私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



夜明けの刑事 (1974)

該当番組画像募集


コント55号の時は、どうしても萩本欽一の引き立て役という位置だった坂上二郎。
その萩本は『スター誕生!』の司会等で新境地を拓き、
一人での活躍も増えていたのにやや遅れてではありますが、
ついに一人でその名を売った、最初の番組となりましょうか。
題名の通り刑事ものですが、『太陽にほえろ!』から流行した動き主体のものではなく、
かと言って、やはり流行していた『コロンボ』のような謎解き主体でもなく、
地道な聞き込みや取り調べの過程での人間劇というものでした。

で、主役が坂上二郎ですからね。鬼刑事とはならない。
あの風貌ですから、見たままの人情派刑事でありました。
取り調べの時、犯人を説得する時、懇々とお涙頂戴調の台詞を言ってましたねえ。
その辺がワタクシの嗜好にはハマらず、当時はあまり見てませんでした。
しかし周りには結構見ていた奴がおりましたし、人気は高かったと思います。
放送期間もそれなりに有りますし、続編『明日の刑事』なんてのも有りました。
でもワタクシは、『ぴったしカンカン』の二郎さんが好きだったけど。

後輩刑事に石橋正次がいて、これまた見かけ通りの血気盛んな設定(笑)。
最後に流れる主題歌も、最初は彼の歌でありました。
やはり愛嬌ある存在として、鈴木ヒロミツ。
二曲目、三曲目の主題歌、『明日の刑事』の主題歌一曲目は彼の歌でした。
モップス以来、それほど音楽方面では注目されなかった彼に、
ドラマ主題歌という機会を与え続けたこの番組の制作者も、人情派なのでしょうか。

上役が石立鉄男で、珍しくと言うか、強持ての刑事役で、
どこまでも厳しい腕利きという感じの役回り。
彼が真面目な役をやっている事で、この番組は大映テレビではあっても、
柔らかい方の大映テレビじゃないのだと視聴者は体感できたわけです(笑)。
石橋正次は半年くらいで降板して、後釜に水谷豊が入りました。
この水谷も、やはり半年かそこらで降板。
若手の入れ替わりが非常に激しい署でした(笑)。

動きが主体ではないと書きましたけど、やはり捕り物の時はそれなりに有ります。
坂上の鈴木刑事は、柔道でもやっていた設定か、プロレス技のような立ち回りを見せました。
けれども持ち味は捜査の粘りで、そこから「スッポンの鈴木」と呼ばれてました。
提供は5社の相乗りで、大正製薬、ソニー、平和堂貿易、不二家、サンウエーブ。
平和堂貿易は、ラドーの酒田時計貿易と共に、クイズ番組の賞品提供でよく見ましたが、
普通にドラマ番組の提供もしていたんですね。
不二家が日曜夜7時半枠を切り、一般ドラマの提供に舵を切った時期ですね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
学校の先生
二郎さん、ヒロミツさん、石橋さん、黒木さん、そして石立さん、それぞれに刑事としていい味出してました。「太陽にほえろ!」も好きでしたが、これも見てました。
 一番印象に残ってる話は、二郎さんが、恩師を含め同級生たちとクラス会で会う場面がオープニングとなる回です。二郎さんが、「おい、鈴木、久しぶりに歌ってくれよ」みたいなみんなのリクエストに応えて、歌を歌うんですが、それがちょうどその頃、二郎さんが出したレコード「学校の先生」なんですね。♪小さな町の中学校に 初めて行ったのは春だった♪ てな歌なんですが、オリコンで10位内に入り、プチヒットしたんですが、覚えていますか、ごいんきょさん。で、その歌、長い語りが何箇所か入る、全体としても長めの歌なんですが、それをフルコーラスやるわ、クラス会の宴会風景もやるわで、タイトル出るまでのオープニングに20分くらいかかったんですよ。「おいおい、本編大丈夫か?」って思いましたね。
2014/11/17(月) 22:37:07 | URL | みのモンタナ
その回は見てませんが、やはり人情番組だったんだなあ。
私的繋がり丸出しで、二郎さんを思いきり売り出したんですね。
その甲斐が有ったのかどうか、歌も売れまして、
二郎さん念願の紅白出場も夢ではなかったのですがねえ。
何故か落選して、それで萩本さんが紅白に敵意を剥き出しにするんですよね。
2014/11/17(月) 23:13:53 | URL | ごいんきょ
♪よあけ~の~、けぇ~いじ~
このドラマも(年齢的に)再放送で
よく見ましたが、一つだけ確実に
覚えているシーンがあります。

それは聞き込みのシーンで
外国人のボーカルでバックに
「♪よあけ~の~、けぇ~いじ~」
と繰り返す歌が流れていました。

エンディングロールでは
「YOAKE NO KEIJI
歌:ポール・ロジャース」
と書かれていました。

まさか、後年になってフレディ氏の
後釜でクイーンに入ってしまうとは
思いもよりませんでしたが…
2014/11/19(水) 21:43:47 | URL | yig
ですよね。
ワタクシも、それっが主題歌だとばかり思ってました。
一番主題歌っぽいのに、レコード化はされてないようで残念です。
2014/11/20(木) 07:19:55 | URL | ごいんきょ
新参者からご挨拶
拝啓 視ておりましたね。当時高校生でしたが、この番組は何かと話題でした。これはどうも「劇中歌 よあけのけいじ バッドカンパニーのポールロジャース」と言うのが、一部のバンド仲間連中には驚きの話題でした。記憶ではこの当時の新聞記事にこんな内容の記事がありまして(探せば見つかるかなぁ)何か別件で来日したロジャースが、たまたま日本の刑事ドラマを見て、もっと格好良い刑事かと思ったら坂上二郎がずっこけていた?とか何かのシーンを見て不思議そうだったと。ここでおそらく旧大映テレビとの何らかのジョイントにより「当時のティチクのレコーディングスタジオにこもり、16チャンネルのマルチトラックレコーダーを使ってたった一人で、ギター、ベース、ハーモニカ、そしてヴォーカルを重ねてレコーディングした」と。当時こんな事は前例が無く、皆後で驚いたといいます。このドラマのメインの音楽は「星勝氏」ですが、何かマッチング以上にマッチングしているこの「よあけのけいじ」は不思議な魅力のBGMでした。なお当時単体のレコード化などは無かったと記憶しており、当時自分はテレビ音声を録音し、この曲を編集し、台詞がかぶらない様に編集し直し聴いていました。敬具
2017/03/15(水) 13:26:22 | URL | よしたかくん
流石その道の専門家。
編集してまで愛聴用にしていたとは。
2017/03/22(水) 06:20:40 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ