私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

ルンルンあさ6生情報 (1983)

該当番組画像募集


朝7時台の番組を開拓したのは意外にもNHKで、『スタジオ102』。
これもまだここで扱っておりませんね。まだまだ完全な種切れには遠いです。
すぐに日本テレビが子供向けの『おはよう!こどもショー』で追随しました。
これにやや遅れた形でTBSが若者向けの『ヤング720』で参入したりと、
初期のテレビ屋さんたちは、なんとか余所と被らない形を模索していた事が偲ばれます。
余所が始めたらとにかくウチもと、NHKまで含めて
同じ時間帯に似た番組が並ぶばかりの現今とは雲泥の差。

それはともかく、それらは昭和40年代に入ってすぐの事でしたが、
朝6時台の番組となりますと、それよりも更にグンと遅れる事となります。
時代は一気に降って昭和58年春になり、ようやく日本テレビでこの番組が始まるのです。
他局はほとんどが再放送で、かろうじてNHKが『明るい農村』やってたくらいでね。
朝6時台が開発されだしたのが昭和も60年代になってからなんて、
改めて考えたら意外な歴史なのではないかと思います。
「ルンルン」という言葉が日本語擬音として一般的に使われるようになった頃でした。

初代担当の井田由美が書き残しているように、当時でも朝6時は静かだった。
http://www.ntv.co.jp/announcer/ida/2014/11/post-3.html
店なんてまず開いている所は無いし、テレビだってそんな感じで、
ワタクシのこの番組の印象は、とにかく物静かな番組だったという事。
秋冬にはまだ夜も明けきらぬ薄暗い中、地味めの女性アナが淡々と一人で進行。
扱う内容は、生活情報を基本として、簡単めのニュースや天気予報など含み、
軽めの朝ワイドという内容だと思うのですけどね。改めて考えれば。
でも、当時見ていた感じとしては、とてもとても(笑)。

女性アナがほぼ一人で、それもニュースキャスター然とした喋り方で進行するので、
なんか取っ掛かりが無いというか、静謐な番組だったなあと、思い返しても思います。
今じゃ6時台でも、出演者が一人という事はまず無いと思いますし、
みんな隙あれば笑いに繋げようとしますしね。
でも、あの頃の静かな朝の空気には、あの番組はよく溶け込んでいたと思う。
ワタクシも、他局は再放送ばかりなので必然的にこの番組を見ておりましたが、
と言うか朝6時から深夜5時まで、テレビ見てなきゃ気が済まないのかという。
実際、気が済まなかったんですけどね(笑)。そんな時期でした。

故に、この番組が始まる前でも、再放送の中から面白そうなの選んで
いろいろ難民のように渡り歩いてはいたと思うんですよね。
それがようやく定住先を見つけたという、そんな感覚でした。
で、7時からは『ズームイン!朝』が一転けたたましい音楽で始まって、
6時台の静謐な雰囲気をぶち壊してくれたんですけどね(笑)。
普通の方々はそこから日本テレビを見ていた感じでしょうけど、
徳光の読売球団押しが大嫌いだったワタクシは(笑)、
逆にそこで日本テレビから他局に鞍替え。
7時台は一斉に全局で魅力的な朝ワイドが鎬を削っていたのでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
朝の顔
うっすら見た記憶ありますが、朝から井手由美さんの顔というのは爽やかさを感じます。確かコメディアンの人見きよしさんか築地市場のレポーターで出てたらしく、亡くなった時に、追悼でレポートの映像が流れていたと思いました
2014/12/15(月) 01:11:48 | URL | かむい
ジパングあさ6の大ヒット
ルンルンが後番組のジパングあさ6の下地を作りましたね。私はジパングはよく見ていました。現在の他局の朝番組の基礎となったと言えるのではないでしょうか?
ズームは、巨人のコーナーは見ずに地方局のコーナーは見ていました。
2014/12/15(月) 01:41:26 | URL | (ハンドル未記入)
朝6生ワイド
 アメリカンキッズでコメントしたように、STVでは80年代後半ごろからローカルの情報番組を始めました。
 当初は「おはようプラザ」というタイトルで、この番組の後半部分もネットしていたような…。
 ちなみにネット局では6時15分、もしくは25分からの放送です。
 平成に入ってから始めたのが「朝6生ワイド」で「ズームイン!!朝!」との相乗効果で朝6時台にしては高い視聴率を獲得しました。
 全国初のNHK越え(平日朝6時台の視聴率)を達成した番組とも言われています。
 NNN朝のニュースは番組内のコーナーとして扱われ、ジパング朝6になってもそのスタンスは続きました。
 ちなみに今は朝5時から「どさんこワイド!!朝!」というタイトルで放送しています。(新聞のテレビ欄では日テレの「Zip!(6時30分からスタート)」もこの番組とひとくくりにされている)
 
 
2014/12/15(月) 23:35:53 | URL | 北国の人
● かむいさん
人見きよしさん出てましたっけ。
おそらく欽どこに出た後だったんでしょうね。


● 未記入さん
基礎と言えば基礎なんでしょうけど、非常に原始的な基礎ですね(笑)。


● 北国さん
『おはようプラザ』なんて取り澄ましているより、
『どさんこワイド』の方がいいですよ(笑)。
2014/12/16(火) 06:53:45 | URL | ごいんきょ
どさんこワイド!!朝!
どうみても、ズームイン!!朝!をひきづってますね(笑)毎朝の北海道中継は、STVの看板でした。やはり、地方中継が激減したSUPERには相当な不満があったようですね。ズームイン!!朝!の頃は、全国の地方局が一丸となって放送していて、本当に活気があったなと思います。
2014/12/16(火) 07:45:32 | URL | (ハンドル未記入)
井手由美って誰ですねん!!井田由美さん!!
かむいさん、井手由美じゃなくて…井田由美さんですから!!
2014/12/16(火) 10:29:23 | URL | マスダっち1971
ますだっちさんへ
間違い指摘していただきありがとう御座いますm(__)mそうでした井田由美さんでしたね。そういえば、この番組の裏で6チャンネルはワイド天気予報みたいなぁ番組やってましたね。そのキャスターの女の人の名前が宇江佐りえさん(爆!)今なにしてるのかな?
2014/12/16(火) 14:52:39 | URL | かむい
● 未記入さん
ズームインの功績の一つが、地方局との一体体制を作り上げた事ですね。
当初はかなり苦労したようですが。


● マスダっちさん
ただの書き間違いだと思うのでワタクシはわざわざ触れませんでしたが…


● かむいさん
『ウェザーりえの朝一番』という番組は覚えてますが、
まさか名前も宇江佐りえだなんて当時は気が付かなかったです(苦笑)。
2014/12/17(水) 07:25:19 | URL | ごいんきょ
この番組よりも
TBSがほぼ時を同じくして始めた裏番組の「JNNおはようニュース&スポーツ」のほうがまだ記憶にありますね。
OPテーマがトランペットのけたたましい曲だったせいもありますが。
もしかしたら地元じゃネットしていなかったのかも。この番組は関東ローカルでネットしたい局が任意でネットしていたそうですし。
2014/12/23(火) 13:28:13 | URL | 通りすがり
この番組なんだろうか?
レ・ガールズの項でふれさせていただいた由美かおるさんの帯コーナー「由美かおるのダイナフロービクス」,
この番組のようにも思いますが,
ネットでは出てきません。
レオタード姿の由美さんが,屋外の別撮りビデオで躍動するわけで,朝から結構刺激的で(健康番組なのですが),確かに目が覚めました。
どなたかご存知でしょうか?
2014/12/26(金) 18:50:20 | URL | 元朗
● 通りすがりさん
『JNNおはようニュース&スポーツ』も、たまには見ていたと思うんですけど、
あまり印象には残ってないです。


● 元朗さん
うーん、有ったような気もするし、ちょっとよく覚えてないなあ。
そんなのが有ったら忘れない気もするし(笑)。
2014/12/28(日) 09:17:26 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。