私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ビバ!ジャイアンツ (1982)

該当番組画像募集


♪ ビーバー ジャイアンツ 輝ける 男たちよ
  ビーバー ジャイアンツ 美しき男たちよ~
  光る大地を 駆け抜けろぉ~


なにがビーバーだよ。エアコン屋かお前は!
威張った奴は嫌いだぜ、反っくり返ったデッカイ面の鼻を明かしてやるのが趣味さ
のワタクシとしましては、読売ジャイアンツというのは大嫌いな球団(笑)。
東京モンがナンボのもんやちゅーのや。わしも東京もんやったけどな(笑)。
徳光和夫が『ズームイン朝!』とかで露骨に読売球団贔屓するのを、
吐き気催す思いでチャンネル替えておりましたからね。
弱い球団を贔屓するのは、まだ許せるんですよ。
強くて飛び抜けて人気ある所を、わざわざ司会者が贔屓するというその構図は、
ワタクシのような人間には耐えがたいものでした。

そんなワタクシですので、一時プロ野球に猛烈にノメリ込んだ時期が有りますけど、
そんな頃でも『ミユキ野球教室』とか殆ど見てませんでした。
チャンネルを合わせると、大体はあの汚らわしい制服が目に入るのでね(笑)。
いや勿論、選手の一人一人には敬服しておりますよ。
あくまでも球団の佇まいが嫌いなのです。
渡辺恒雄が牛耳ってからは、更にそれまでの数十倍マシマシで嫌いになりました(笑)。
選手だって、「巨人以外には入りません」とか言ってる奴は大嫌いだったな。
べつに江川とか原を誹謗する気はありませんが(笑)。

そんなワタクシですもの。
本来ならこんな番組、見てないはずなんですよね(笑)。
でも、番組配置が憎いんだよなあ。
さすが読売系列の力と申しますか、これ、『笑点』の前の時間帯だったんですよ。
だもの。『笑点』を見ようとしたら、この番組も自然と見てしまうじゃないですか。
だって『笑点』って夕方5時20分とかの、中途半端な時間にワザワザ始まるんだもの。
最初から見逃すまいと思ったら、少し早めに4チャンネルに入れておく訳ですよ。
そうすると、「♪ ビーバー ジャイアンツ~」とか、むかっ腹立つ歌詞が流れてくる。
いや、なまじ歌が良いだけに、よりこちらの眉間はしわ寄りました(笑)。

内容としては、その当時の読売選手たちに話を聞くという感じですかね。
言ってみれば『ミユキ野球教室』の劣化版というか(笑)。
当時の印象は残ってませんが、大島智子がやってたんですよねえ。
松本、河埜、篠塚、原、中畑、淡口、山倉、江川、西本……
ま、凄い顔触れですけどね、流石に。
でも、どうしてそれだけの面々が集まるのかという構造まで考えるワタクシなどには、
却ってそれが忌々しい事なのですけど。
それでもプロ野球そのものは好きだったので、チャンネルさえ合っていれば、
渋々ながら眺めていたんですよねえ。なんか釈然としない思いを抱えながら。

だって、セの他球団は勿論、パ・リーグにだってもっと凄い選手がいっぱいいたわけですよ。
当時言われていたのは、阪急の蓑田なんか読売にいたら大スターだろうなんてね。
本当に球界の盟主を気取りたいなら、そういう選手に陽を当てる努力をすべきなんじゃないかと。
それが、実力もまだ無いような人間まで、ただ読売の選手だからって
こんな番組でチヤホヤしているのを見ていると、ここでも世の不合理を味わったものです。
そんなこんなでワタクシは現今の読売なんぞ球界の盟主だなんてちっとも思ってませんし、
今後もそういう認識になる事は、きっと無いだろうと思います。
正力松太郎時代は、もう少しましだった気がするんですけどね。

で、『笑点』の前だったのはほんの半年ほどで、その後の殆どは、
土曜夕方5時半までの15分に移動したんですよね。
でも、ワタクシはこちらも見ていたんです、実は。
お前、本当はジャイアンツ好きなんだろうと思わないで下さい(笑)。
ま、アンチファンこそ実は最大のファンという真理も有るのか知りませんが、
ワタクシは心底大嫌いだし(笑)、この時も後番組が卑怯だったのですよ。
続く番組が、全日本プロレス中継だったんだもの。
ワタクシ、嫌でもチャンネル合わせるでしょーに(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
笑点の前座
 まさにそんな感じでしたね。STVでは土曜時代は放送してなかったような。当時の夕方5時は「ヤンヤン歌うスタジオ」だったかと…。
 ここ数年、パリーグを中心に球団の移転や新設(楽天)の動きがあったせいか、巨人一辺倒から地元球団に重点を置いた番組が増えたような気がします。
 道内でも野球と言えばファイターズ一色になりました。
 皮肉にもこの番組をネットしていたSTVが一番ファイターズに消極的、というのも当然のことかと。
 ラジオの中継も平日だけだし。
まぁ、ライバルHBC(テレビ、ラジオともに)の徹底的に応援する(いささか盲目的に)やり方もいかがなものか、って感じですが。
 どの地域(とくに大阪や名古屋、広島、福岡)もそういうものかな?
 そういえば同じ時期、STVラジオでも「原辰徳・青春讃歌」や「栄光のジャイアンツ」という番組をオフシーズンの土曜日の夜にやっていて、弟が熱心に聞いていました。
 ラジオ日本からの番組だったと思います。
2014/12/13(土) 11:44:48 | URL | 北国の人
夕方からヤンヤンとは豪気な(笑)。

パ・リーグも当時と比べると、格段に注目されるようになったのは嬉しいです。
大谷選手とか素晴らしいですからね。

名古屋では、この当時はドラゴンズ応援番組やってましたね。
この頃は中日ファンで、名古屋の親戚の家に泊めて貰って、
野球観戦まで手配してもらったものなあ。
いま思えばかなり無理させてしまったと思います。
でも、そこの番組表には「ドラゴンズ」と名前の入った番組がやはり有って、
おお!やっぱり!とかなり感激しました。
2014/12/14(日) 09:04:50 | URL | ごいんきょ
若い
私は巨人ファンですが、原辰徳が入団した年の番組だね。今でもビバジャイアンツは試合中歌われていますね。でもやはりV9時代は凄かった。
2014/12/22(月) 13:22:24 | URL | 池上有事
今でも歌ってるんですねえ。
V9時代は、渋い選手が多かったですね。
だからこそ強かったんだろうけど。
2014/12/28(日) 09:10:58 | URL | ごいんきょ
巨人ファンの方すみません・・・(:_;)
私の家族は父筆頭に全員アンチ巨人。多分この番組見ていなかった気がしますね・・・(*^_^*)
徳光和夫の特筆すべき失言はカープファンの私には許しがたいです・・・('_')
「日本シリーズに行く途中の広島の選手が乗っている飛行機が墜落すればいい」
と言う発言はカープファンの敵をまわしましたね~('_')
徳光和夫氏にカープファンに土下座して謝れって思いましたよ・・・('_')
私が知ってる巨人の選手で印象的なのが、山倉和博、柴田勲、松本(下の名前失念)、淡口憲司、篠塚利夫・・・オロナミンC面々だね・・・('_')
ちなみにビバジャイアンツは巨人に点が入ったときや勝利した時に歌われています・・・('_')
2015/01/06(火) 00:46:04 | URL | みけねこ
いいんですよ。
読売ファンは全てに恵まれてる富裕層なんですから(笑)。

え? 徳光さん、本当にそんな事を言ったんですか?
冗談だという事は誰にでも解りますが、それでも不特定多数に向けて絶対に言ってはいけない事って有るでしょう。
やはりワタクシの審美眼は正しかったな。
名前を毒充(どくみつ)と改名すべきですね、彼は(笑)。

ワタクシにとってオロナミンCの読売選手と言えば、堀内さんとか柴田さんとかなんですけど(笑)。
2015/01/08(木) 20:51:11 | URL | ごいんきょ
ジャイアンツといえば侍ジャイアンツ
2015/09/03(木) 15:09:12 | URL | yuya
侍ジャイアンツもスレ有りますよ。
2015/09/09(水) 00:42:37 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ