私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



一心太助 (1971)

該当番組画像募集


「やいやいやいやい!
 無理が通って道理が引っ込む様な、そんなべらぼうな世の中が有ってたまるけい!
 堪えて堪えて一心太助ぇ。ギリギリ堪えてもう我慢が出来ねえ!
 お天道様も泣いてるぜえ!」


杉良太郎は、元々が日本コロムビアの歌手として出発しているのですね。
しかし、どのような理由か、歌手としての出発早々に俳優活動も。
それが昭和40年、東京12チャンネル初期の時代劇『燃えよ剣』で、
司馬遼太郎同名原作の初テレビ化作品でもあります。
そこで沖田総司を演じ、かつ主題歌を吹き込んでいるのですが、
これがどのような動きだったのかがよく解りません。
杉自身は俳優はあまりやりたくなかったようですし、
お目見え曲が売れなかったと言っても、コロムビアでそんな歌手は
ゴロゴロいたでしょうし、そういう人物がみな俳優をやったわけでもない。
謎です。

あの顔つきが時代劇に合うと、誰かが践んだのでしょうか。
そうであれば、かなりの慧眼であったと言う他はありませんが。
その後、彼はまだ俳優活動に踏ん切れない部分が多々有ったのか、
少し間を開けた昭和42年、NHKの『文五捕物絵図』(既述)で初本格主演。
以後は時代劇を中心とした俳優活動で、昭和テレビ史に確固たる位置を築きました。
そこでの杉は、まだ新人歌手という触れ込みでの紹介。
況んや俳優業に関しては、ズブの素人として学ぶ姿勢で参加し、
テレビ時代劇の始祖・中村竹弥と俳優座の重鎮・東野英治郎に揉まれたのです。
昭和44年、その東野英治郎を『水戸黄門』助さん役で補佐し、
45年には加えて『大江戸捜査網』にて、中村竹弥の部下として主役を張り、
この両大御所の力を借りながら、いっぱしの時代劇俳優へと成長したのでした。

そんな波に乗っていた彼が、フジテレビで初の主役を張ったのが当番組。
これまた時代劇ではありますが、演じたのは題名通り、一心太助。
太助は魚屋で、徳川三代将軍・家光の世に「天下のご意見番」と知られた
大久保彦左衛門に気に入られ、ご意見番のご意見番のような、
今で言うなら官と民とを繋ぐ管として彦左衛門に重用された存在です。
ま、おそらく講談の話で、太助は実在しないか、したとしても
巷間に言われるような活躍はしていないだろうというのが定説なのでしょうが。
これを杉が演じた訳ですけど、魚屋だけに、もちろん苗字帯刀は許されぬ身。
「一心」というのは姓ではなく、肩に掘られた「一心如鏡」の言葉から来ております。

OP冒頭でも決め部分が毎週流されておりましたが、それが本当に小気味良くてねえ。
とにかく、若き杉良太郎が、威勢の良い江戸っ子の魚屋を、
これ以上の適任者はいないだろうという口調でまくしたてるんですよね。
家光とは、馬を駆る家光に路上で魚を落とされてしまった事が切っ掛け。
将軍御自ら市中で馬を駆るなど道理では考えられませんが(笑)、
そこはドラマですから、家光は魚を買ってやると宣う。
すると杉の太助、「何ぃ? 買うてやるう? 誰が買ってくれって頼んだい!?
憚りながらこの一心太助、気に食わない奴には蛸一匹売らねえんでい!」
これがねえ、表情と言い、言い方と言い、もう、堪らないものが有るんですよね。

それは将軍様も感じたようで(笑)、馬から下りて謝れという太助の言を尤もだとし、
そこから関係が始まるのですが、現実だったら即打ち首だと思いますけどね(笑)。
こうして将軍や大久保彦左衛門と関係が出来た一心太助は、
様々な悪党どもと、魚屋仲間、町仲間たちと協力して渡り合う。
刀は持てないので、全ては天秤棒を駆使しての立ち回りとなります。
ここで、OP冒頭の台詞が痺れる。
「こるぁえてこるぁえて一心太助ぇ。ギィリギリ堪えてどうにも我慢がならねえ!」
この律動的な響きが堪らなく好きで、よく真似したなあ。
「ギィリギリ」のところで本当に堪えてきたって感じを込めるんですよねえ(笑)。
かの中村竹弥は、ここでも太助の魚屋の大将として杉を補佐しておりました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
待ってました!
テレビ東京の時代劇アワーでみたのが最初でしたね。最初、杉良太郎さんと言うと切れ者のイメージがありましたが、見てビックリしたなぁもう!でしたね。粋で鯔背で気っ風が良くて、世間的には一心太助=中村(萬屋)錦之介さんのイメージがあると思いますが、私的には、声の点で杉良太郎さんの方がハマりだと思います。(錦之介さんは声さえ低ければ文句なしですね。、で、時代劇アワーで見て忘れられない作品があります。鶴田宏治版の次郎長三国志です。まさに時代劇のオールスター総登場あ東映の)と言っても過言ではありません。まだやってなければお願いしますm(_ _)m
2014/11/09(日) 01:25:17 | URL | かむい
杉さん、表情といい完璧なんですよね。
そりゃ人気出るわと思います。

『次郎長三国志』ですかあ。
ちょっと隠れた作品過ぎるかな。
十年以内にやるのは難しいかも。
昭和30年代のテレビ版元祖の方なら、十年以内にやる可能性は高いんですけどね。
もしそちらのスレが出来たら、そちらに書いて戴ければと思います。
同じ作品ですし、スレ違いでもないでしょう。

なんでいつも十年が単位なのかというと、作者がいい加減魔なので余裕を持たせているのです。
一般感覚では持たせすぎでしょうけどね(笑)。
2014/11/09(日) 10:30:58 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ