私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



さすらいの太陽 (1971)

該当番組画像募集


「もしもあなたが、生まれた時によその子供と取り換えられたら?
 これは、豪華な屋敷の子供として生まれながら貧しい家庭に育てられ、
 運命と闘いながら力強く歌手を目指して立ち上がっていく、一人の少女の物語です」


最初の5回分のみに使われたという、矢島正明による冒頭の語り。
この後、例のブラス音から始まる、いずみたく作曲の主題歌が流れるのですね。
歌に合わせて歌詞が一部ずつ表示されていく形式の最初だったかと思います。
元々は、小学館が新たに出した少女漫画週刊誌「少女コミック」に連載された漫画で、
わずか半年ほどの掲載でテレビ化が実現しております。
と言って、最初からテレビ化ありきの作品でもなかったのでした。

先行のフレンド、マーガレットに追いつきたかった少女コミック側が、
きちんとした筋を書ける原作者として、旧知の藤川桂介を起用。
その後、力を持たせるのはテレビの力が必要となって、
小学館の威光でテレビ化が実現したものでしょう。
勿論、原作の方の人気は、かなり高いものが有りました。

藤川桂介は、『東京0時刻』の頃からの、即ち生ドラマ時代からのテレビ脚本家。
そんな彼の力が、まだ独自の構成力の弱かった少女漫画界、そして
テレビ漫画界で必要とされていく、その端緒となった作品でもあります。
この頃は、まだ骨太のドラマを書ける人材が、少女漫画、テレビ漫画界にはいなかった。
この番組では、実は藤川の原作はすぐにいい加減に扱われていったようですが(笑)、
これでテレビ漫画との繋がりが出来た彼が、少し後に、正にテレビ漫画にドラマを求めた
西崎義展によって見出され、『宇宙戦艦ヤマト』に関わる事となるのですね。

内容は、とにかく当時のテレビ漫画としては頗る重厚。
ま、所詮は漫画と言いますか、随分とご都合主義的な展開も多いですけど、
そういうものってハマると、とことんハマっちゃうんですよね。
自らの不遇な運命を呪う看護婦の野村道子が、新生児の二人を入れ替えてしまう。
富豪と、ごく平凡、ややもすると平均よりは下級な生活の家の二人を。
そして道子は、その後もこの二人の子の生い立ちを観察し、
運命を更に綾なすような工作も謀り続ける。

恵まれない家に育った峰のぞみは、それでも明るい快活な子に育ち、歌の道に目覚める。
一方、道子の謀りで同じ学校に通う富豪の子・香田美紀も、
のぞみの鼻を明かすために、同じように歌の道を志すというお話。
言ってみれば、当時まだ流行の余韻が残っていた根性物路線で、
芸能根性物という、漫画界では珍しい話でした。
途中で知り合い、お互いに惹かれ合う青年が実は貰い子に出された兄と判り、
のぞみの数少ない希望が、また打ち砕かれるという展開も。
しかし、のぞみはそもそも峰家の子供ではなかったのですから、
本当の本当は兄妹ではないので恋愛も出来るという、非常に複雑な関係(笑)。

主題歌はOPもEDも素晴らしいもので、テレビ音楽家いずみたくの本領発揮という感じ。
特にED主題歌『心のうた』は、とても静かに心に入ってくる佳曲で、
歌った堀江美都子にも、当時見ていた人たちにも、多くの想いを残したようです。
本編中では、のぞみ役の藤山ジュンコがもちろん歌っているのですが、
藤山は歌手として本格お目見えの準備期間だったようで、
結局お目見え曲も、この番組中で歌っていた歌となっております。
提供は、通しでハウス食品が関わっており、番組への意向も割と強く出していたようです。
あとは回によって、カネボウハリスや金鳥など数社が乗っていたようです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
芸能人、実名登場
思い出多いアニメです。
EDテーマ曲は本当にいい歌でしたね。
 たぶん半年くらいで終わったと思うんですが、最後無理やりハッピーエンドって感じで、いじめた方もいじめられた方もみんないっしょに金持ちの香田家でパーテイー。よかったねチャンチャンて感じでした。
 このアニメのすごいところは、出てくる歌手が実名なんですよね。これって「タイガーマスク」にBI砲が、「巨人の星」にONが実名で出てたのと同じですよね。昭和の時代ってほんと大らかでよかったですね。
 戻って、この番組では、森進一さんといしだあゆみさんが出てくるんですが、ちょうどこのころ、このお二人、怪しいんじゃないかと週刊誌なんかで騒がれてたんですが、もろそのノリででてくるんですから、今思うととんでもないアニメでしたね。
2014/11/10(月) 22:57:41 | URL | みのモンタナ
ハリスチューイングボン
♪夏が来るのに恋人いない〜
 お嫁に行くってとんでもなぁい〜 (ハ、ハァ)
 食べずに死ぬのは〜 もったいないわ〜
 ハリ〜スチューインボ〜ン
 思い思いの私〜のボン〜

 実はフルバージョンの歌詞が二番か三番まであることを、当時買った主題歌&コマソンの本で知りましたが、番組の時に流れていたのは主にこのバージョンでした。好きなCMだったので、早速買って食べました。
 これはもう大大大好きなテレビまんがだったので、実は数年前にDVDを買ってしまいました。まだ見ていませんが (^^;;
 老後の楽しみでもあり、DVDは棺桶に入れてもらおうと思っています。
 もともとの原作(というか原案?)は吉屋信子『あの道この道』ですね。吉屋信子は、祖母が何冊か愛読していました。栃木県ゆかりの人で、祖母より十歳ぐらい年長でした。この番組を見て祖母か母が「これはあの道この道だね」と言ったので、祖母に文庫本を借りて読みましたが、難しくてわかりませんでした。
 ごいんきょさんも「OPも」と書かれている通り、「心のうた」は言うにおよばず、OPも歌詞と曲がピッタリの名曲で、私は今歌っても泣きそうになります。いや、泣きます。
2014/11/11(火) 02:48:56 | URL | あぶもんもん
● みのモンタナさん
あれ? 実名で出てましたっけ?
一緒に旅するドサ周り歌手の中に、絶対水原弘だろ、これ、って人はいましたけど(笑)。
ワタクシは単純なハッピーエンドとは思えなかったです。
結局、野村道子には救いが無いですしね。
女の子二人に関しても、表面上はああするしか無いでしょうけど、
その後の生活を考えると色々複雑だろうなとか。
どうせ作り事なんですけど(笑)。
ただ、少し前に、実際に入れ違いされて、もう一人がお金持ちの家だったという人が訴訟を起こしてましたね。
こんな事がかつでのずさんな管理では、あちこちで起きていたのかと思うとそら恐ろしくなります。

森さんといしださんが出ていましたか。
うーん、どちらも音楽担当のいずみたくさんとあまり関係無いしなあ。
佐良直美さんとか出てたらいかにもという感じですが。


● あぶさん
BONはもちろん知ってますが、その歌がピンと来ないです。
DVD、ワタクシも買いましたよ(笑)。
この系列は、原口正宏さんが関わっているので安心できますから、
少しずつ揃えていくようにしてます。
値段もかなり下がりましたからね。
次は『リボンの騎士』を買いたいですが。
絶対に見返した方が良いですよ。
いま見てもなかなか面白く、続きが見たくなります(笑)。

『あの道この道』が入れ替わり物の最初なんですかね、世界的にも。
だとすると、かなりの目の付け所だったかと。
本来は「原案」表記くらい入れるべきだったのでしょうがねえ。
当時はそこまで五月蠅く考えなかったのでしょうが。

いずみたくさんのテレビ音楽は、ほとんど外れが無い素晴らしいものばかりで、
ワタクシはかなり凄い事だと思ってますけどね。
『宇宙少年ソラン』とか、演奏も隅々まで息づいてますし。
このOP主題歌も、詞曲とも番組世界の導入にとても相応しいものでした。
2014/11/11(火) 06:53:14 | URL | ごいんきょ
歌詞、訂正です。
 頭で思い出しただけで書いてしまいました。二行目の(ハ、ハァ)の前に
♪あなたの過去など知りたくなぁい〜
が入ります。歌ってみたらすぐ間違いに気づきました。実は「食べずに死ぬのは」の部分は当時聞き取れず、本を見て初めて知ったのでした。

 DVD,必ず見返そうと思っていますが、この年齢だと気合いを入れてみるのがきつくて (^^) ごいんきょさんの言われる通り、続きが見たくてワクワクしている自分が想像できます。一気に全話見るのは無理なので、時間ができたら週に一話のペースで見ようかと。(^^;;
 リボンの騎士、出ていたとは知りませんでした。曼荼羅家に行ってみます。
 世界的にはわかりません。新生児が故意か偶然で入れ替わる話は昔からありそうですね。赤ちゃん入れ替えテーマで書かれた、時代的に一番近い先輩が『あの道この道』だったというだけなので、原案表記もいらないんじゃないでしょうか。『あの道この道』には第三者『野村道子』も、その動機も無かったように思います。
 野村道子、たしかに最終回の後も社会的には救われませんが、白状して楽になっただろうなと、当時しみじみ感じて見ていました。それまでは憎かっただけでしたが。
 いずみたくという人は本当にどれも心にビビビッとくる曲をたくさん作ってくれたと思います。音楽と情景と感情が一体となってます。いまだに夕日を見ると「ちゃちゃちゃちゃ〜ちゃ〜ちゃ〜ちゃ〜」(太陽がくれた季節)が鳴りだしますし、早起きすると「ル〜ル〜ルルル〜」、晴れの日は「ぼ〜くらはみんな」、どんよりした日は「な〜ぐ〜さめ〜も〜」と、一年中、脳内BGMに事欠きません。

 今のオタクっぽく言うと、「峰のぞみは俺の嫁」でした。絵もずいぶん描こうと試みましたが、いつもちっとも似てないのでした。
2014/11/11(火) 14:01:52 | URL | あぶもんもん
連投すみません
 チューイングボンのCM、水着姿の二人(三人?)の女性が海ではしゃいでる映像で、カメラワークが目まぐるしかったような気がします。
 その後、『ザ・ベストテン』でサザンを初めて見た時、あ、チューイングボンに似てると思いました。
2014/11/11(火) 14:12:35 | URL | あぶもんもん
いしだあゆみ
いしだあゆみは、最初はいずみたく門下でした。マネジメントもいずみたくの事務所がやっていました。
七人の孫をやっていた頃にビクターレコードからデビューして、しばらくはいずみたく作品を多く歌っていました。
ただいしだあゆみが歌手として大成したのは、いずみたく事務所から離れてコがロムビアレコードに移籍してからですね。
2014/11/11(火) 20:02:07 | URL | 鳥飼
『リボンの騎士』だけでなく、虫プロの作品は大体この系列で商品化されていて、
とにかく資料価値が半端でないので、価格さえ下がってきたら
ワタクシなどは買うしか無くなるのです(苦笑)。
既にアトム、W3、悟空、大帝、どろろは揃えました。
とても良いお客さんだと思いますねえ(苦笑)。
本当には国松さまも猛烈に欲しいのですが、
あれはまだ価格が安くなっていないので、とても無理です。

BONは名前と雰囲気だけしか思い出せないですね。
サイケな感じ。


● 鳥飼さん
そうでした。
あゆみさんは、最初は秋満義孝さんについてジャズを学び、
それから、いずみたくさんの所に行って本格的に芸能界入りしたんですよね。
まだ日本ではジャズ・シンガーなんて存在できなかったでしょうが、
30代からなら結構イケたと思うのですがねえ。
2014/11/11(火) 23:29:19 | URL | ごいんきょ
あらー、あぶもんもんさんの嫁だったの
おいらも勝手にのぞみちゃんを恋人にしていましたが。漫画ではファニーがカミソリで傷ついた手から破傷風菌が入って亡くなってしまいますが、アニメでは二人が結ばれてハッピーエンドということになっています。
アニメでは〇だのりひ〇さんも出演していましたね。
2014/11/16(日) 17:36:58 | URL | いくちゃん
みんなの嫁でいいと思うんですよね、心の中の(笑)。
うーん、これも安易に主人公に近い人間を殺す少女漫画路線でしたか。

はしだのりひこさん出てます?
それっぽい人ですか、水原弘さんっぽい感じの人みたいな(笑)。
2014/11/17(月) 22:55:12 | URL | ごいんきょ
再放送開始!
来月から歌謡ポップスチャンネルで『さすらいの太陽』の放映が始まります。
今月は既に特番が放映されました。(同じ内容の特番を何度か放送するようです)
2015/03/05(木) 00:13:34 | URL | esme
今、
第一回を観終えました。
子供の頃観ていながらストーリーは殆ど憶えていなかったのですが、どうやら『おしん』等のようにイライラさせられるようなものでもなさそうですね。
全話録画するつもりです。
2015/04/07(火) 23:35:47 | URL | esme
へえ。
意外な所が発掘するなあ(笑)。
2015/05/07(木) 07:07:48 | URL | ごいんきょ
CSで初めて拝見しましたが、登場人物の臭い芝居は今見ても味わい深かったです。

DVDは出てるのでしょうか?
2016/09/17(土) 09:54:04 | URL | すーぱーぺるる
出てますよ。値段はそれなりにしますが(笑)。
2016/09/18(日) 08:45:10 | URL | ごいんきょ
≻出てますよ。値段はそれなりにしますが(笑)。

廉価版を購入しようと思います。
2016/09/18(日) 09:37:22 | URL | すーぱーぺるる
大阪電通
 ハリスチューイングボンのコマソンについてです。
 久しぶりに昭和49年出版の「CMソング集」(成美堂)という本を見ていて記憶が甦ったんですが、作者名が「大阪電通」と書いてありました。当時は会社の名前だとは知らず、変わったペンネームだと思っていました。中村八大とか小林亜星という名前もあるので不思議に思いませんでした。
 電通とは別の系列会社のことだったんでしょうか。あるいは電通の大阪支社だとしたら、内部にセクト主義めいた功名争いがあったとか? なんで「大阪」と冠したのかよくわかりません。
2017/01/13(金) 02:17:12 | URL | あぶもんもん
此れ、スカパーで放送された。
2017/01/13(金) 23:49:58 | URL | (ハンドル未記入)
モデルは藤圭子です。
2017/01/14(土) 23:42:36 | URL | (ハンドル未記入)
藤圭子さんをモデルにした事は藤川さんも書かれているのですが、
番組の中のテレビの中で、藤圭子さんが実名で歌を歌う場面も有ります。
あれって、本人側の許可を得てたんでしょうかね。



● あぶさん
大阪電気通信大学の事かもしれませんね(笑)。
2017/01/15(日) 14:20:47 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ