私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

怪物くん (1968)

怪物くん



ポパイに始まるTBS日曜夜7時半からの不二家タイム。
その前の時間帯タケダアワーからの強力二階建ては、
オバケのQ太郎からの藤子不二雄路線で、より強固なモノとなりました。
パーマンに続く本作は、少年画報や少年キングに掲載されたギャグ漫画です。
タケダアワーが「タケダ タケダ タケダー」で始まった様に、
この不二家タイムのOPは不二家のマークで始まりました。
アニメ・フランダースの犬のイントロに近い鐘のようなファンファーレをバックに
あのマークの風車の部分がクルクル回る映像でスタート。
そのままこの怪物くんのOPが、チャッチャチャッ!と始まるわけです。
OPの最後ではペコちゃんが登場。
不二家製品に埋もれながら怪物くんと一緒に挨拶をします(笑)。

白石冬美の声、個人的にはあまり好きではなかったかな。
もっと少年っぽい声で見たかった気がする。ちょっと声がカワイすぎた。
でも三匹の声はバッチリはまってました。
主題歌作曲は歌謡曲で後に超ビッグネームとなる筒見京平。
藤子(我孫子)による歌詞が先だったのか、ちょっとバランス悪い気もします。
まあ、歌っちゃうんだけどね(笑)。

やっぱね、この番組はなんと言っても淀長さんですよ。
途中まで、それほど面白くはなかったですから。
ところが後期に入ると、番組の途中でNETの洋画劇場解説をやっていた
淀川長治が話の途中で割って入ってきて、それがおもろかったです。
「はい、止めてください」とアニメ画面を止めて、丸囲みの写真で登場する淀長先生(笑)。
怪物や怪物くんの技の解説をして、サヨナラ、サヨナラと消える。
このノリが当時としてはなんともブッ飛んでたんですよね。
つーか今日まで見ても、他局の番組のウリをそのまま本人で持ってくるなんて
ちょっと考えられないと思いますねぇ。

EDでもペコちゃんが登場するのが、この藤子時代の不二家タイム。
ED曲の最後でペコちゃんが登場し、主人公と絡む。
そして、♪ 不二家、不二家、でーはまた来週~
と一緒に歌って終わるのでありました。
しかし、この枠での不二家・藤子のフジフジ路線はこの怪物くんまで。
藤子次作のウメ星デンカは火曜夕方6時に移り、不二家は
二面作戦を敷く事になります。当時の担当コメントによれば、
ペコちゃん以外の商品展開もかねがね考えていたが
オバQがとにかく当たりすぎてしまったのだと。
フジフジ路線で惹きつけた子供層は経費の安い夕方で引き受け、
この枠はより広い層へのウケを狙い、当時ブームの渦中だった
ピンキーとキラーズの青空に飛び出せ!となりました。

こうした展開の背景には、スポンサーサイドの意識変革があります。
アトム以来、アニメ提供を引っ張ってきた製菓会社。
しかし、番組は高視聴率を稼ぐモノの、実際にお菓子の購買を左右するのは
その子達の母親である事に、このころ彼らは気付いたのでした。
そうして製菓会社の子供番組一社提供は徐々に姿を減らし、
番組コストの高騰や当時しのび寄っていた不況もあって、
子供番組と言えども寄り合い提供の時代となっていくのです。
かろうじて残ったこの不二家タイム始め、一社提供スポンサー達は
購買力のある若者や母親を直接のターゲットにしだした、そんな時期です。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
家族団欒
ポパイ、オバQ、パーマン、そして怪物くん、と長きに亘り、我が家では日曜のこの時間には家族でテレビを囲んで夕食を食べていたのだなぁと、ごいんきょさんの記事を読んで再確認しました。(家に居るときは、野球中継が一番の父も、この時間帯は別でした。)

ポパイの頃の不二家は高嶺のお店のイメージがありましたが、いつの間にか銀座以外にも色々な駅前にお店ができたような・・

怪物くんの頃はテレビがついているから観ている状態でしたが、テーマソングをちゃんと歌えるのは怪物くんなのが不思議です。
>歌詞が先だったのか、ちょっとバランス悪い気もします。
なるほど、そうなのですね。ちょっとメロディーが唐突(?)な感じが一部していて、違和感があったのですが、歌い慣れるとその不安定さ(?)が面白かったりしました。
2006/12/12(火) 13:10:19 | URL | モデラート
筒見京平に国民栄誉賞を
作曲家というのはなぜかその功績を称えられることが少ない。
阿久悠氏を称える番組は何度もありましたが、
70・80年代歌謡を支えた筒見京平氏を称えたテレビ番組を、
ワタクシは寡聞にして知りません。
彼が国民的アニメとなったサザエさんの作曲者でもあるというのは、
歴史の意図した必然であろうと思っているワタクシです。
が、この曲は、まだ堅さがあるというか、こなれてないですね。でも、
>なるほど、そうなのですね。
なんて、そのまま納得しないでください(苦笑)。
あのメロディーの流れの悪さから、
おそらく歌詞が先だったんだろうなと推測しただけです(苦笑)。
でも、きっとそうなんだろうと思いますけど。

オバQやパーマンの歌は歌えませんか。
特にオバQについては、オバQ音頭がオープニングに使われていたか?とか、
エンディングにはどんな歌が使われていたか?など謎が多いので、
当時の記憶を持っている人をお待ちしておりますが。

青空に飛び出せからはヤング向けになって、
しばらくしてまた子供向け路線に戻ったりしたんですね。
サインはVやアテンションプリーズはご覧じゃなかったですか。
2006/12/13(水) 00:25:53 | URL | ごいんきょ
家族団欒はまだまだ続いていた?
♪キュッ キュッ キューッ
 オバケのキュ ぼーくーはオバケ のQたーろー
 あたまーのてっぺんに 毛がさん ぼん 毛がさんぼん

ですね。石川進さんキュピーさんが歌ってましたよね。
オープニングに流れていたと思います。オバQ音頭は後に作られたのではなかったでしょうか。オバQ音頭が出来てからは、エンディングでQちゃんたちが踊っていたような・・

♪パピプペ パピプペ パピプペ  パーマン くーものうえ

パーマンはここしか歌えないですね。
後年の
♪パーマンパー マンパー マン
という乗りの良い曲と全く違って、のーんびりした歌でしたね。

♪恋人はー ここにーはいないかも しれないでも わたしはー飛ぶー
 わたしはー飛ぶー わたしはー飛 ぶー 飛ぶーのー

「アテンションプリーズ」も毎週観てました。勿論「サインはV」も。
父が「紀比呂子が可愛い!」と毎回言ってました。
この時間の団欒が延々続いていたことをごいんきょさんのコメントを読んで再々確認しました。。
2006/12/13(水) 14:23:26 | URL | モデラート
モデラートさんの歌というのもなかなか貴重かと(笑)。

キューピーちゃんは怪物くん第2エンディングの怪物音頭も歌いました。
あと、パーマンの歌でも、おーいパーマン、どこ行くの」
って合いの手を入れてましたし、ウメ星デンカではまた主題歌を歌いましたから、
白黒藤子アニメでは、全作品で何か歌ってましたね。

オバQ音頭は後から作られてエンディングで使われたんでしょうね。
で、翌年の夏にオープニングで使われたのではないかと思います。
これは完全に推測なんですけど。

パーマンの歌は新旧とも、声優の三輪勝恵さんが歌っているんですよね。

サインはVは一世を風靡しましたし、アテンションプリーズから
ボーリングの美しきチャレンジャーあたりまでが、
この不二家枠の全盛期だったですね。
シャボン玉-てなもんや-タケダ-不二家ラインこそ昭和の日曜でありました。
2006/12/13(水) 20:56:04 | URL | ごいんきょ
まだ言葉がしっかり話せない頃?
私の両親に、私が怪物くんを観ていた頃の話を聞くと、なんでも私は怪物くんの主題歌を“おでは~たいぶつつんだ~(本当は“おれは~かいぶつくんだ~”)”と歌っていたそうで、それをおもうと、時代がいつだったのか想像できますね。(かなりふるい!!)でもこれもムーミン同様リメイクされましたね。リメイク版は観てないが・・・しっかし、最近はあきれるくらいリメイクが多い。おおすぎる!新しいネタがそれほどないんかい!と言いたい程。まあ、逆に言えばそれ程昔の作品が優れていたということなのかもしれないが・・・           あっ!そうそうこんな昔のアニメの提供をよ~く憶えてましたね。私なんか、ドラキュラ~!はいざます~。狼おとこ~!うお~でがんす!フランケン~!フンガ~・フンガ~。を夢中で観ていただけなので、そのへんの詳細については、まったくわかりませ~ん。ごめんなさい。
2007/05/22(火) 12:39:14 | URL | ゾロ
ワタクシもリメイクのは見てないです。
最後の♪不二家、不二家は忘れてましたけど、
オープニングの不二家タイトルはずっと有ったんで、よく覚えてます。
三匹の部分も印象強いですが、やはり淀川さんが秀逸でした。
2007/05/23(水) 06:04:34 | URL | ごいんきょ
クイズ
番組の後、クイズを出してましたね。今でも覚えているのは「これから登場する怪物くんのガールフレンドの名前は?」
私はこの漫画が好きで原作も読み込んでいたので、毎回せっせと葉書を出していたんですが、一度も当りませんでした。
ちなみに上の問題の正解として次の週に発表されたのは「怪子ちゃん」。私はちゃんと本名の「怪子姫」を書いて送ったんですが・・・。
2008/05/10(土) 00:44:21 | URL | あぶもんもん
うーん、なんか有ったような気がする。
どんな画面でしたっけ?
フリップで局アナナレーションって感じですか?

怪子ちゃんでも怪子姫でも正解じゃないかなあ。
2008/05/10(土) 07:11:05 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。