ
オープニング
 実写版の方に書かせていただいたコメント以上のことはまだ思い出せないんですが、こちらにも書かせていただきます。
 OP の一番最初は、長谷川町子独特の字が「悪」「ば」「あ」の順に出てきます。字が現れる場所は、あとで書かれるべき正しい位置です。横からいじわるばあさんが雑巾か黒板消しでそれをゴシゴシ消して、あらためて「意地悪ばあさん」のタイトルが順番通りに 出てきました。一字現れるたびに、
ド、ソ、レ、下のソ、ド、ソ、ミ(最後のミはボヨヨヨ〜ンという感じ)
だったか、
ソ、上のソ、ド、下のド、ソ、上のソ、ミ(ボヨヨヨ〜ン)
という音階が流れたと思います。(旧実写版のオープニングも、最初にタイトルが一文字づつ現れたような記憶があります。)

 ごいんきょさんの書かれた、ばあさんがホウキに乗って(マフラーも巻いてたかな)地球を回る絵や、リオさんの書かれた、犬と一緒に壁を突き破る絵も、言われてみると思い浮かぶんですが、言われて思い出す記憶はあてになりませんね。
2014/11/07(金) 19:40:59 | URL | あぶもんもん
主題歌
 2番の最後のところしか思い出せません。
♪いじわるは たのしいよ(ウフフフッ)
 いじわるの うでくらべ(やったねッ)
 あ~大人になりたくなーいーよ昭和元禄なーにわーぶしっ

 こんな感じだったかしらん。実写版と同じ曲で、子供の声でした。私は意地悪ばあさんを尊敬していましたので、なんだか子供の視点でアニメにしているのがいやでした(と、言葉にして考えていたわけじゃありませんが)。
 原作にも「あたしゃ子供と動物には寛大なんじゃ」というような台詞は出てきますが、だからって子供に媚びたりはしません。子供相手にも手を抜かず相当きついことをするので、そこが好きでした。
 私は、大人になったら、じいさんになったらこれをやるんだと、原作を聖典として暗記していたので、当時は原作との違いを見極めて視聴していたと思います。アニメ版は実写版よりは原作のエピソードを使っているようでしたが、限度がありました。医者をしている次男(アニメ版では長男だったかも)のところに同居していましたが、次男が嫁さんに尻を叩かれて、病院の経営を拡げて『ホスピテル』(病院+ホテル)にしたあたりから飽きてしまいました。ちなみに勿論まだホテトルもデリヘルもない時代で、ちゃんぽん語としてはモーテルがあったくらいですから、先取りしてたのかも。
2014/11/08(土) 04:28:36 | URL | あぶもんもん
● リオさん
そう言えば最初の部分、「幸せなら手をたたこう」に似てますね(笑)。


● あぶさん
実写版も含めて、映像はよく覚えてないんですよね。
ただ、こちらのOPは、なんとなく地球の周りを回っていた気が。
地球と言っても小さくて、ビル群が誇張してトゲトゲに突出している感じの。

「昭和元禄浪花節」っていうのおは、なんとなーく覚えが有るんですけどね。
病院とホテルなんかが舞台でしたっけ。
なんだか内容もあまり覚えてないや。
実はペケの事もまったく覚えてないのです(笑)。
2014/11/09(日) 09:36:12 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ