私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



青春の門 (1976)

該当番組画像募集


前稿『フランダースの犬』でたまたま書いたのだけれども、
ワタクシが最も物語を読んだのは、せいぜいが小学校低学年まで。
以後は漫画か、文字だと実録ものを主として読むようになるのですが、
中学くらいまでは文字の物語もたまには読んでいたのでした。
と言ってもその時分は、大体がエロ目的だったような気もしますが。
おっと。今回の執筆は江口以蔵が担当しております(笑)。
そんなワタクシがしばしば愛読した本に、五木寛之の『青春の門』もございましたね。

そもそも、その時分というものは、何もかもがエロに関連してしまう。
「青春」という言葉すら、「青い季節」みたいな題の妖しい洋画が
12チャンネルでよく禍々しい惹句とともにテレビ欄に載っていたり、
売春なんて事件にも耳を研ぎ澄ませるようになっていたりしたので、
「青い春」なんていうと、たまらなく妄想を掻き立てられたものです。
なんと馬鹿馬鹿しくも無駄な時だったのか(苦笑)。
青春という言葉からそんな連想をしていたなんて、野々村健介先生に叱られそうだ(苦笑)。

そんな時分、図書館で「青春の門」という題を見た時、そそられるものが有ったのですよ。
そして読んでみて、やはり俺の目に狂いは無かった!と感嘆しました。
尤も、それもいつもというわけでもなく、「サセックスのフランケンシュタイン」という題で、
絶対にエロとは関係無いよなと思いながらも、「サセ+セックス」という
非常に意味ありげな言葉が、意味が判らないだけに妖しく響き、
取り敢えずザッと斜め読みだけはしてみたりもしました。
サセックスとは、ただの地名でした。そんな蹉跌も経験してはいたのです。

しかし『青春の門』については大当たりで、以後しばらく愛読書となりましたし、
映画化された際には、都度、情報を掻き集めるようにしてました。
ま。ただ単に吉永小百合や松坂慶子、杉田かおるらのエロ描写がどの程度か、
グラビアを見たり、後にはレンタルビデオで見たりしただけなのですが。
そして勿論、初のテレビ化された本作も、第一回から見ました。
ここでは、筑豊編でエロを担う重大な二人、伊吹タエと牧織江の配役が重要です。
それらはそれぞれ、小川真由美と秋吉久美子が担当。
もう、これ以上無いくらいに期待が大きく膨らむ訳ですよ。
二人とも必然性が有れば脱ぎますよ女優ですからね。

筑豊編の最初の方では、まだ主人公の伊吹信介も織江も幼少時代なのですが、
そこでもちょっと刺激的なお医者さんごっこの場面が有ります。
しかし、それはさすがにテレビでは出来ないと解っていたので、
どの程度まで描写するかという興味で見ました。
たしか洞窟の中で男の子と女の子がそれらしいやり取りをしますが、
顔しか映してなかったと思いますね。当たり前ですが。
そして、この温さだと成長してからもあまり期待できないなと、
この江口以蔵の目が喝破しました。そして、その目は確かでした。
だから、あまりノメリ込んでは見ておりませんでした。
大体、小川真由美は意外と堅くて、なかなか備蓄は放出しないのです。
ワタクシ、こんな文章を書いていて良いのだろうか(苦笑)。

主題曲がカザルスによる鳥の歌だった事は、あちこちで触れられております。
さてお立ち会い。
「鳥の歌」と言えば、クラッシック方面の方にとってはパブロ・カザルス。
そして昭和歌謡ファンにとっては、池中玄太の杉田かおる。
表記は『鳥の詩』ですが、読みは「とりのうた」。
おっと。先にも書いたように、杉田かおるは映画版『青春の門』で、
他ならぬ牧織江役を体当たりで演じた女優ではないか。
テレビ版と映画版での、奇妙で繋がりの無い『鳥の歌』符合。
悪戯な神は、またしてもこんな所に遊び心を配していたのでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ