私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

十周年記念電子出版 【個人誌】 昭和テレビ欄大全集 刊行のお知らせ (追記あり)

先頃、このFC2ブログが十周年を迎えているんですよね。
記念すべき十周年、警察沙汰で長らく謎だった正体の一端が暴かれるなど、
なかなか盛り上がっていたようですが(笑)、FC2開業から
さほど間を開けずにここに開設しました当ブログも、この度十周年の節目であります。
これ全て、生来の飽きっぽい性向を改めようと不断の努力をしてきたワタクシの熱意、
更には飽く事無き向上心、汲めども尽きぬ才能の源泉等々の賜物で御座います。
この場を借りまして、十年続けてきたワタクシに感謝と労いの言葉を述べたいと思います。

ま、本当は自分に感謝とか労いの気持ちなんか、勿論全然無いのですけど(笑)。
ワタクシの嫌いな言葉の一つが、「自分へのご褒美」なんですよね。
だから先の言葉はご褒美でもなんでもなくて、ただの事実の羅列なのですが。
それはそれとしまして(笑)、ワタクシの本文と同等以上にここの力となっているのが、
皆様から非常に沢山戴けておりますコメントの数々であります事も又、
ごく当然の事実でありますし、客観的な立場からも感謝と労いの言葉を贈らせて戴きます。
本当にありがとうございます。
皆様のおかげで思い出せた事、解けた長年の疑問、どれほど有った事でしょう。

さて、十周年を記念してと言いますか、正直言いますと、
千番組も超えると段々と種切れになってくるというのもございますし、
来年からはもう少し別な形での展開も増やしていこうと思っております。
勿論、ここを閉鎖する事は有りませんし、頻度は落ちても更新は続けて参ります。
詳しい事はまた来年初にでも書こうかと思いますが、取り敢えず今回お知らせしますのは、
十周年記念電子出版としまして、『昭和テレビ欄大全集』刊行につきましてです。
昭和のテレビ欄を書籍に収録するという試みは、過去、数社によって何度か行われています。
ワタクシは今回、個人誌ならではの、テレビ欄完全収録に着手しようと思います。

これこそ、電子出版という形で経費もかからず、出版社の力も必要としない、
こういう世になったからこその企画であります。
もしこういう世にならなければ、企画は思いついても、とても形にできなかったでありましょう。
これを入手する人が増える事により、「テレビ考古学」というものが誕生し、
ひいては昭和時代の、とりわけ情報が非常に少ない40年代以前のテレビ番組研究が活発化し、
ネット上の世代間情報格差が少しでも埋まる一助になればと思います。
また、個人誌電子出版の計画は、この他にも複数が胸中にはございます。
いずれもテレビ考古学活性化に寄与できるものをと考えております。

取り敢えず第一弾としまして、『昭和テレビ欄大全集 巻之壱 「創世-昭和28年」』の、
年内刊行(予定)を告知させて戴きます。
発売開始しましたら、上部中央の連絡板にてご案内させて戴きます。


(追記)


はい。
例によりまして、(予定)は実現不能の意味でした(苦笑)。
既に番組表は全て貼り終えておりますが、そこはワタクシなので、
非常に簡単にでも解説のようなものも入れておこうという事で、
2015年1~3月までの発行と訂正させて戴きます。
なんとか1月中にと思っておりますが、
最悪でも3月は過ぎないようにしたいと思います。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
2014/11/29(土) 20:35:22| 当ブログ案内| トラックバック(-) コメント(-) ↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。