私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

プロハンター (1981)

該当番組画像募集


『傷だらけの天使』に始まり、『探偵物語』『俺たちは天使だ!』など、
ほんの少しだけ洒落た雰囲気の、砕けた魅力も併せ持つ探偵物といったら、
日本テレビの独擅場どいう感じだったと思うのですよね。
その中の一つに、この番組もございます。
が、先述の番組たちに比べると、知名度も今一つでしょうし、
視聴率も低かったでしょうから、実見した人は少なめでしょう。
ワタクシも、本放送当時は見ておりません。

それでも題名はよく知っておりました。
その心は、前稿の『炎の犬』同様に、主題歌が大当たりして各種歌番組でもよく歌われたのです。
それが、クリエーションの歌う『ロンリー・ハート』でした。
ワタクシの高校時代、クリエーションのコピーしてる連中がいたのですが、
なかなか上手かったと思うのですがね、どれも魅力的な曲に聞こえました。
その前に、プロレスファンたるワタクシは、ザ・ファンクスの主題曲である
『スピニング・トーホールド』が最初の出会いだった訳ですけど。

でも、高校の連中がやっていた数曲も、ファンクスの曲も、どれも楽器演奏の曲なんですよね。
だから『ロンリー・ハート』でクリエーションが売れてきた時には、
新しく歌唱担当者を入れて別路線で売りだそうとしてるのか?と訝しがりました。
んー。なんか、こんなのクリエーションじゃないなあ、なんてね。
でも歌は凄く好きでしたし、歌い易くて今でもたまに口ずさみますね。
それは番組最後に流されていたかと思います。
ED主題歌ですね。

この頃、わりと露出の多かった藤竜也と草刈正雄という二人の二枚目が組んだドラマで、
小洒落た街並みに有る探偵事務所を舞台にして、そこのこの二人と、
小川真由美やら柴田恭兵やら、この手の番組に良く合う脇も固めておりました。
街並みがやけに小洒落ていて、横浜・横須賀あたりだろうという感じはなんとなくしましたが、
馬車道あたりだったようですね。
あの風景と、藤竜也の姿がよく合ったんだよなあ。
なんだか今でも公認サイトあるようですけど、そうそう、
スタジャンっていうんですかね、それと細身のジーパンって感じだったかな。

外国から日本へ少しの間だけ戻って来た女の子が、父親探しを依頼する話が有ったかな。
で、その父親は殺し屋だったため、女の子と直接は対面せず、
もう死んでいたという報告をしてもらうよう頼むのですが、
藤竜也が依頼人の女の子に、もう死んでいたと報告するレストランの隣の席に、
その父親が一介の客のふりをして座って、女の子の様子を見るという。
現実離れしすぎた話なんだけど、なんだか切ない話でした。

しかもこの殺し屋は、その女の子を狙う方の立場だったのに、
我が娘に向けた照準から弾を発射する事は無く、逆に自分が殺されてしまう。
娘は何も知らずに帰国して、探偵さんに、お父さんが死んだっていうのは嘘でしょ
なんて手紙を送ってくるなんて結末だったかと思います。
実際の探偵業なんて9割9分人の道を外れた仕事してそうに思いますけど、
まさか藤竜也とか草刈正雄にそんな役割は演じさせられなかったんでしょうかね(笑)。
いい味の番組だったかと思いますが、これも視聴率は低くて打ち切りっぽいですね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
はじめまして
ある、昭和のドラマの詳細を知りたくて、探しているうちに、こちらにたどりつきました。
プロハンター、大好きです。
小学生や、中学生のころ頻繁に再放送をやっていてよく見ていました。
横浜が舞台ということで、あるエピソードの際に、中島みゆきさんの「おいかけてヨコハマ」が流れていたのを記憶しています。
主役の二人がかっこいい!
最近、DVDが発売されたようで、購入を迷ってます。
2016/01/23(土) 03:08:46 | URL | スナドリネコ
私もプロハンターの大ファンで、発売初回版DVDBOXを購入しました。
まだ、みなとみらいが出来る前の貴重な横浜の風景や、今や大御所の小林稔侍、名取裕子さんらの若き日のお姿も楽しめますよ。
ご自分も当時の若さを取り戻しますよ。
買われて損はないと思いますよ。
2016/02/04(木) 09:35:48 | URL | ハナタレ
● スナドリネコさん
はじめまして。
二人共いい味ですもんねえ。
淳子さんではなく、みゆきさんというのがいかにも。


● ハナタレさん
俺たちの勲章を経て、あぶない刑事に続いてそうな、日テレ二人組捜査ものですねー。
横浜の情景によく合ってました。
2016/02/11(木) 21:56:00 | URL | ごいんきょ
この当時のクリエーション
再結成に当たってボーカルを取り入れる事になり、迎えられたのが「好きさ好きさ好きさ」でおなじみの元カーナビーツのドラム&ボーカルのアイ高野さんでしたね。
クリエーションがザ・トップテンに出演された際、GSブームを一緒に盛り上げた堺正章さんと旧交を深めていたシーンが記憶にあります。

残念ながらアイ高野さんも鬼籍に入られてしまいました。
2017/07/04(火) 07:41:38 | URL | TSUSHIMA
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。