私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



飛べ!孫悟空 (1977)

該当番組画像募集


♪ スーパーモンキー 孫悟空ぅ スーパーモンキー 孫悟空ぅ

♪ 透明人間 現る現る 透明人間 現る現る


似てるんだよなあ(笑)。
当時、周りもみんな言ってましたからねえ。
『飛べ!孫悟空』の歌は「透明人間」と同じなんだもんと(笑)。
しかも、レコードではA面B面に配されているという開き直りぶり。
正に兄弟と言うか、双子のような歌でありました。
だから、この番組の主題歌『スーパーモンキー孫悟空』は、
子供番組主題歌としては初のオリコン1位曲という事なんですよね。
まあこんな解説するの、ワタクシくらいでしょうけど(笑)。

内容としては、題名通りに孫悟空が活躍するもので、つまりは西遊記。
それをパペットというべき人形たちが演じていたわけですけど、
その声を担当したのが、ザ・ドリフターズというのが子供に受けた訳です。
加えて、人気絶頂だったピンク・レディーが、主題歌のみならず
番組中にもしばしば登場し、劇に相応しい替え歌のようなものを歌ったり。
この二大巨頭組合せにより、子供番組としての成功はほぼ約束されました。

ドリフで西遊記と来れば、もちろん猪八戒は高木ブー(笑)。
沙悟浄が仲本で、悟空はいかりや… でも良かったのでしょうけどね。
悟空がもしゴリラならそれしか無かったのでしょうけど(笑)、
一応主役と言う事で、既に一番人気となっていた志村が。
いかりやは親玉という事で三蔵法師となり、問題は加藤の役が無い。
で、加藤茶はそのまま謎のカトーとなり、ハゲヅラ腹巻きステテコという、
全員集合の方でお馴染みの役柄そのままの人形が登場しました。

演じるのは人形だけど、声はそのままドリフ。
だから人形劇での西遊記とは言え、内容はドタバタの要素が強く、
子供受けのするものとなっておりました。
毎回特別出演者もおりますが、彼らも顔を模した人形が登場するという凝り方。
志村とピンクがノッている頃だけに、番組も非常にノッていたと思います。
劇中歌も耳に残りますね。

♪ ニンニキニキニキ ニンニキニキニキ ニニンガサンゾウ
  ニンニキニキニキ ニンニキニキニキ ニシンガゴクウ

そもそも、このニンというのは、伊東四朗が『みごろ!たべごろ!笑いごろ!!』で
宮城道雄の「春の海」を口で奏でて ♪ ニン ニキニキニキニン
とか言っていたのが最初なんだろうと思うのですけど。
で、そちらの構成作家であった田村隆がこちらの脚本をやっているので、
その辺からニンニキの歌が生まれたのでしょう。
この番組の後番組は、同じくヤンマー提供の『ザ・チャンス』でしたが、
その司会もこの番組から横滑りでピンク・レディーが担当してました。

『ザ・チャンス』後期になると、司会は件の伊東四朗に交代。
伊東は『ザ・チャンス』でも「ニン」を多用し、目録授与の時なども
♪ ニーンニーニニーンニーン ニキニキニンニンニーン と
ヘンデルのオラトリオ《マカベウスのユダ》第3幕 『見よ、勇者は帰る』を歌唱。
『ザ・チャンス』の稿で、ニンニキ歌は『飛べ!孫悟空』が元祖みたいに書きましたけど、
更に元祖が有った事を忘れていたので、今回また書いてみました。
ニンニキ元祖はやはり伊東四朗でした(笑)。

で、なぜ田村隆がこちらの脚本も担当していたかと言いますと、
彼はジャズ喫茶時代からドリフの本書きをやっており、
『全員集合』も最初から最後まで構成を担当していたという繋がりだったのでした。
伊東四朗、田村隆、ドリフ、渡辺プロ、居作昌果、ピンク・レディーという
実に絡み合った流れと枠と人脈が、二局に跨がるニンニキ歌の背景に有ったのです。
そしてその流れをかなり飛び越えて継承したのが、『忍者ハットリくん』ですね(笑)。
多分、伊東四朗の「ニン」が無ければ、ハットリくんは喋らないままだったかも。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ついに出ました!
おそらく40代の人間ならばまず知らない人はいないと思います!なんといっても当時の火曜日は他に強力なものは無かったはずですし、ましてや第2時黄金期を迎えたドリフターズに絶頂期のピンクレディーと来たら、もう当時最強の組み合わせでしょう!最近オンデマンドで視聴が可能になったので改めて見た人も多いはずです。これ、オリジナルが多いはずですが、中には、原作を元にした話もあります(金角・銀角や牛魔王・女人国etc..)ドリフターズのキャラクターのハマリぐわいは勿論ですがゲストキャラも見事でしたね。そしてなんといっても、裏テーマソングといっても良いのが「Go!West」最晩年にドリフターズが歌番組に出たときは必ず歌ってましたね(あのNHKでも!)
2014/11/28(金) 02:09:33 | URL | かむい
これ見てたなあ
ついに「飛べ!孫悟空」出ましたね。

いろいろとありますので、とりあえず。

①レギュラーでもう一人(一頭)
馬の声ですわ親治さんがいましたね。
例の甲高い声で「ハハハハハ~」と。

②ゲストの中では
「牛魔王&羅刹女」の唄子・啓助さん
(ある意味大はまり)
「閻魔大王」の伊東四朗さん
「ピッカリ大王」井上順さん&
「ボン大王」仁鶴さん
(何故かは説明不要…かな)
そして最終回の「サブちゃん大王」
北島三郎さん
あたりが印象に残ってますね。

③この番組、ほとんどがマペットなのですが、頭のほうで今日のあらすじ
を小島一慶さんが顔出しで説明してましたね。
また、エンディングではピンクレディーのマスコットのパペットが本人たちと一緒に出てましたね。

④悟空の
「キント、キント、きんと~うん~」
(筋斗雲を呼ぶときの合図、金魚屋風に)
「ア~ミ~マ~」(如意棒で攻撃するときの合図、全員集合の英語の授業でもおなじみ)
はよく真似しました。

⑤本編とともに赤トラのCMソング
「♪かぜにさからう~おれのきもちを~…」も忘れられませんね。
そういえば、閻魔大王役の伊東四朗さんがこの歌の替え歌で
「風に逆らう~俺の気持ちを~
知っているのか~赤い鬼さんよ~」
て歌ってたのを思い出したなあ。
(その他のCMについてはヤン坊マー坊天気予報の記事にてコメント記しております)
2014/11/28(金) 21:43:05 | URL | yig
● かむいさん
いやいや。裏は相当に強力でしたよ。
日テレは『スターアクション』、フジは『サザエさん(再)』、テレ朝は『ハーロック』です。
ワタクシは基本、『スターアクション』を見ていたのですが、
『サザエさん』が始まってからはそちらになり、これが始まってからは
『サザエさん』を基本として、たまにチャンネル合わせるという感じでした。
サザエさんは再放送とは言え、一番視聴率が高かったかと思います。
最も割を食ったのが『ハーロック』でしょうね。
放送中にはテレビでは歌ってなかったはずですが、後年にそんなに歌っていたとは。


● yigさん
すわさんも、予備ドリフって位置のままだったな。
ニュースペーパーで出てきた時には、かなりホッとした気が(笑)。
最終回はサブちゃんですか。ずっと大御所ですな(笑)。
ピンクの人形も有ったんでしたっけ。じゃあ劇中でも出せば良かったのに。
自分達の持ち歌を、劇の状況で替え歌にして歌い踊ってましたね。
赤いトラクターは、ヤンマー番組で何度か書いたので割愛しました。
しかし番組中でもネタにしていたなんて。
2014/11/29(土) 07:12:28 | URL | ごいんきょ
本放送ではなく
 HBCで夕方5時ごろにやっていた再放送で見ていました。
 内容はすっかり忘却のかなたですが、「スーパーモンキー孫悟空」「GO!GO!ウエスト」は覚えてます。
 CM前にピンクレディーが出てきて、公募の子供と歌う(?)ミニコーナーがあったような。
 ♪きんと雲に飛び乗って 空から撮るぞ ズームで撮るぞ 
 途中で子供が「なんとかなるさ」と言った後、
 ♪はたして なんとか なるのかな
 という感じの歌を歌っていました。
 なんで私、本編よりも細かいというかどうでも良いことばかり覚えてるんだろう…(-_-メ)
2014/12/02(火) 22:54:21 | URL | 北国の人
うーん、有ったかも。
いやあ、そういう記憶こそがここでは貴重なんじゃないですか。
ピンクはよく歌い踊っていて、ミュージカルっぽい要素も有りました。
2014/12/03(水) 06:07:16 | URL | ごいんきょ
西遊記ブーム
 なんかあの頃、いくつか西遊記がらみのものがありました。テレビアニメ『スタージンガー』とか、ゴダイゴの『モンキーマジック』とか。
 古典ですから何度もアレンジされるのは当然としても、同じ頃に続いていた気がします。少し遅れてドラゴンボールへつながっていくというのは偶然でしょうか。
2014/12/03(水) 14:15:25 | URL | あぶもんもん
単に柳の下のドジョウ狙いでしょうけど、たしかに続いてました。
ドラゴンボールは、鳥山さんが下敷きに使ったというだけでしょうけど。
2014/12/04(木) 07:10:33 | URL | ごいんきょ
飛べ孫悟空が見たくて・・
小3でした。ドリフが人形になっている、人形の声もドリフがやっている、ピンクレディーが出てる、などなど、見てみたいと思っていました。
2つ下の弟が友達を家に連れてきて、「アーアーナギサカシンドバットーー」と歌っていました。
火曜7時・・ちょうど習い事で見れなかったのですが、とうとう一回、飛べ孫悟空が見たくて習い事を休みました。
学校で聞いていた話題の通りで、見終わったら程なくぴったしカンカンが始まりました。
なんだか、充実した(?)すがすがしい思い出になっています。
赤いトラクターの歌も飛べ孫悟空を思い出します。
2015/08/12(水) 12:06:55 | URL | Kyoko
ま。長い間に一回サボるくらいでしたら、清清しいかも(笑)。

小林旭さんが歌った赤いトラクターは、きちんとレコード化もされました。
最初はメーカー配布非売品だったのですが、
そちらは近日発売の『昭和テレビ大全集レコード版ライト巻之参』、
企業配布非売盤特集に載せております。
宣伝かたがた(笑)。
2015/08/24(月) 03:21:37 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ